Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

“Network List Service” が無効化されているとタスク スケジューラの管理コンソールでエラーが発生します

こんにちは。
Windows Platform サポートの丸山です。

本日は、タスク スケジューラーの管理コンソールで表示されるエラーの件について、ご紹介いたします。

■ 発生する事象について

Windows Vista や Windows Server 2008 以降の OS では、ネットワークの場所の管理のため、”Network List Service” というサービスが動作しておりますが、”Network List service” が無効化されている環境では、タスク スケジューラの管理コンソール画面で、タスクの条件を表示しようとすると、タスク スケジューラの管理コンソール画面にてエラーが発生し、スナップインがアンロードされてしまいます。

20161215a図:”Network List service” が無効化されている様子

20161215b図:タスク スケジューラの管理コンソールのエラー画面 (1)

20161215c図:タスク スケジューラの管理コンソールのエラー画面 (2)

20161215d図:タスク スケジューラの管理コンソールのエラー画面 (3)

■ 事象の回避策について

本事象は、”Network List Service” が無効化されており、”条件” タブの内容を表示するための情報の取得が失敗することで発生します。
“Network List Service” が無効化されている状況は、非推奨の状態となりますため、”Network List Service” のスタートアップの種類を “手動” または “自動” に変更してください。

20161215e図:”Network List service” のスタートアップの種類

寒い日が続きますので、風邪をひかぬよう、お気を付けください。
それではまた。


丸山 健一 (マルヤマ ケンイチ)
Windows プラットフォームサポート担当
日本マイクロソフト株式会社