Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

NUMA を無効にしたシステムにて Stop 20001 (HYPERVISOR_ERROR) エラーが発生する問題について

いつも弊社製品をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
Windows プラットフォーム サポートの石田です。

NUMA を無効にしたシステムにて Stop 20001 (HYPERVISOR_ERROR) エラーが発生する問題についてご案内させていただきます。

[事象]
Hyper-V をご利用の環境で以下の構成に該当するシステムでは Stop 20001 (HYPERVISOR_ERROR) エラーが発生する場合がございます。

– サーバー構成
65 個以上の論理プロセッサ (スレッド含む) が搭載されており、且つ NUMA を無効に設定している。

– 対象 OS
Windows Server 2012
Windows Server 2012 R2
Windows Server 2016

※ Windows Server 2008 R2 以前の Hyper-V では最大論理プロセッサ数は 64 個に制限されているため
本事象の影響を受けません。

[原因]
Hyper-V では、1 NUMA ノードあたりのプロセッサ数が 65 個以上の構成を想定して実装されていないため、65 番目以降のプロセッサに Hypervisor スレッドがディスパッチされると正常に動作できずに Stop 20001 (HYPERVISOR_ERROR) エラーが検知されます。
一般的に 65 個以上の論理プロセッサ (スレッド含む) が搭載されているシステムにて NUMA を無効にすると、1 NUMA ノードあたりのプロセッサ数が 64個を超える構成となります。

なお、本不具合につきましては、2018年 7 月 2 日時点では、”対象OS” のいずれにおきましても修正モジュールはリリースされておりません。
修正が公開された場合は随時この記事に追記してお知らせします。

また、全ての Stop 20001 (HYPERVISOR_ERROR) エラーの原因が、本不具合によるものとは限りません。
本不具合と関係しない問題に起因して、Stop 20001 (HYPERVISOR_ERROR) エラーが発生する可能性もございます。

[回避策]
1 NUMA ノードあたりのプロセッサ数が 64 個を超えないよう Firmware 側で NUMA を有効します。
NUMA の有効化についてはご利用のサーバーサポートベンダー様へご確認の上、ご実施ください。

本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。