Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows Server 2016 や Windows 10 Enterprise LTSB でヘルプなどを選択した際に表示されるメッセージについて

 

こんにちは。 Windows Platform サポートの岩松です。

 

Windows Server 2016 や Windows 10 Enterprise LTSB で、ヘルプなどを表示しようとした際に、以下のようなメッセージが表示されることがあります。

161222ms-get-started1

 

これは、Windows Server 2016 などでは、ヘルプなどに関連付けられている既定のアプリが存在しないことにより表示されるものです。

[OK] ボタンはグレーアウトした状態になっていますが、外側をクリックするか、ESC キーを押すとメッセージは消えます。

 

 

メッセージによる影響について

 

このメッセージは、システムの動作に問題があることを示すものではなく、無視して問題ありません。

 

 

メッセージが表示されるケースについて

 

現在、アプリが存在しないことにより同様のメッセージが表示されるケースとして当サポートで把握しているのは以下のものです。
(これ以外にも存在する可能性があります)

 

<Get-Started アプリに起因するもの>

– 電源オプションの [電源プランの詳細]
– エクスプローラー、メモ帳などデスクトップ アプリのヘルプ

これらの操作は、インターネットに接続している場合は、トピックに対応するヘルプ ページか、 Windows 10 全体のヘルプ ページを表示します。

(エクスプローラーのヘルプ ページの例)
https://www.bing.com/search?q=windows+10+%e3%81%ae%e3%82%a8%e3%82%af%e3%82%b9%e3%83%97%e3%83%ad%e3%83%bc%e3%83%a9%e3%83%bc%e3%81%ab%e9%96%a2%e3%81%99%e3%82%8b%e3%83%98%e3%83%ab%e3%83%97&filters=guid:”4ccfde82-4290-4793-b98f-6f4b5a544922″%20lang:”ja-jp”&form=S00028

 

<OneNote アプリに起因するもの>

– アクション センターから [ノート] を選択

 

<Feedback Hubアプリに起因するもの> (Windows Server 2016)

– [設定] – [プライバシー] – [フィードバックと診断] – [フィードバック Hub 調査通知に関するフィードバックをお送りください]