Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows 10 のスタート メニューについて

こんにちは。

Windows プラットフォーム サポートの神田です。

今回は Windows 10 のスタート メニューについて、サポート窓口でお受けするお問い合わせと、ご案内する対策方法について、この場を借りて記載したいと思います。新しいスタート メニューに興味がある方や、メニューが出てこないなどでお悩みの方は、ご一読いただけますと幸いです。

  • Windows 10 のスタート メニューについて

Windows 8.1Windows Server 2012 R2 ではタイル形式でスタート スクリーンを表示していましたが、Windows 10 では従来のスタート メニューのようにタスクバーからメニューとして展開して表示する形式に変更されました。

動作的には Windows 7 以前の操作感に戻った印象がありますが、Windows 10 UWP アプリ (Universal Windows Platform いわゆるストア アプリ) をサポートするので、スタート メニューにそれらのアプリを表示させる必要があり、内部的にはスタート メニューは UWP のプロセスとして、エクスプローラーのプロセス Explorer.exe とは別のプロセスで起動されます。

起動されるプロセスは Shellexeperiencehost.exe というもので、他のストア アプリと同様にログオンする各ユーザー毎にインストールされます。

  • スタート メニューのタイル表示を構成するサービスについて

スタート メニュー内に表示されるタイルは、専用のデータベース ファイルで構成され、表示されます。このデータベースは、サービス tiledatamodelsvc (表示名 : Tile Data model server) によって管理されます。
Windows 8.1 Windows Server 2012 R2 では、タイル表示は同じくデータベースで管理されていましたが、管理プロセスが Explorer.exe のみだったためリモート デスクトップ サービスで同じユーザーが別セッションでログオンした場合に、データベース ファイルの共有違反が発生する問題がありました。
Windows 10 では、この問題を解消する意味もあり、データベースの管理を、Explorer.exe とは異なるサービスで行うようになっています。

  参考資料
  Windows Server 2012 および Windows Server 2012 R2 環境で発生する Explorer.exe のクラッシュについて
  https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2016/03/07/windows-server-2012-windows-server-2012-r2-explorer-exe-1238/

  • スタート メニューのトラブルについて

スタート メニューが起動しない、というお問い合わせがサポート窓口に入ることが多く、特にドメインに参加してから問題が発生した、という報告を良くいただきます。その場合、ドメインに参加したタイミングで適用されたグループ ポリシーの影響である可能性が高いです。
弊社に寄せられた事例では、下記のポリシーが設定されていることが原因だったものがございました。

  • レジストリやフォルダーのアクセス権を変更している
  • プログラムの実行をポリシー (ソフトウェア制限のポリシー、Applocker など) で制限している
  • Firewall サービスを無効にしている

上記ポリシーによる問題については、以前の OS を対象に展開していたもの (Windows 10 での動作を確認していないもの) があるか、ご確認いただくことをお勧めします。
ポリシー以外の問題では、以下のような問題でスタート メニューが表示されない問題が発生する事があります。

  • Shellexperiencehost.exe のライセンス認証情報が破損している
  • Shellexperiencehost.exe のプログラム展開情報が破損している
  • スタート メニューのタイル データベースが破損している

弊社から提供しているツールや更新プログラム、Powershell のコマンドレット、Windows のコマンドで修復を行うことで改善する可能性があります。
以下、方法をご紹介いたしますので、トラブルに遭遇しましたら一度お試しいただければと思います。

  • スタート メニューとコルタナのトラブルシューティング ツール

スタート メニューとコルタナについて、トラブルシューティング ツールを提供しています。

[スタート] メニューまたは Cortana を開くときの問題のトラブルシューティング
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/12385/windows-10-troubleshoot-problems-opening-start-menu-cortana

このツールを実行することで、以下の問題が改善される場合があります。

  • スタート メニューに必要なアプリケーションが正しくインストールされていない
  • レジストリ キーのアクセス許可が正しくない
  • タイル データベースが壊れている
  • アプリケーション マニフェストが壊れている

文書内にある [トラブルシューティング ツールを実行する] をクリックし、 Startmenu.diagcab をダウンロードして実行して、修復を試みてください。

 

  • ロールアップ プログラムをインストールする

ツールを実行しても問題が再発したり、改善しても定期的に問題が再発する場合は、最新の更新されたロールアップ プログラムをインストールして事象が改善するかお試しください。
上述したスタート メニューのプロセス Shellexperiencehost.exe   tiledatamodelsvc サービスは累積された更新のロールアップ プログラムで度々更新されており、不具合改善やパフォーマンス向上が期待できます。
Windows 10 は初期バージョンから、 151116071703 とバージョン アップが行われており、それぞれのバージョン向けにロールアップ プログラムを提供しております。最新のロールアップ プログラムを適用すれば、それまでに修正された問題も改善します。

Windows 10 の更新履歴 – Windows 10 (2015 7 月にリリースされた初期バージョン) 向けの更新プログラム。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4000823
Windows 10 の更新履歴 – Windows 10 Version 1511 向けの更新プログラム。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4000824
Windows 10 および Windows Server 2016 の更新履歴 – Windows 10 バージョン 1607 および Windows Server 2016 の更新プログラム。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4000825
Windows 10 の更新履歴 –  Windows 10 Version 1703 向けの更新プログラム。
https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4018124

  • スタート メニュー アプリを再インストールする

スタート メニュー アプリは UWP アプリであり、Powershell のコマンドレットで再インストールを行うことができます。アプリケーション マニフェストが破損していたり、展開情報が破損している場合は、問題が発生しているユーザーで再インストールするコマンドレットを実行することで、問題が改善する場合があります。

  1. 事象が発生するユーザーでログオンし、下記フォルダーを開きます。
         C:\Windows\System32\WindowsPowerShell\v1.0
  2. PowerShell.exe をダブル クリックで起動します。管理者で起動する必要はありません。
  3. 下記コマンドレットを実行しスタート メニュー アプリを現在のログオン ユーザー向けに再インストールします。
    Get-AppXPackage |Where-Object {$_.InstallLocation -like “*shellexperience*”} | Foreach {Add-AppxPackage -DisableDevelopmentMode -Register “$($_.InstallLocation)\AppXManifest.xml”}
  4. PowerShell にて再インストールのインジケーター (緑色のプロンプト画面が上部に表示され 〇 () が表示されます) が右端まで進みエラーなく完了することを確認します。
  5. スタートメニューが正しく表示されるか確認します。
  • タイル データベースを再構築する

Windows 10 バージョン 1511 以降には、タイル データベースが破損した場合に、構成をリセットするコマンドが用意されています。このコマンドを実行することで、カスタマイズしたスタートメニューは初期化されますが、タイル データベースが破損している場合は、初期化のコマンドを実行することでスタートメニューが表示されない問題が改善する場合があります。

  1. [Windows] キーと [X] キーを同時に押し表示されたメニューからコマンド プロンプトをクリックして起動します。管理者で起動する必要はありません。
  2. コマンド プロンプトで下記のコマンドを実行します。tdlrecover.exe -reregister -resetlayout -resetcache
  3. コマンドの実行完了を待ちます。実行完了には20 秒程度かかる場合があり、また成功した場合でもメッセージは表示されません。
  4. コマンド プロンプトが入力可能な状態に戻ったら、 tdlrecover.exe コマンドの実行が完了していますので、スタート メニューが正しく表示されるか確認します。

最新のロールアップ プログラムを適用したり、タイル データベースを初期化することで、多くのお客様の問題は改善することが多いです。これらの操作を実施しても問題が改善しない場合や、実施内容について確認したいことがある場合には、サポートまでお問い合わせいただければ、解決に向けて協力をさせていただきます。

Windows Platform 担当 : 神田