Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows 10 バージョン 1607 のシャットダウン動作について

こんにちは、Windows Platform サポートです。

Windows 10 バージョン 1607 環境でシステムのシャットダウンを実行時、explorer.exe が異常終了する可能性がございます。
この際には 次のアプリケーションエラーが表示された後、システムがシャットダウンするという動作となります。


explorer.exe – アプリケーション エラー

< メモリ アドレス > の命令が < メモリ アドレス > のメモリを参照しました。メモリが 「< written 又は read >」になることはできませんでした。
プログラムを終了するには [OK] をクリックしてください


explorer.exe の終了処理では WM_DESTROY メッセージが発行され、保有している様々な資源が開放されます。
現象発生時は複数のスレッドから WM_DESTROY メッセージが発行されますが、その際に想定していないタイミングでメッセージの処理が実行されて explorer.exe がクラッシュします。

本現象は複数のスレッドからのメッセージ発行及び処理のタイミングに依存して発生する
潜在的な explorer.exe の不具合ですが、特定の環境下で発生し、全ての環境で発生する現象ではございません。
また、本現象はシャットダウン処理の過程で 発生しており、データが破損する等のシステムへの影響はございません。

本現象については現在調査中ですので、調査が終了次第、改めてご案内します。