Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Hyper-V レプリカと Windows Server バックアップを併用する際の注意点

こんにちは。 Windows プラットフォーム サポート担当の佐々木です。 今回は、Hyper-V レプリカと Windows Server バックアップを併用する際に、レプリケーションが停止する事象についてご案内させていただきます。 ■レプリケーションとは? コンピュータやソフトウェアの管理するデータと同じ内容のレプリカ(複製)を作成することです。 ホストサーバのデータ情報と作成したレプリカの内容を定期的に同期するため、万が一ホストサーバに障害が発生した場合でも、 作成したレプリカからシステムを稼働し続けることができます。 そのため、レプリケーションを行うことでシステムの高可用性を高めることにつながります。 ■Hyper-V レプリカとは? Hyper -V レプリカは、 Windows Server 2012から実装された Hyper-V の機能の一部です。 Hyper-V ホストで作成した仮想マシンでHyper-Vレプリカの機能を有効にすると、 Hyper-Vホストの仮想マシンのレプリカがHyper-V レプリカに作成され、随時レプリケーションを行うことができます。 ■対象 OS Windows Server 2012 Windows Server 2012 R2 Windows Server 2016 ■Hyper-V レプリカと Windows Server バックアップを併用する際の注意点 Windows Server 標準の Windows Server バックアップでは Hyper-V レプリカ環境のバックアップには対応しておりません。 そのため、Hyper-V レプリカでレプリケーションを行っている際に… Read more

Windows Server バックアップを取る際に警告がでる事象について

こんにちは。 Windows プラットフォーム サポート担当の佐々木です。 今回は、クォータを設定したボリュームのバックアップを Windows Server バックアップで取る際に警告がでる事象についてご説明させていただきます。 ■クォータ設定とは? 複数のユーザが共有するコンピュータにおいて、各ユーザが自由に利用できるハードディスクの容量の上限を設定することです。 OS の機能として提供されており、ファイル サーバー リソース マネージャー(FSRM) という機能の中のひとつです。 詳しくは以下のリンクをご参照ください。 ファイル サーバー リソース マネージャー(FSRM)の概要 ■発生事象 Windows Server バックアップを利用したバックアップで、クォータを設定したボリュームに対し、 フォルダ指定や除外設定をしてバックアップを開始すると『バックアップを完了しましたが、警告が発生しました。』という警告が出る事象が発生します。 <Windows Server バックアップのログに記載されるエラー内容> E:\System Volume Information\SRM\quota.md のバックアップで書込み操作中にエラーが発生しました: エラー [0x80070020] プロセスはファイルにアクセスできません。別のプロセスが使用中です。 ※エラー内容は、以下の手順で確認することができます。 ①ローカル バックアップ画面左下の『詳細を表示』をクリックします。 ②以下のような画面が表示されるので、左下の『失敗したすべてのファイルの一覧を表示する』をクリックします。 ③メモ帳が立ち上がり、エラー内容が確認できます。 ■弊社で確認した環境 Windows Server 2012 ■発生条件 本事象が発生する条件は、以下の2パターンに限定されます。 <パターン1> Windows Server バックアップで、クォータが設定されたボリューム内のファイルを指定してバックアップを取得する場合 <パターン2> Windows Server バックアップで、クォータが設定されたボリューム内のファイルをバックアップ対象外に指定して、ボリュームのバックアップを取得する場合 ※クォータを設定していても、サーバー全体をバックアップする場合や、ボリューム内のファイルをバックアップ対象から除外設定せずに丸ごとバックアップする場合は、この事象は発生しません。… Read more

UEFI Boot 環境でダイナミック ディスクの RAID 1 (ミラーリング)を組む方法 3/3

こんにちは。 Windows プラットフォーム サポート担当の佐々木です。 今回は、UEFI Boot 環境のWindows 10 において、前回のブログで作成した EFI システム パーティションの BCD を訂正し、 新規に作成したディスクから OS の起動をさせるまでの手順についてご説明させていただきたいと思います。 前回までのブログ UEFI Boot 環境でダイナミック ディスクの RAID 1 (ミラーリング)を組む方法 1 / 3 UEFI Boot 環境でダイナミック ディスクの RAID 1 (ミラーリング)を組む方法 2 / 3 ■ BCD (ブート構成データ)とは? OS の起動に関する情報が埋め込まれたデータのことです。 BCDEdit.exe というコマンドツールから BCD を編集することができます。 1. BCD を修正する。 1-1. 管理者権限でコマンド プロンプトを起動し、以下のコマンドを順番に実行します。 bcdedit.exe /enum all… Read more

UEFI Boot 環境でダイナミック ディスクの RAID 1 (ミラーリング)を組む方法 2 / 3

こんにちは。 Windows プラットフォーム サポート担当の佐々木です。 今回は、UEFI Boot 環境のWindows 10 において、OS 用のハードディスクの RAID 1を構成する具体的な手順についてご説明させていただきたいと思います。 本ブログでは、ディスクをダイナミック ディスクに変換し、システム ボリュームをコピーするところまでの手順をご説明をさせていただきます。 前回のブログ UEFI Boot 環境でダイナミック ディスクの RAID 1 (ミラーリング)を組む方法 1 / 3 ■ 作業手順 1. まずは新規ディスク(ディスク 1)を GPT フォーマットに変換します。 1-1. 管理者コマンドプロンプトを起動します。 1-2. Diskpart.exe を実行し、 Diskpart ユーティリティーを起動します。 1-3. 以下のコマンドを順番に実行します。 Select disk 0 Select partition 1 ※ディスク 0の回復パーティションを選択しています。 Detail partition ※ディスク0の回復パーティションの GUID を記憶しておきます。(種類の項目) Select… Read more

UEFI Boot 環境でダイナミック ディスクの RAID 1 (ミラーリング)を組む方法 1/3

こんにちは。 Windows プラットフォーム サポート担当の佐々木です。 今回は、UEFI Boot 環境のWindows 10 において、OS 用のハードディスクの RAID 1を構成する手順についてご説明させていただきたいと思います。 BIOS に代わるファームウェア (UEFI) に対応したWindows Server 2008 以降のバージョンでは、2 TB 以上の容量をサポートできる GPT ディスクから OS の起動が可能になります。 本ブログでは、ディスクの耐障害性を高めるため、 UEFI Boot 環境でダイナミックディスクの RAID 1を構成する手順について説明いたします。   ■ RAID 1 (ミラーリング)とは? RAID 1とは、ディスクの破損に備え、同じデータを2本のディスクに書き込む方式のことです。「ミラーリング」と呼ばれることもあります。 同じ内容のディスクを2本用意しておくことにより、1本のディスクが破損した場合でももう1本のディスクから OS を起動することができます。 つまり RAID 1を組むことにより、ディスクの耐障害性を高めることにつながります。   ■  HDD の種類 HDD の扱いには、ベーシック ディスクとダイナミック ディスクがあります。 〇ベーシックディスク パーティションを4つまで作成でき、プライマリ パーティション(3 つまで)と拡張パーティション(1… Read more

更新プログラムのインストール時にエラー0x8000FFFFが発生してインストールが失敗する事象について

こんにちは、Windows プラットフォームサポート 宮崎です。 本日は更新プログラムのインストール時にエラー 0x8000FFFF が発生してインストールが失敗する事象について紹介いたします。 1. 現象 Windows 7, Windows Server 2008 R2 で更新プログラムの適用を行う際に 0x8000FFFF のエラーが記録されインストールに失敗することがあります。 2. 原因 最新のサービス スタックの更新プログラム KB3177467 がインストールされていないためです。 3. 対処策 KB3177467 をインストールします。 Title: Servicing stack update for Windows 7 SP1 and Windows Server 2008 R2 SP1: October 9, 2018 URL: https://support.microsoft.com/en-us/help/3177467/ 4. 補足 4-1. 0x8000FFFF のエラーの対処方法について 本事象は適用する更新プログラムに関わらず発生する可能性がありますが既知の問題として 2018 年 9… Read more

PageFile.sys が配置されているボリュームのバックアップとリストアについて

こんにちは、日本マイクロソフト Windows サポート チームです。 マイクロソフトでは、Windows Server の標準のバックアップ ソフトウェアとして、 Windows Server バックアップの機能が提供されており、様々なお客様にご使用 いただいております。 今回は、この Windows Server バックアップで取得対象のボリュームに PageFile.sys が 配置されていた場合のリストア時の注意点 (発生し得るエラー) や動作についてご説明したい と思います。 なお、今回は特定のシナリオに沿った内容となりますが、Windows Server バックアップについては、 さまざまな公開情報がリリースされていますので、基本的な動作や付随する機能などについては、 その他の情報も、ぜひご確認ください。 -公開情報 Windows Server バックアップにおける容量と世代管理について https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2016/05/27/windows_server_backup_space_management/ ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) について https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2018/08/15/aboutvss/   ================================ ■ 今回のエラー発生の流れ・手順 ================================ 上述しました通り、今回はバックアップ対象のデータ ボリュームに PageFile.sys が配置されて いる事に起因して、発生する可能性があるエラーを中心にご説明したいと思います。 発生条件は至ってシンプルで、どの環境でも発生する可能性がありますが、弊社では以下の ような構成で事象を再現させてみました。以下の手順に沿って、PageFile.sys が配置されている ボリュームのバックアップ データを復元すると、事象としては 100… Read more

Windows 10 Version 1709 (RS3) および Version 1803 (RS4) へ機能アップデート後のスタート メニューの表示の問題について

こんにちは。Windows サポート チームの沖です。 今回は、Windows 10 Version 1703 (RS2) 以前のバージョンから、Windows 10 Version 1709 (RS3) もしくは Windows 10 Version 1803 (RS4) へ機能アップデートをすることにより、UWPアプリで以下の事象が発生する場合があるという報告をいくつか受けておりますため、本ブログでは事象が発生した場合にお試し頂きたい手順をご紹介させて頂きます。 – タイルにピン留めできない。 – タイルのレイアウトがインポートできない。 – タスクバーにピン留めできない。 – タイルの右クリックで表示されるメニューに[スタートからピン留めを外す]のメニューがない、などメニューが不正。 – [設定]が起動できない。 ※ 歯車アイコンから起動できない、右クリックから[設定]から起動できない、両方から起動できない。 – アイコンの表示が不正/タイルの表示が黒くなるなど不正。 – スタートメニューにアイコンが表示されない。 – ストアアプリをクリックしても起動しない。 – ストアアプリをクリックして起動しても直ぐに強制終了する。 尚、Windows 10 1809 (RS5) には既に本修正が含まれているため、1809 (RS5) 以降への機能アップデートでは発生しませんためご安心ください。 原因 Windows 10 Version 1703 以前と Windows 10… Read more

Windows Subsystem for Linux (WSL) のご紹介

こんにちは。 日本マイクロソフト株式会社 高谷です。 今回は、次期 Windows Server に追加される Windows Subsystem for Linux (WSL) の機能について簡単なご紹介させていただきたいと思います。 ■ Windows Subsystem for Linux (WSL) とは . Windows で Linux 向けのプログラムをそのまま実行できる機能です。 クライアント OS では Windows 10 (1709) 、サーバー OS では Windows Server 2019 (2018年秋リリース予定) で新機能として追加されています。 ■ Windows Subsystem for Linux (WSL) でできること . その名の通り、Windows Server 上でLinux のシェル (Bash) を動作させることができますので、Windows Server 上で… Read more

Windows 10 および Windows Server 2016 にてクリーンアップ コマンド実行時によりエラーメッセージが表示される事象について

いつも弊社製品をご利用いただき誠にありがとうございます。 Windows プラットフォーム サポートの濵谷です。 今回はよくお問い合わせいただく、更新プログラムの適用後の手動クリーンアップによって、コマンド プロンプト上でエラー メッセージ 「 Error2 ( 指定されたファイルが見つかりません ) 」 が表示される現象をご紹介します。またそれに付随して、クリーンアップを実行すると、20 % で完了となる現象に関しましてもご紹介します。   Windows Update のクリーンアップについて Windows Update のクリーンアップを実行すると、過去にインストールされ、不要になった更新プログラムの情報が削除されます。 削除されるのは、システム側で差分の状態をチェックして、消去しても問題がないと判断した更新プログラムの情報のみが削除されます。 クリーンアップは、コマンド プロンプト上で、以下のコマンドを入力することで実行することができます。 > Dism /online /Cleanup-Image /StartComponentCleanup クリーンアップを実行すると、エラー 2 が表示される [現象] Windows Server 2016 および Windows 10上で、更新プログラムを適用後にクリーンアップを実行すると、エラー メッセージ 「 Error2 ( 指定されたファイルが見つかりません ) 」 が表示されます。 [解決法] 本事象は、コマンド プロンプト上では 「 Error2 (… Read more