Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows Server 2016 環境にて共有フォルダーのサブフォルダーを削除、または移動すると、その上位フォルダーのアクセス権が一部削除されてしまう事象について

こんにちは。Windows サポートの丸山です。 今回は、Windows Server 2016 環境にて共有フォルダーのサブフォルダーを削除、または移動すると、その上位フォルダーのアクセス権が一部削除されてしまう事象について、ご紹介させていただきます。 ■ 発生する事象について Windows Server 2016 環境にて共有フォルダーのサブフォルダーを削除、または移動すると、その上位フォルダーのアクセス権が一部削除されることがあります。 例えば、以下のように、共有フォルダーとなる C:\SHARE 配下の SUB フォルダーを削除しますと、C:\SHARE フォルダーのアクセス権の一部が削除されることがあります。 アクセス権が削除されてしまう事象の発生条件として、現在のところ、以下のような特徴があることがわかっています。 (1) 共有されているローカル フォルダーのサブ フォルダーを削除、または移動している (2) 削除、または移動しようとしているフォルダーの上位のフォルダーに付与されているアクセス権の適用先が “このフォルダーのみ” となっている (3) 当該アクセス権には、既定の “読み取りと実行”、または “変更” 権限のみが付与されている (4) 削除、または移動しようとしているフォルダーと同一の階層レベルにあるファイル、フォルダーには当該アクセス権が付与されていない (5) エクスプローラーを用いて、フォルダーの削除、または移動を行っている また、本事象は Windows Server 2016 環境のほか、バージョン 1511 以降の Windows 10 でも発生することが確認されております。 Windows 8.1 以前のクライアント OS や、Windows Server 2012 R2 以前のサーバー… Read more

Workgroup Cluster の構築手順

いつも弊社製品をご利用いただきまして誠にありがとうございます。 Windows プラットフォーム サポートの岩井です。 今回は Workgroup Cluster の構築手順をご案内させていただきます。 [はじめに] Workgroup Clusterとは Windows Server 2012 R2 以前のフェールオーバー クラスターは、すべてのクラスターノードが 同じ Active Directory ドメインに参加するメンバーである必要がありました。 Windows Server 2016 では、新たに Active Directory ドメインに参加しないワークグループ構成の フェールオーバークラスターをサポートしております。 この Active Directory ドメインのメンバーとして構成していない、ワークグループ構成のノード間で 構成されたクラスターを Workgroup Cluster と呼びます。 今回は、この Workgroup Cluster の構築方法および留意事項についてご説明します。 [事前準備していただく必須要件] ✓すべてのサーバーがWindows Server 2016 であること ✓すべてのサーバーにフェールオーバークラスター機能がインストールされていること ✓クラスターを構成する全ノードにローカルユーザーアカウントを作成しておくこと ✓各ノードのアカウントのユーザー名とパスワードはすべて同一であること ✓各ノードのアカウントはローカル管理者のメンバーであること [構築手順] 【ステップ1】 アカウントの作成 1-1.  Windows… Read more

OS が起動しなくなる問題 (NoBoot) 発生時の対処方法について – 対処方法

こんにちは、日本マイクロソフトの Windows サポートチームです。 前回に続いて今回は NoBoot の対処方法について紹介させていただきます。なお、前回も記載させていただいておりますが対処方法を実施しても必ず Windows OS が起動できるようになる保証はないことをご注意下さい。 OS が起動しなくなる問題 (NoBoot) 発生時の対処方法について – 概要 https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2018/08/24/noboot-troubleshoot-1/ 実際に NoBoot が発生してしまった場合、いつも使用している Windows OS は起動できないため Windows 回復環境から操作を行い各種の対処策を実施します。 対処策はコマンド プロンプトよりコマンドにて実行するため、事前に Windows 回復環境からコマンド プロンプトを起動しておく必要があります。万が一 Windows 回復環境が起動していない場合は、インストール メディアから起動します。お手元にインストール メディアが無い場合は、以下のサイトを参考にインストールメディアの準備をお願いいたします。 Windows 10 のダウンロード https://www.microsoft.com/ja-jp/software-download/windows10 コマンド プロンプト起動手順 — Windows 回復環境の場合 ——————– 1. 現象が発生した後、回復画面が表示されます。 2. [オプションの選択] で [トラブルシューティング] を選択します。 3. トラブルシューティングの画面で [詳細オプション] を選択します。 4…. Read more

OS が起動しなくなる問題 (NoBoot) 発生時の対処方法について – 概要

こんにちは、日本マイクロソフトの Windows サポートチームです。 OS のトラブルの中でも、OS が急に起動しなくなった場合は、業務への影響が大きく、多くの場合緊急での対応が必要になるため、弊社へお問い合わせを多くいただく分野となっております。 また、OS が起動しない状態(弊社では 「NoBoot (ノーブート)」 と呼びます)になってしまうと、通常起動時のトラブルシューティングは実行できずとれる手段が限られるため、短時間で適切な対処を行うことが必要になります。 この記事では、NoBoot 事象が発生した場合でも、現状を適切に把握し、復旧手段などを素早くとっていただけるよう、弊社サポートでご支援させていただいている際のポイントをまとめさせていただきました。事象へ対処の参考としてご活用いただけますと幸いです。 1 回目の今回は NoBoot の概要について、2 回目は対処方法についてご紹介させていただきます。 NoBoot とはどんな事象か PC の電源投入後、Windows OS は、以下の段階を経て起動します。 0. BIOS/UEFI (Windows OS の起動前) 1. Windows Boot Manager (Bootmgr/Bootmgr.efi) 2. Windows operating system loader (Winload.exe/winload.efi) 3. Windows NT OS Kernel (ntoskrnl.exe) NoBoot は “Windows OS が起動しなくなる問題” ではありますが、どのタイミングで問題が発生したかによって遭遇する状況が違います。問題を正確に把握するためには、どのような画面が表示されているかを確認しておく必要があります。 各起動段階で発生する NoBoot の例としては以下のようなパターンが挙げられます。(ここでは Windows… Read more

クラスターの検証 (記憶域の項目) で失敗する

いつも弊社製品をご利用いただきまして誠にありがとうございます。 Windows プラットフォーム サポートの岩井です。 フェールオーバークラスターを構成している仮想環境(仮想 OS )でクラスターの検証を実施した場合、 記憶域の項目でローカルディスクに対して検証が行われ、エラーが発生するという件でよくお問い合わせをいただいております。 今回は、当該事象についてご紹介いたします。 [事象] クラスターを構成している仮想環境(仮想 OS )で、フェールオーバークラスターの構成検証テストを実施した場合に、 記憶域項目(クラスターの互換性の検証を行う、[検証されるディスクを一覧表示]の項目)で失敗する場合がございます。 ▼構成の検証 失敗イメージ ▼検証テストレポートのエラーメッセージ エラーメッセージ例) ノード xxx の物理ディスク xxxxxxxx で永続的な予約の削除を確認しているときにエラーが発生しました。 [対象OS] Windows Server 2008 以降でこの事象を確認しております。 [原因] クラスターは、各ディスクをディスク署名にて識別しております。 クラスターは各クラスターノードが認識しているディスク署名が同一の場合、 共有ディスクとして認識し、クラスター検証の対象として確認いたします。 仮想環境ではディスクを複製して構築されるケースが多くございます。 当該複製したディスクを各クラスターノードのローカルディスクとして利用した場合、 ノード間でディスク署名が一致してしまうため、クラスターは共有ディスクとして 認識してしまいディスクの検証を実施いたします。 ▼原因のイメージ図 [解決策] エラーが発生している対象ローカルディスクの署名を一致しないように変更することで、本事象は解決することが可能です。 手順は次の通りです。 手順1: Node のコマンドプロントから diskpart.exe を起動します。 >diskpart.exe 出力例)Microsoft DiskPart バージョン 10.0.14393.0 Copyright (C) 1999-2013 Microsoft Corporation. コンピューター:2016NODE1… Read more

Windows 10 における Sysprep 実行時の注意点

みなさん、こんにちは。 日本マイクロソフト Windows サポート チームです。 今回は Windows 10 バージョン 1803 における Sysprep 実行ユーザーの注意事項について、ご紹介いたします。 現在、Windows 10 バージョン 1803 において展開作業を進めているお客様より CopyProfile を有効とした応答ファイルを使用して Sysprep を実行した際、Sysprep の処理が正常に完了しないとのお問い合わせを多くお寄せいただいております。 この事象は Windows 10 バージョン 1803 において、クリーン インストール時に作成したユーザーで Sysprep を実行した場合に発生するもので、実行ユーザーを Built-in Administrator にしていただくことで、回避することができます。 – 回避手順 1. OS のクリーン インストール時に作成されたユーザーで Built-in Administrator を有効化します。 2. 有効化した Built-in Administrator でログオンし、クリーン インストール時に作成したユーザー アカウントおよびユーザー プロファイルを削除します。 ※ ユーザー プロファイルの削除は、以下の手順で行って下さい。… Read more

操作を 2 つ以上設定したタスクの実行が失敗する問題について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの近藤です。 本日はタスク スケジューラにて “操作” を複数登録しているタスクの実行が失敗する問題について、ご紹介いたします。 [現象] タスク スケジューラにて、タスクに “操作” を複数 (2 つ以上) 登録した場合、タスクのスケジュール時刻がスキップされたタイミング以降に、タスクがスケジュール実行されなくなる問題があります。 ここでタスクのスケジュール時刻がスキップされたタイミングとは、例えば、システムのシャットダウン中にタスクのスケジュール時刻 (トリガーに設定した日時) が過ぎてしまい、その後 システムを起動したタイミングが該当します。システムの再起動以外にも、システムの時刻変更、またはタスクの無効化と有効化等の操作により、同様にスケジュール時刻がスキップされる可能性があります。 スケジュール時刻がスキップされた場合、(“操作” が複数登録されたタスクは) 以降のスケジュール実行の際に実行失敗します。 なお、もし事象が発生した場合でも、システムの再起動を行うか、または、一度タスクのプロパティを開き、保存を行うことで、それ以降の実行は成功します。 [発生条件] この問題は以下の 3 つの条件を全て満たす場合に発生します。 ① OS バージョンが以下のいずれかに該当する。 Windows Server 2016 Windows Server 2012 R2 Windows 10 (Version 1803 までの全てのバージョン) Windows 8.1 ② “操作” を複数 (2 つ以上) 登録しているタスク。 ③ [設定] タブにて “スケジュールされた時刻にタスクを開始できなかった場合、すぐにタスクを実行する” が設定されていないタスク。… Read more

ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) について

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの 高谷 です。 本ブログでは、ボリューム シャドウコピー サービス(以下、VSS) についてご紹介いたします。 VSS は Windows において、バックアップの作成や “以前のバージョン” 機能をはじめとする様々な役割を支える重要なテクノロジーです。 弊社では VSS に関連したお問い合わせも多くいただいておりますので、VSS に関して基本的な仕組みとよくあるお問い合わせ事例についてまとめ、公開をさせていただきます。 本ブログが皆様のお役に立てば幸いです。 ■ VSS とは? . ボリューム シャドウ コピー サービス(VSS)は、ボリュームの静止点であるシャドウ コピーを作成するサービスです。通常、サービスは停止しており、必要に応じて呼び出され、シャドウ コピーを作成します。 このシャドウ コピーをもとにバックアップを作成したり、そのまま保管して古いファイルを復元できるようにするなどの用途で利用されます。シャドウ コピーのことを ”スナップショット” と呼称する場合もございますが、本公開情報では表現をシャドウ コピーに統一します。 ■ シャドウ コピーの実体 . シャドウ コピーとは、実体としては「静止点を確保したタイミングからの差分データ」です。 シャドウ コピーを作成すると、ボリューム全体が一旦静止し、Diff Area と呼ばれる差分データの格納領域が作成されます(下図の②)。つまりこの時点では、差分データを格納するための空の箱が確保された状況であり、この空の箱がシャドウ コピーの実体となるファイルです。ここから、ファイルの更新等によりボリューム内のデータに変更箇所が生じると、変更前のデータを Diff Area に退避させ、格納します(下図の③)。 このように、ボリューム内のデータに変更が発生すると、その都度変更前のデータを Diff Area へ退避してゆくので、静止点を確保したタイミングへファイルを戻したい場合は、Diff Area… Read more

高速スタートアップの設定が有効な場合にOS をシャットダウンすると、次回起動後に Numlock キーがオフになる

こんにちは、日本マイクロソフトの Windows サポートチームです。 今回は、Windows 10 環境で高速スタートアップが有効時に次回起動時に Numlock がオフになる事象についてご紹介いたします。 【事象】 本事象は、以下の条件が全て揃った時に次回ログイン時に Numlock キーがオフになります。 この動作は次回起動前後に Numlock キーをオンとしてもシャットダウン操作を行うと 次回次回起動後に Numlock キーがオフとなります。 - 発生条件 ・高速スタートアップが有効 ・シャットダウン 高速スタートアップが有効かどうかはイベント ログからもご確認いただけます。 —- 高速スタートアップが有効であることを確認する システム イベント ログから以下のようなイベント ID 27、ソース Kernel-Boot にて、 ブートの種類が “0x1” の場合に高速スタートアップが有効です。 ———————————————– ログの名前: System ソース: Microsoft-Windows-Kernel-Boot 日付: 2018/08/06 xx:xx:xx イベント ID: 27 タスクのカテゴリ: (33) レベル: 情報 キーワード: ユーザー: SYSTEM コンピューター: TEST-DESKTOP… Read more

STOP エラー 0x00000050 メッセージが Windows ベースのコンピューターで表示される事象について

いつも弊社製品をご利用いただきまして誠にありがとうございます。 Windows プラットフォーム サポートの石田です。 パフォーマンス モニターのプロセス情報の監視を行っている環境などプロセスの情報を参照する処理を行っている環境にて STOP エラー 0x00000050 が発生した場合の対応についてご案内させていただきます。 [事象] Microsoft Windows Server 2012 ベースまたは Microsoft Windows Server 2012 R2 ベースのコンピューターで、パフォーマンス モニターのプロセス情報の監視を行っている環境などプロセスの情報を参照する処理を行っている環境にて、ごく稀に以下の STOP エラー メッセージが表示され予期せぬ再起動が発生します。 STOP:0x00000050 (parameter1, parameter2, parameter3, parameter4) PAGE_FAULT_IN_NONPAGED_AREA (50) 注意事項 STOP エラー メッセージ内のパラメーターは、コンピューターの構成によって異なる場合があります。 すべての STOP エラー 0x00000050 メッセージが本問題とは限りません。 [原因] プロセスの情報を参照する処理と参照対象のプロセスの終了が重なった際に、ごくわずかなタイミングでメモリー マネージャーが解放済みの領域にアクセスしてしまい、STOP エラーが検知されます。 [解決策] 本事象は Windows Server 2016 以降で改修されました。Windows Server 2012 R2… Read more