Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows 10 の機能アップデート後、USB 接続のプリンターが削除される

※ この記事の動作は、Windows 10 Version 1709 (Fall Creators Update) 以降には該当いたしません。Windows 10 Version 1709 で本動作が改善され、プリンターが引き継がれるようになりました。

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの鈴木です。

Windows 10 の機能アップデート (ビルド番号が上がる大型アップデート) の後に USB 接続のプリンターが削除されているというお問い合わせをいただいております。

Windows 10 Version 1703 までの機能アップデートでは、USB 接続のプリンターは Windows の更新を行う一連のプロセスの中で削除されます。
プリンター ドライバーは新しいバージョンの Windows に引き継がれるため、プリンターがコンピューターに接続されており電源が入っている場合は、アップグレードの完了後初回起動時に再度プラグ アンド プレイにより認識し [デバイスとプリンター] 画面にアイコンが作成されます。

しかしながら、この場合でもカスタムしていた印刷設定や適用するプリンター ドライバーを変更していた場合には設定が既定値に戻ります。また、更新中にプリンターが接続されていなかった場合には、Windows がプリンターを認識するまでプリンター アイコンは作成されません。

大変恐れ入りますが、この動作は Windows 10 Version 1703 までの Windows 10 の仕様であり、現時点で変更される予定はありません。お手数をおかけいたしますが、実施いただいていた印刷設定等は機能アップデートの完了後に再度設定いただく必要がございます。

なお、更新前のバージョンに関わらず、Windows 10 Version 1709 (Fall Creators Update) への更新の場合は設定も含めプリンター アイコンが自動的に移行されます。可能な限り、最新の Windows 10 をお使いいただくことをお勧めいたします。