Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows (Storage) Server 2016 で Windows Search サービスをご利用の場合の手順

こんにちは、Windows Platform サポートです。

Windows (Storage) Server 2016 では、 Windows Search サービスをご利用いただく際の手順が以前のバージョンから変わっています。

今回は、Windows (Storage) Server 2016 で Windows Search サービスをご利用いただく手順についてご案内します。

 

[内容]

Windows (Storage) Server 2016 にて、サーバー マネージャーの [役割と機能の追加] から [Windows Search サービス] の機能を追加しても、Windows Search サービスのスタートアップの種類が [無効] のままになります。

(なお、 Windows Search サービス自体は、 [役割と機能の追加] から追加しない場合でも、システムに初めからインストールされた状態となっております)

 

[原因]

Windows (Storage) Server 2016 では、[役割と機能の追加] から [Windows Search サービス] を追加した際の動作が変更されているためです。

 

[回避策]

当社では、この動作についての対応を検討中です。

現時点では、Windows (Storage) Server 2016 で Windows Search サービスの機能をご利用になる際は、[役割と機能の追加] を行うのではなく、サービスのスタートアップの種類を [自動 (遅延開始)] に変更いただくことで利用可能になります。