Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

差分更新プログラム適用後「インストールされた更新プログラムの一覧」に、同じ KB 番号が 2 つ表示される現象について

こんにちは。Windows Platform サポートチームです。

Windows Server 2016 及び Windows 10 のバージョン 1607 (Anniversary Update)、1703 (Creators Updatre) では、非 WSUS 環境向けに、Windows カタログサイトよりダウンロードいただける、差分更新プログラムを配信しております。
差分更新プログラムを適用すると、累積更新プログラムを適用するよりも、クライアントが更新に要する時間が大幅に短縮されます。

差分更新プログラムをインストールした後に、コントロールパネルのプログラムと機能からご確認いただける「インストールされた更新プログラム」の一覧に、インストールしたサポート技術情報番号 (KB 番号) のプログラムが 2 つ表示されます。

これは、OS側及び更新プログラムの仕組みに起因して発生する現象で、正常な状態です。

「インストールされた更新プログラム」の一覧に「更新プログラムID」を表示させる (※) ことで、それぞれ別のプログラムであることを確認いただけます。
※一覧の列タイトルを右クリックし、その他を選択し表示される「詳細表示の設定」画面より「更新プログラムID」にチェックを入れると表示されます。

なお、差分更新プログラムをアンインストールする際には、Package_for_RollupFix、Package_for_RollupFix_Wrapper の順番で、同じサポート技術情報番号のエントリを 2 つともアンインストールしてください。

なお、Windows 10 のバージョン 1709 (Fall Creators Update) では、この現象は発生しません。

[参考情報]
Monthly Delta update ISV support without WSUS