Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

ネットワーク共有プリンターの名称が意図せずモデル名となる事象について

こんにちは、Windows Platform サポートのすずきです。
[デバイスとプリンター] に表示されるネットワーク共有プリンターの名称が意図せずモデル名となってしまい、判別が困難になる事象についてお問合せをいただいております。

この問題については弊社にて詳細な調査を実施しておりますが、プリンター ドライバーのセットアップ情報の処理に一部問題があるため発生していることが確認されましたため、情報公開を兼ねご紹介をさせていただきます。

■ 発生する事象の詳細について
通常、ネットワーク共有プリンターの名称は 「”プリンター名” (“プリント サーバー名” 上)」と表示されます。
プリンター名にはフロアや部署等を使用いただいている場合も多くございます。これにより、どのプリント サーバーに出力するか、どのサーバーのどのプリンターに出力するかを判別することができます。
事象が発生した場合は、ネットワーク共有プリンターの名称がモデル名 (ドライバー名) に変化します。同機種のプリンターは通常同じドライバーを使用しているため、プリンターを判別することが困難になります。

– 事象が発生していない状態

– 事象が発生している状態

なお、本事象が発生していても、アプリケーションから印刷を実行する際に表示されるコモン ダイアログでは正しくプリンター名が表示されます。
また、Windows 10 Version 1703 (Creators Update) では本事象は発生いたしません。

■ 事象の発生原因と対処について
プリンター ドライバーを含むデバイス ドライバーは、”.inf” 拡張子を持つセットアップ情報ファイルによりインストール動作が規定されています。
セットアップ情報ファイルの中で “FeatureScore” と呼ばれるドライバーの優先順位を指定する属性が指定されているプリンター ドライバーを使用し、プリント サーバーにおいて共有設定した際の処理に問題があり、本事象が発生する場合がございます。

セットアップ情報ファイルはテキスト形式であるため、”FeatureScore” 属性を使用しないよう書き換えることで技術的には本事象を回避いただくことが可能です。
しかしながら、通常、セットアップ情報ファイルを含むドライバーの構成ファイル全体がプリンター メーカー様にてデジタル署名を施されているため、編集等を行うと署名が破損します。その結果、共有プリンターのインストール自体が失敗する等のリスクがあるため、手作業で編集しての回避は推奨いたしかねます。
また、そのようなセットアップ情報ファイルを使用したインストールはメーカー様によって検証されていないため、他の予期せぬ問題に至る可能性がございます。
そのため、現時点ではエンド ユーザー様にご実施いただける有効な回避策がございません。

弊社では、引き続きこの問題について調査を継続し、新しい情報がありましたらお伝えいたします。