Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows 10 1809 64bit版 では C:\Program Files (x86) 配下の msinfo32.exe を実行できない。

皆さん、こんにちは。Windows プラットフォームサポートの山崎です。 本記事では、Windows 10 1809 64bit版 におけるMSINFO32に関する技術情報をご紹介いたします。 MSINFO32は、使用しているハードウェア、システム コンポーネント、およびソフトウェアの環境に 関する情報をわかりやすく表示させるためにツールです。 既定では “msinfo32” コマンドを実行すると、 “C:\Windows\System32” 配下に存在する実行ファイル “msinfo32.exe” が起動します。 なお、”msinfo32.exe” は、”C:\Program Files (x86)\Common Files\microsoft shared\MSInfo” 配下にも ございますが、このフォルダの “msinfo32.exe” の実行時に必要なmuiファイルである “C:\Program Files (x86)\ Common Files\microsoft shared\MSInfo\ja-JP\msinfo32.exe.mui” がWindows 10 1809 64bit版では、OS の イメージサイズ節約のため、OS イメージに含まれておりません。 この実装の変更にともない Windows 10 1809 64bit版 では “C:\Program Files (x86)\Common Files\microsoft shared\ MSInfo\msinfo32.exe” を起動できませんので、MSINFO32を実行する場合は、”C:\Windows\System32\msinfo32.exe” をお使いください。 // 参考情報:システム情報… Read more

Disk2VHD ツールを利用した P2V 化について

いつも弊社製品をご利用いただきまして誠にありがとうございます。 Windows プラットフォーム サポートの石田です。 今回は、Disk2VHD ツールを利用した物理環境の安全な P2V 化についてご紹介させていただきます。 Disk2VHD ツールは VSS に対応しているためオンラインで実施可能ではございますが、VSS に対応していないアプリケーションや実行時の負荷などを考慮すると、オフラインで実施いただいた方が安全かつ確実です。 ハードウェアの保守の終了に伴い P2V による仮想化をご検討いただいているお客様も増えてきておりますので、こちらの情報がお客様のお役に立てると幸いでございます。 なお、Windows Server 2008/2008 R2 など延長サポート終了を迎える製品については弊社 Azure 環境に移行することで延長サポート終了後も無償で延長セキュリティー更新プログラムの提供が受けられるメリットもございますので、是非とも Azure への移行もご検討頂ければと存じます。 まずは、以下準備を行います。 オフライン起動用の Windows PE (WinPE) メディアの作成 Disk2VHD ツールのインストール P2V 化した仮想ディスク (VHD) ファイルの保存用のディスクもしくはファイルサーバー 注意点: 今回ご紹介の Disk2VHD による P2V 化対象のシステムは BIOS 環境のシステムとなり、UEFI 環境の P2V については対応しておりませんのでご了承ください。また、Disk2VHD ツールは Windows 標準ツールではございませんのでサポート内容については使用許諾をご確認いただきご理解いただいた上でご利用ください。 Windows PE (WinPE) メディアの作成… Read more

ロールアップ プログラムを適用すると CHM ファイルが開けなくなる事象について

皆さん、こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの神田です。 本記事では、更新プログラムの適用後に、ヘルプ ファイル (.chm) ファイルが開けなくなってしまう既知の事象について記載します。 [事象] 2018 年 9 月 3 週以降に提供されたロールアップ プログラムで更新されたライブラリ itss.dll が適用されている場合、アプリケーションなどに含まれる .chm という拡張子のヘルプ ファイルについて、ファイル名の後ろにトピックを指定するような文字列を付与すると、ファイルが開けない状況となります。   発生する例) mk:@MSITStore:C:\A.chm::/A-1.chm::/ABC-1.htm hh.exe C:\A.chm::/A-1.chm::/ABC-1.htm なお、上記の方法を使わずにヘルプ ファイルを開く場合には、問題は発生しません。また、問題が発生するのはヘルプ ファイルの表示でありプログラムそのものの動作に問題は生じません。 [原因] 本事象は、itss.dll に実装された関数に問題があり、その影響で発生しています。これは弊社製品の想定しない動作です。 ヘルプ ファイルを、トピックを指定して開く方法は、下記のドキュメントに記載されているように正しい使用方法であり、この方法でヘルプ ファイルが開かない問題は、弊社の製品の問題と認識しています。 About HTML Help URLs https://docs.microsoft.com/ja-jp/previous-versions/windows/desktop/htmlhelp/about-html-help-urls [状況] 現在弊社では、本問題を不具合として修正するよう、製品開発部門に対して要請を行っております。本事象は、先述の通りライブラリ  itss.dll が更新されたロールアップ プログラムを適用すると発生します。 itss.dll が更新されたロールアップ プログラムと、更新されたファイルのバージョンを以下に記載します。以下のものより以降に提供されたロールアップ プログラム並びに新しいライブラリ ファイルは、同じ事象が発生します。 – Windows 7、Windows Server 2008 R2… Read more

イベントビューアーで、フィルターしたログを保存すると、情報が欠落することがある。

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの徳永です。 本記事では、イベントビューアーで確認されております事象についてご紹介いたします。 更新履歴 2018/11/28 事象 イベント ビューアー内、右ペインの “現在のログをフィルター” にてフィルターし、”全てのイベントを名前をつけて保存” メニューで .evtx 形式以外の拡張子でイベントを保存すると、一部情報が欠落することがございます。 原因 イベント ビューアーにてフィルターしたイベントを保存する処理の中で、スレッド間の処理が競合することにより、発生している事象となります。 回避策 イベント ビューアーにて、フィルターしたイベントを保存する場合には、.evtx 形式の拡張子で保存いただくか、イベント ビューアーを使用せず、コマンドを使用してテキストに出力することで、事象を回避することができます。 下記は Get-WinEvent コマンドを使用して、日時を指定した場合のコマンド例になります。 ▼ 特定の期間のイベントを .csv 形式でエクスポートする – コマンド   Get-WinEvent -Filterhashtable @{Logname=’イベント名’;Starttime=’yy/mm/dd hh:mm:ss;Endtime=’yyyy/mm/dd hh:mm:ss’} | export-csv -encoding default -path – 記述例   Get-WinEvent -Filterhashtable @{Logname=’System’;Starttime=’2018/09/01 10:00:00′;Endtime=’2018/11/01 01:00:00′}| export-csv -encoding default -path C:\Export.csv… Read more

Windows 10 Version 1803 以降の環境で Cookie が正常に保存できない

こんにちは、Windows デプロイ サポート チームの弓正です。 Windows 10 Version 1803 以降の環境において Cookie が正常に保存できない事象が確認されております。 この事象に起因し、Internet Explorer の Cookie を利用する他社製品も影響を受ける可能性がありますので、 本事象についてご紹介いたします。 この事象が発生するシナリオは以下の2つです。 ・Windows 10 Version 1709 の環境にて Sysprep による CopyProfile を使用してイメージ展開を行った後、機能更新を適用した場合 ・Windows 10 Version 1803 もしくはそれ以降の環境にて Sysprep による CopyProfile を使用してイメージ展開を行った場合 (Windows 10 Version 1703 もしくはそれ以前の環境で Sysprep による CopyProfile を使用してイメージ展開し機能更新適用しても本事象は発生しません。) 本事象の対処方法をマスターイメージ作成段階、展開済みの段階、それぞれ記載いたします。 マスター イメージの作成段階で本事象を回避する場合、以下の手順を実施してください。 ——————————————————————– 1. マスター イメージを作成している端末においてメモ帳を開き、以下の内容を記載し、”SetupComplete.cmd” のファイルー名で、一旦任意の場所に保存します。 ————- rmdir… Read more

入力する文字や使用するフォントによって、文字幅が異なる場合がある

今回は、入力する文字や使用するフォントの差によって、文字幅が異なる場合がある事象についてご案内いたします。 同じ文字、たとえば「し」を入力した際、その文字の前後に来る文字が「しす」や「して」のように変わることによって、 「し」という文字単体で入力いただいた際と文字幅が変化する場合がございます。 このような事象の原因ですが、1 つのフォントの中に、特定の文字に対するグリフがひとつだけではなく複数含まれていることに起因します。 どのフォントでもこのようになっているわけではありませんが、これは、主に以下のような機能を実現するために用意されています。 – 読みやすさのため、横書き向けと縦書き向けにそれぞれ用意された異なる字形を選択する – 毛筆風を再現するために前後の文字ときれいにつながるような字形を選択する – 画数の多い漢字の直後にシンプルなひらがなが来る場合等、バランスを考慮して若干大きさの異なる字形を用意し選択する フォントに含まれる字形のバリエーションや字形選択のロジックに依存するため、 フォントの種類やバージョンによっても、変化する文字幅の量や変化する文字同士の組み合わせが変化いたします。 また、すべてのフォントがこのような処理を行ってはいないため、全く事象が発生しないフォントもございます。 この事象によって、テキストの行末の折り返し位置が変わったり、行末がきれいに揃わない等の差異が発生する場合がございますが、 Windows の設定等で制御することはできず、フォントまたは文字列を変更いただくことでしかご対応いただけません。 必ず文字間で同じ文字幅であることが要求される文書を作成される際には、「MS ゴシック」や「MS 明朝」など、等幅フォントをご利用ください。 Windows に付属の游ゴシック フォント ファミリーおよび游明朝 フォント ファミリーにおいても、 バージョンや種類による差異はございますが、前述の事象が発生することを検証により確認いたしました。下記表をご覧ください。 <テスト結果> ※表内の数字はフォント ファイルのバージョンとなります。 【游ゴシック】 Windows10 2016 LTSB Windows 10 version 1703 Windows 10 version 1709 Windows 10 version1803 細字 (游ゴシック Light) 1.72 × 1.80 〇 1.81 〇… Read more

VSS Writer が全て消失する事象について

こんにちは。日本マイクロソフト株式会社 高谷 です。 弊社では、Windows Server バックアップでのバックアップ取得に失敗するというお問い合わせを多くいただいております。 原因は様々ございますが、今回のブログではVSS Writer が全て消失してしまうことによりバックアップが取得できない、という事例についてご紹介したいと思います。 もし、お客様の環境で Windows Server バックアップによるバックアップが取得できない事象が発生している場合は、この事例に合致するかご確認ください。合致する場合は比較的容易に改善が可能ですので、対処方法をお試しください。 ■ VSS Writer とは? . VSS Writer とは、ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) を構成する 4 つのコンポーネントのうちの 1 つです。 VSS サービスからの指令により、シャドウ コピーを作成するために、各アプリケーションを一旦静止する役割を持っています。アプリケーションごとに存在し、各 VSS ライターは自身に紐づいたアプリケーションの静止処理を行います。 ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) とVSS Writer については以下のブログにて詳しくご説明しています。よろしければこちらをご覧ください。 – 公開情報 ボリューム シャドウ コピー サービス (VSS) について https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2018/08/15/aboutvss/ . ■ VSS… Read more

ライセンス認証が正常に完了しない場合に OEM プロダクト キーの再インストールおよびライセンス認証を行う方法

こんにちは。日本マイクロソフト Windows Deployment サポート チームです。 今回は、OEM 版の Windows 10 がプリインストールされている端末において、ライセンス認証が正常に完了しなかった場合に、プロダクト キーの再インストールおよびライセンス認証を行う方法をご案内いたします。 <環境> Windows 10 Pro <手順の流れ> A) OEM プロダクト キーの確認 B) プロダクト キーの再インストール C) ライセンス認証 D) 現在のライセンス認証の状態の確認 <手順詳細> A) OEM プロダクト キーの確認 A-1) コマンド プロンプトを管理者権限で起動します。 A-2) 以下のコマンドを実行し、OEM プロダクト キーを表示します。 wmic path SoftwareLicensingService get /value | findstr OA3x ※ コマンド末尾の “OA3x” は、”OA” のみ大文字で入力します。 A-3) 手順 A-2… Read more

PowerShell で全角文字を入力すると表示がおかしくなる問題について

みなさん、こんにちは。Windows サポートの神田です。 今回は、Windows Powershell の入力において発生する表示の問題について記載します。 なお、本事象は Windows 10、Windows Server 2016 以降のオペレーティング システムで発生します。 また、問題は表示上のみであり、スクリプトの実行には影響はありません。 – Powershell モジュール PSReadLine について Windows Powershell には、コンソールに入力した内容に応じて、自動的に色分けを行うモジュール PSReadLine が提供されています。このモジュールが有効な場合、入力内容に応じて画面上の文字に自動で色付けが行われます。 例えばコマンドは黄色、変数は緑色、コマンド オプションは灰色、といった感じで色付けが行われます。 このモジュールは上記のようにスクリプトを入力する際には非常に便利なのですが、入力文字に日本語など 2 バイト文字と呼ばれる文字が含まれる場合 – 例えばファイル名やアイテム名など – に、コンソール画面上で編集を行うと画面の表示に問題が生じる場合があります。 問題の事象は、文字をダブルクォーテーション ( ” ) でくくっていて、その文字を操作した場合に発生します。 例えば、以下のようにファイル名に日本語を含んだパスを指定してプログラムを起動する場合ですが、ファイルまでのパスを Powershell のコンソールに一度 $path に代入するためにペーストしたとします。$path を指定して、プログラムはそのファイルを正常に開くことができます。 上記のパスですが、途中に空白などは開いていないので、ダブルクォーテーション ( ” ) を外そうとすると、パスの末尾と先頭のダブルクォーテーションを削除した段階で、表示がおかしくなってしまいます。なお、内部的には正しくダブルクォーテーションが除かれたパスが格納されるので、$path を指定してファイルを開く事は可能です。 上記のように、表示上の問題となりますが、編集しているうちに正しいパスが画面上で確認できなくなってしまうため、コンソール上での編集が正しく行えない状況となってしまいます。 これは、先に記述した Powershell モジュール PSReadLine の想定しない動作により発生する問題です。… Read more

ディスクのクリーンアップタスク (SilentCleanup) にて環境変数 %TEMP% や %TMP% に設定されているフォルダーが削除されてしまう問題について

いつも弊社製品をご利用いただきまして誠にありがとうございます。 Windows プラットフォーム サポートの石田です。 Windows Server 2019 をご利用の環境にて予期せず環境変数 %TEMP% や %TMP% に設定されているフォルダーが削除されるという問題の対応についてご案内させていただきます。 [対象] Windows Server 2019 [事象] Windows Server 2019 にて環境変数 %TEMP% や %TMP% に設定されているフォルダーが初期状態でフォルダー内にファイルが存在していない場合、ディスクのクリーンアップタスク (SilentCleanup) が実行されると環境変数 %TEMP% や %TMP% に設定されているフォルダーが削除される事象が発生いたします。 環境変数 %TEMP% や %TMP% のフォルダーが削除されると参照している様々なアプリケーションが一時領域にアクセスできなくなるため、再度ログオンするまで正常に動作できなくなります。 [原因] 本事象につきましては、2018年 11 月 9 日時点で調査中となっており、修正モジュールはリリースされておりません。 修正が公開された場合は随時この記事に追記してお知らせします。 [回避策] 環境変数 %TEMP% や %TMP% のフォルダーはログオン時に作成されますが、ログオン中に削除されないようディスクのクリーンアップタスク (SilentCleanup) タスクを無効化します。 コマンドプロンプトを管理者モードで起動し以下のコマンドを実行します。 schtasks /change /tn… Read more