Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows 10 Creators Update をインストール後にイベント ID:37 が記録される

こんにちは、日本マイクロソフトの Windows サポートチームです。
今回は、Windows 10 Creators Update (1703) をインストール後に以下のようなイベント ID:37 が様々なタイミングで記録される事象についてご紹介いたします。

事象:
Windows 10 Creators Update インストール後に以下のようなイベントがアプリケーション イベント ログに記録されます。

ID : 37
ソース : Microsoft-Windows-AppModel-Runtime
種類 : エラー
説明 : AppContainer SID を登録できなかったため、AppContainer プロファイルがエラー 0x800700B7 で失敗しました。

原因 :
特にアプリケーションの追加登録を行っていないにも関わらずエラーコード 0x800700B7 (ハンドルが重複している) 記録されることは、弊社の既知の問題により発生いたします。

対処策:
アプリケーションの追加登録を行っていない場合、イベント メッセージは無視していただいて問題ありません。
万が一アプリケーションインストール後に本イベントが記録された場合は、アプリケーションの登録に失敗します。この場合は、本イベントに限らずインストール失敗や他のエラーが記録されますので、他のイベント合わせて問題を判断する必要があります。
この問題につきましては、マイクロソフトの問題として認識しており、現在、調査を進めています。