Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows 10 のリモート デスクトップ接続で “空パスワード” を使用して接続を行う場合の制限について

Windows プラットフォーム サポート 秋葉です。

本日は Windows 10 のリモート デスクトップ接続を利用する際に、“空パスワード” を使用してリモート コンピューターから接続を行う場合の制限についてご紹介させていただきます。

Windows のログオンに関するグループ ポリシー上の既定値として、空パスワードでログオンすることができるのはコンソール ログオンのみに制限されています。(既定ではセキュリティの観点からリモート デスクトップ接続を通じてログオンを行う際に、空パスワードは許容されていません。)

pic1

上記の設定を “無効” に変更することにより、リモート コンピューターからの空パスワードでのログオンが可能となります。
ただし、本設定の変更後、ホスト コンピューターのコンソールにユーザーがログオンしている状態で、外部から同じユーザーアカウントでリモートデスクトップ接続を行おうとすると、以下のエラーメッセージにより接続することができません。

pic2

このような場合には、接続先となるホストコンピューターのコンソール上で “サインアウト” を行ってから、リモートデスクトップによる接続を行って下さい。