Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

エラー “ライセンス サーバーがないため、リモート セッションは切断されました” について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの吉田です。

Windows Server 2012 または Windows Server 2012 R2 のリモート デスクトップ サービス環境をご利用いただいている環境で、適切に RD ライセンス サーバーを指定しているにも関わらず、クライアントからの接続時に以下メッセージが表示され、接続できない場合があります。

1

本エラーについては、RDS CAL に発行余力がない場合や、RD セッション ホスト サーバーとライセンス サーバー間で疎通が取れない場合に発生いたしますが、既知の不具合にて発生する場合があります。
以下をチェックし、設定に問題がない場合は、OS バージョンに応じて後述の修正プログラムの適用をご検討ください。


事前確認項目

================
1. RDS CAL (ライセンス) に発行余力はありますか?

ライセンス サーバーで [RD ライセンス マネージャー] を起動してください。
RD ライセンス サーバーがアクティブ化されている事と、OS に応じてインストールいただいた RDS CAL について、[利用可能] 欄に余力がある事をご確認ください。
[利用可能] が 0 の場合は、発行できる RDS CAL が残っていませんので、適切な数量の RDS CAL の購入、インストールをお願いいたします。

3


2. ライセンス診断にエラーや警告はありませんか?

RD セッション ホスト サーバーで、[RD ライセンス診断] を実行してください。
([RD ライセンス診断] は、サーバー マネージャーから [ツール] – [Terminal Services] – [RD ライセンス診断機能] で実行できます)

以下の通り、エラーや警告が表示されていない事をご確認ください。
エラーや警告が発生している場合は、内容を確認し、適切な処置を実施してください。

2


3. レジストリを確認してください

上記確認までで、RDS CAL の数が足りている事、RD セッション ホストと RD ライセンス間の通信に問題がない事が確認できたら、以下の手順でレジストリを確認します。

3-1. RD セッション ホスト サーバーでレジストリ エディターを起動します。([ファイル名を指定して実行] で “regedit” で起動します)
3-2. 以下まで展開します。

HKEY_LOCAL_MACHIN\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Terminal Server\RCM

3-3. 左ペインで [RCM] キーを選択した状態で、右ペインに [X509] から始まる名前のレジストリが存在しているかを確認します。
正常な場合、以下の通りのレジストリが存在します。

5

3-4. [X509] から始まる名前のレジストリが存在していない場合、既知の不具合に該当している可能性がございます。
次項の手順にて、修正プログラムの適用をお願いいたします。

 

修正プログラムの適用について
===========================

本不具合は、RD セッション ホスト サーバーが、適切な RD ライセンス サーバーを指定する事で生成されるはずの X.509 証明書が生成されない事が要因となっています。
RD セッション ホスト サーバーの OS バージョンに応じて、修正プログラムの適用をお願いいたします。

A. Windows Server 2012 の場合
——————————————

下記修正プログラムを RD セッション ホスト サーバーに適用してください。

Windows Server 2012 の RDS ファームに接続するときに RDS ライセンスがなしと示される
https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2916846

上記修正プログラムを適用後、再起動した後に RD ライセンス診断を実施し、改めて [X509] レジストリが作成されているかを確認します。

※ 適用後、タイミングによってはすぐに [X509] レジストリが作成されない事もございますが、RD ライセンス診断や、クライアントからの接続を何度か繰り返していただく事で作成されます。


B. Windows Server 2012 R2
の場合
———————————————–

下記修正プログラムを RD セッション ホスト サーバーに、上から順番に適用してください。

      1. Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 のサービス スタック更新プログラムが利用できます: 2014 年 3 月
        https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2919442
      2. Windows RT 8.1、Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 の更新プログラム: 2014 年 4 月
        https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2919355
      3. Windows RT 8.1、 Windows 8.1、および Windows Server 2012 R2 用の2014年5月の更新プログラム ロールアップ
        https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/2955164/

上記修正プログラムを適用後、再起動した後に RD ライセンス診断を実施し、改めて [X509] レジストリが作成されているかを確認します。

※ 他の Windows Update やセキュリティ更新プログラムによって、適用できない更新がある場合もございますが、その場合は飛ばして構いません。
[X509] レジストリが作成されない不具合については、KB2955164 が対応しています。
※ 適用後、タイミングによってはすぐに [X509] レジストリが作成されない事もございますが、RD ライセンス診断や、クライアントからの接続を何度か繰り返していただく事で作成されます。