Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

情報採取ツール MSDT 実行時のクラスターの検証について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの野村です。 弊社サポート サービスにお問い合わせいただいた際に、調査のためのログ採取において情報採取ツール MSDT をご案内させていただくことがあります。 この MSDT は各サーバーの用途毎に必要な情報が採取可能なものを弊社にてご用意し、お客様にてツールを実行いただいていますが、Hyper-V およびクラスター用の MSDT をクラスター環境で実行した際に、イベント ビューアーの下記パスのログに 2 パターンのエラーが記録されることが確認できています。 [アプリケーションとサービス ログ]   – [Microsoft]   – [Windows]   – [FailoverClustering-Manager]   – [Admin] 2 パターンのエラーはそれぞれ以下のようになり、いずれもクラスターの検証を実施する PowerShell のコマンドレット Test-Cluster の引数の指定が正しくないために記録されるものです。MSDT 実行によって本エラーが記録されても、情報採取における PowerShell のコマンドレットが実行されなかったことを意味するため、システムへの影響は全く無く、無視いただいて問題ありません。   <パターン 1> 発生条件 … 英語環境以外の環境 (以下のエラーは日本語環境の場合) ソース:           Microsoft-Windows-FailoverClustering-Manager イベント ID:       4657 タスクのカテゴリ:      PowerShell コマンドレット レベル:          … Read more

更新プログラムのインストール処理を改善するサービススタック更新プログラムについて

こんにちは、Windows プラットフォームサポート 宮崎です。 Windows 10 や Windows Server 2016 で更新プログラムの適用作業を行う際に、想定通りに検出されないことや適用できないことについてお問合せをいただいております。 この記事ではそういった動作を未然に防ぐ適切な運用方法として、「サービス スタックの更新プログラム」を利用することの重要性や詳細を紹介します。皆様の更新プログラムの適用管理に向けて有用な情報となりましたら誠に幸いです。 目次 本ブログの目次です。 サービス スタックの更新プログラムとは サービス スタックの更新プログラム適用時の詳細と影響 公開されているサービススタックの更新プログラムの最新版の確認方法 更新プログラムの前提条件が満たされない場合 1. サービス スタックの更新プログラムとは サービス スタック (Servicing Stack) の更新プログラムとは、OS のインストール処理を担うコンポーネント CBS (Component Based Servicing) を更新するプログラムです。サービス スタックの更新プログラムをインストールすることで、更新プログラムのインストールを始めとした OS のインストール処理自体が改善されます。 サービス スタックの更新プログラムの例 (KB4132216) Title: Servicing stack update for Windows 10 Version 1607: May 17, 2018 URL: https://support.microsoft.com/en-us/help/4132216/ Windows… Read more

グループ ポリシー [ロック画面を表示しない] の動作につきまして

みなさん、こんにちは。 Windows プラットホーム サポートの山﨑です。 今回は、Windows 10における、ロック画面をユーザーに表示するかどうかを制御する 以下ポリシーの動作につきましてご紹介いたします。 パス   : [コンピューターの構成] – [管理用テンプレート] – [コントロール パネル] – [個人用設定] ポリシー名: [ロック画面を表示しない] 本ポリシーにつきましては、グループ ポリシー エディターの説明には「 注意: この設定は、Enterprise SKU、 Education SKU、Server SKU にのみ適用されます。」と記載されておりますが、以下のWindows 10 Professional  エディションにおきましても、適用されるポリシーであることをお伝えいたします。    ● Windows 10 Professional ビルド1511 (TH2) 以前    ● 2017 年 4 月 26 日 リリースの更新プログラム KB4016240 適用済みの Windows 10 Professional ビルド1703 (RS2) 以降     ●… Read more

NUMA を無効にしたシステムにて Stop 20001 (HYPERVISOR_ERROR) エラーが発生する問題について

いつも弊社製品をご利用いただきまして誠にありがとうございます。 Windows プラットフォーム サポートの石田です。 NUMA を無効にしたシステムにて Stop 20001 (HYPERVISOR_ERROR) エラーが発生する問題についてご案内させていただきます。 [事象] Hyper-V をご利用の環境で以下の構成に該当するシステムでは Stop 20001 (HYPERVISOR_ERROR) エラーが発生する場合がございます。 – サーバー構成 65 個以上の論理プロセッサ (スレッド含む) が搭載されており、且つ NUMA を無効に設定している。 – 対象 OS Windows Server 2012 Windows Server 2012 R2 Windows Server 2016 ※ Windows Server 2008 R2 以前の Hyper-V では最大論理プロセッサ数は 64 個に制限されているため 本事象の影響を受けません。 [原因] Hyper-V では、1 NUMA ノードあたりのプロセッサ数が 65… Read more