Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Hyper-V レプリカと Windows Server バックアップを併用する際の注意点

こんにちは。

Windows プラットフォーム サポート担当の佐々木です。
今回は、Hyper-V レプリカと Windows Server バックアップを併用する際に、レプリケーションが停止する事象についてご案内させていただきます。

■レプリケーションとは?

コンピュータやソフトウェアの管理するデータと同じ内容のレプリカ(複製)を作成することです。
ホストサーバのデータ情報と作成したレプリカの内容を定期的に同期するため、万が一ホストサーバに障害が発生した場合でも、
作成したレプリカからシステムを稼働し続けることができます。
そのため、レプリケーションを行うことでシステムの高可用性を高めることにつながります。

■Hyper-V レプリカとは?

Hyper -V レプリカは、 Windows Server 2012から実装された Hyper-V の機能の一部です。
Hyper-V ホストで作成した仮想マシンでHyper-Vレプリカの機能を有効にすると、
Hyper-Vホストの仮想マシンのレプリカがHyper-V レプリカに作成され、随時レプリケーションを行うことができます。

■対象 OS

Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016

■Hyper-V レプリカと Windows Server バックアップを併用する際の注意点

Windows Server 標準の Windows Server バックアップでは Hyper-V レプリカ環境のバックアップには対応しておりません。

そのため、Hyper-V レプリカでレプリケーションを行っている際に
Windows Server バックアップにて仮想マシンのバックアップを実行すると
Hyper-V レプリカとHyper-V ホストのレプリケーションが切断される事象が発生することがございます。

■対応策

Hyper-V レプリカに対応したバックアップアプリケーションのご利用をご検討ください。
弊社製品では、System Center Data Protection Manager (DPM) 2012 R2 以降のバージョンから対応しております。

また、以下の2点を考慮することで回避することができます。

①バックアップの開始前にレプリケーションを一時停止する。
②バックアップ完了後、レプリケーションを再開する。

※レプリケーションの再開 / 一時停止は、以下の PowerShellコマンドにより実行することができます。

レプリケーションの再開  :Resume-VMReplication
レプリケーションの一時停止:Suspend-VMReplication

参考:

Hyper-V 仮想マシンのバックアップ
https://docs.microsoft.com/ja-jp/system-center/dpm/back-up-hyper-v-virtual-machines?view=sc-dpm-1807

Suspend-VMReplication
https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/hyper-v/suspend-vmreplication

Resume-VMReplication
https://docs.microsoft.com/en-us/powershell/module/hyper-v/resume-vmreplication


いかがでしたでしょうか。
本ブログが少しでも皆様のお役に立つと幸いです。

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。