Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

クラスターの検証を実行した際に、Hyper-V 統合サービスのバージョン検証で警告が発生する

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートです。
Windows Server 2016 Hyper-V クラスター環境でクラスターの検証を実行した際に、Hyper-V 統合サービスのバージョン検証で以下の警告が発生することがあります。

—————————————–

Hyper-V 統合サービスのバージョンの検証

結果 : 警告
警告 : 次の仮想マシンはホスト コンピューターと一致しない統合サービスを実行しています。この仮想マシンまたはホスト コンピューターの統合サービスを更新して、同じバージョンにする必要があります。

—————————————–

[原因]
Windows Server 2012 R2 Hyper-V 以前の環境は、ゲスト OS の統合サービスとホスト OS の統合サービスのバージョンと一致させることを推奨しております。
(ホスト OS の統合サービスバージョンが更新された場合に、ゲスト OS の統合サービスバージョンを更新させることを推奨しております)

そのため、Hyper-V クラスター環境では、クラスターの “クラスターの検証” にて仮想マシンの統合サービスのバージョンを検証しており、
ホスト OS とゲスト OS の統合サービスのバージョンが一致しているかを確認しております。

しかしながら、Windows Server 2016 Hyper-V 環境では、Windows Server 2012 R2 Hyper-V 以前の環境とは異なり、ゲスト OS の統合サービスはホスト OS の統合サービスのバージョンとの一致させる必要はなくWindows Update により最新を適用することを推奨しております。
(ホスト OS 側の統合サービスのバージョンは廃止され、統合サービスのバージョンは “0.0” となります)

そのため、”クラスターの検証” で行う仮想マシンの統合サービスのバージョン確認を行うと、Windows Server 2016 Hyper-V では
ホスト OS の統合サービスのバージョンが 0.0 のため、常にゲスト OS の統合サービスのバージョンと不一致となり、上記の警告が出力されます。

[対処について]
クラスターの検証で上記の警告が発生しても、クラスターの操作や動作等に影響を与えないことから無視してください。

本 Blog が少しでも皆様のお役に立てれば幸いです。