Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

スクリーン セーバー設定の [再開時にログオン画面に戻る] のチェックが外れる

いつも弊社製品をご利用いただきまして誠にありがとうございます。
Windows プラットフォーム サポートの新岡です。

グループ ポリシーの適用直後に、GUI 上のスクリーン セーバー設定内にある [再開時にログオン画面に戻る] のチェックが外れる事象について、お伝えしたいと思います。

スクリーン セーバーの設定内に、[再開時にログオン画面に戻る] という設定項目がございます。これにチェックを入れることにより、スクリーン セーバーを解除後にログオン画面を表示させることができます。

今回ご紹介致します事象は、この GUI 上の [再開時にログオン画面に戻る] の設定が、その設定情報を保持する [ScreenSaverIsSecure] キーのレジストリ値を読み取って反映していないことに起因し、グループ ポリシーの適用タイミングによってはレジストリの設定内容と GUI の表示にずれが生じるという事象でございます。
これは、GUI の表示上の事象であり、[再開時にログオン画面に戻る] 機能の制御は [ScreenSaverIsSecure] キーにて行っておりますので、仮に GUI 上の表示とレジストリの設定値が異なっている場合もで、レジストリの設定値で動作することが確認されています。

前述いたしましたとおり、グループ ポリシーの適用直後にこの事象が発生する可能性がありますが、グループ ポリシーの再適用や [ScreenSaverIsSecure] キーの設定変更などを実施しなくても、OS にログオンし直すことで事象が解消され、レジストリと GUI 上の設定状態が一致することも確認できております。
これは、グループ ポリシーの適用直後の GUI の表示の読み込みタイミングが起因して発生する事象となりますので、事象が発生した場合には OS への再ログオンや OS 再起動をお試しください。

※ 本事象は現在までに Windows 7 および Windows 10 において事象の発生を確認しています。
※ 該当のレジストリキーより、[再開時にログオン画面に戻る] の実際の設定状態が確認できますので、レジストリの設定状態を確認する場合には、下記補足の <該当のレジストリ> 項目をご確認ください。

[補足]
スクリーン セーバーの設定内にある [再開時にログオン画面に戻る] の設定を有効化することで、スクリーン セーバーを解除後にログオン画面を表示させることができます。
また、[再開時にログオン画面に戻る] の設定は、前述いたしましたレジストリの [ScreenSaverIsSecure] キーに登録され、その動作が制御されます。

<該当のレジストリ>
[ScreenSaverIsSecure] キーの保存場所につきましては、以下をご参考としてください。

– 場所 : HKEY_CURRENT_USER\Control Panel\Desktop\
– 名前 : ScreenSaverIsSecure
– データ : 1
# 1 が [再開時にログオン画面に戻る] 有効状態となります。
0 が [再開時にログオン画面に戻る] 無効状態となります。

 

本ブログが少しでも皆様のお役に立てますと幸いです。