Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows 10 における Sysprep 実行時の注意点

みなさん、こんにちは。

日本マイクロソフト Windows サポート チームです。
今回は Windows 10 バージョン 1803 における Sysprep 実行ユーザーの注意事項について、ご紹介いたします。

現在、Windows 10 バージョン 1803 において展開作業を進めているお客様より CopyProfile を有効とした応答ファイルを使用して Sysprep を実行した際、Sysprep の処理が正常に完了しないとのお問い合わせを多くお寄せいただいております。

この事象は Windows 10 バージョン 1803 において、クリーン インストール時に作成したユーザーで Sysprep を実行した場合に発生するもので、実行ユーザーを Built-in Administrator にしていただくことで、回避することができます。

– 回避手順

1. OS のクリーン インストール時に作成されたユーザーで Built-in Administrator を有効化します。
2. 有効化した Built-in Administrator でログオンし、クリーン インストール時に作成したユーザー アカウントおよびユーザー プロファイルを削除します。

※ ユーザー プロファイルの削除は、以下の手順で行って下さい。

—————————————————–
<ユーザー プロファイルの削除手順>

1. コントロール パネルを起動し、システムを選択します。
2. 左ペイン内の [システムの詳細設定] をクリックします。
3. [システムのプロパティ] が開きますので、[詳細設定] タブ内の [ユーザー プロファイル] から [設定] 開きます。
4. [このコンピューターに格納されているプロファイル] からクリーン インストール時に作成したユーザーを選択し、下部に表示された削除ボタンから削除を実行してください。
—————————————————–

また、上記ユーザー プロファイルの削除によってユーザーに保持されるカスタマイズ情報もあわせて削除されるため、Built-in Administrator でカスタマイズの作業を行ってください。

3. Built-in Administrator で CopyProfile を有効とした応答ファイルを使用して Sysprep を実行して下さい。

※ Built-in Administrator で Sysprepを実行した場合、Built-in Administrator は無効化されます。

-参考情報

以下の公開情報にも記載があります通り、CopyProfile を有効化して Sysprep を実行する際には、Built-in Administrator
アカウントで実行していただく必要があります。

CopyProfile
https://docs.microsoft.com/en-us/windows-hardware/customize/desktop/unattend/microsoft-windows-shell-setup-copyprofile

———- 公開情報より抜粋 ——————–
On the reference computer, only use the built-in administrator account.
Creating multiple accounts might result in copying the wrong user profile as the default profile.
————————————————

Windows 10 バージョン 1803 において Sysprep を実行される際に、ご参考になればうれしく思います。

なお、本ブログは予告なく変更される場合がございますのでご了承下さい。