Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

リモート デスクトップ接続で、Windows キーが押されたままになる事象

皆さん、こんにちは。 リモート デスクトップ接続で、特定のキー操作を行うと、接続元クライアントにて Windows キーが押されたままになる事象が確認されております。 この事象は以下のシナリオで発生します。 接続先コンピューターにリモート デスクトップ接続を行います。 リモート デスクトップ接続 (mstsc.exe) にフォーカスが当たっている状態で、以下のキー操作を行います。 L キーを押す → Win キーを押す → L キーを離す → Win キーを離す 接続元クライアントにフォーカスを戻すと、Windows キーが押されたままの状態になります。 例えば、R キーを押すと、[ファイル名を指定して実行] が、E キーを押すと [エクスプローラー] が起動します。 この問題は、上記操作が行われた際に、接続元クライアントに Win キーが離された (リリースされた) ことが正しく認識されないことによって発生します。 この状態になった場合は、接続元クライアントにて、一度 Win キーを入力することで、解消されます。 この事象は、弊社にて既知の問題であると把握しております。 また、mstsc.exe の設定 [ローカル リソース] タブ – [キーボード] (Windows のキーの組み合わせを割り当てます) にて、”このコンピューター” にしていただくと発生しません。 このシナリオは、リモート デスクトップ接続時のクライアントを画面ロックする際に発生しやすいものとなります。 画面ロック時は、Win キーと… Read more

リモート デスクトップ サービス構築に関するよくある問い合わせ

こんにちは。 本記事ではリモート デスクトップ サービス (以下 RDS) を構築するにあたり、 よくあるお問い合わせについてまとめています。 既に公開されている RDS の概要、構築手順などと併せて構築時の参考として頂ければ幸いです。 – リモート デスクトップ サービスの概要・構築情報   https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc725560(v=ws.11).aspx   https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/hh831447(v=ws.11).aspx   https://docs.microsoft.com/ja-jp/windows-server/remote/remote-desktop-services/welcome-to-rds   – 良くあるお問い合わせ 1. RDS 構築に必要なハードウェア (システム) 要件について 2. RDS の基本的な構築手順について 3. RDS をワークグループで構築する場合のサポートについて 4. RDS で使用されるポートについて 5. ライセンス サーバーを指定する際の注意点について 6. RDS CAL のインストールや管理について 7. RDS CAL の問い合わせについて 8. 多段 RDP のサポートについて 9. RDS… Read more

Windows Update からのプリンター ドライバーのインストールが失敗し続ける事象について

こんにちは、Windows Platform サポートのすずきです。 先日、ネットワーク共有プリンターの名称が意図せずモデル名となる事象について という記事を公開させていただきましたが、同様の原因により Windows Update で検出されたプリンター ドライバーのインストールが失敗し続けるという別な事象が発生することが確認されましたため、あらためてご紹介をいたします。 Windows Update からデバイス ドライバーが取得されインストールされる動作になじみの薄い方もいらっしゃるかもしれませんが、 プリンター ドライバーが Windows Update から提供されることにより、USB 接続のプリンターやネットワーク上に存在するプリンターを検出して自動的にセットアップできるほか、 手動でプリンター ドライバーをインストールいただいた際も、自動的に最新のドライバーをお使いいただけるというメリットがございます。 この場合、プリンター メーカー様より弊社へプリンター ドライバーをご提供いただき Windows Update に掲載しているため、お使いのプリンターのメーカー名やモデル名等がインストールに失敗した項目として表示されますが 本件に該当する場合はプリンター ドライバー自身の不具合等ではなく、Windows が本来不要で適用の必要がないドライバーを検出しているために失敗いたします。 具体的には、事象が発生した場合、Windows Update には下記のような表示がなされます。 ■ 事象の発生原因について ネットワーク共有プリンターの名称が意図せずモデル名となる事象について にてお伝えしております通り、セットアップ情報ファイルの中で “FeatureScore” と呼ばれるドライバーの優先順位を指定する属性が指定されているプリンター ドライバーをお使いの場合に発生することが確認されております。 セットアップ情報ファイルに記述された “FeatureScore” を Windows が正しく処理しないため、本来不要なプリンター ドライバーを Windows Update から取得しインストールする際に内部的にエラーが発生します。 このため、Windows Update の失敗として表示を行います。 本事象が発生していても、弊社から提供しておりますセキュリティ更新プログラム等は正常に適用され、またプリンター ドライバーも適用直前で失敗するため、印刷への影響はありません。 弊社では、引き続きこの問題について調査を継続し、新しい情報がありましたらお伝えいたします。… Read more

クラスター共有ボリューム (CSV) を利用する環境での SMB Multichannel 設定の考慮事項

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートです。 今回は Windows Server 2012 のフェールオーバー クラスター環境で、CSV を利用する場合の SMB Multichannel 設定の考慮事項を紹介いたします。 [事象] 以下のシナリオを想定します。 ・Windows Server 2012 のフェールオーバー クラスターを構成します。 ・CSV を構成します。 ・クラスター ノードで SMB Server 側の Multichannel を無効化します。(Set-SmbServerConfiguration -EnableMultiChannel $false) このとき、以下のような事象が発生することがあります。 ・クラスターの検証で、CSV の構成確認の項目で以下のエラーが記録されます。 「ノード ‘<ノード名>’ からノード ‘<ノード名>’ 上の共有へのサーバー メッセージ ブロック (SMB) プロトコルを使用したアクセスを検証しています。 フェールオーバー クラスタリング用のフォールト トレラント ネットワーク ドライバー (NetFT) の IP アドレスによるサーバー メッセージ ブロック (SMB) 共有のアクセスを検証できませんでした。… Read more