Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

IaaS VM Backup のアラート通知について

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの世古です。

今回は IaaS VM Backup のアラート通知手順についてご案内いたします。

そもそもアラートではどの様なことが実現出来るのだろうという事を確認したい場合には、以下の弊社公開情報をご参照ください。

タイトル: Azure 仮想マシンのバックアップを管理および監視する
https://azure.microsoft.com/ja-jp/documentation/articles/backup-azure-manage-vms/#-8
参考箇所: アラート通知

タイトル: Add-AlertRule
https://msdn.microsoft.com/en-us/library/mt282468.aspx

以下、アラートの設定についてご案内させていただきます。

アラートの設定につきましては、Add-AlertRule コマンドを利用する事で、失敗時にメールでアラート配信を実施する事が可能です。以下実施手順についてご案内いたします。
 
– アラートの設定手順
——————————————————————–
1."Microsoft Azure PowerShell" に Azure のアカウントでログオンします。
 
– 実行例
———————————————————-
PS C:\Users\taseko.000> Login-AzureRmAccount
 
Environment           : AzureCloud
Account               : ms@microsoft.com
TenantId              : 72f988bf-86f1-41af-91ab-2d7cd01*****
SubscriptionId        : 0d8ad84b-f76a-40f7-a159-1095089*****
CurrentStorageAccount :
 
 
2.以下のコマンドを実行し、Alert の設定対象となるバックアップ コンテナ情報を確認します。
 
実行コマンド: Get-AzureRmResource | Where-Object { $_.ResourceName -eq "バックアップ コンテナ名" }
 
– 実行例
———————————————————-
PS C:\Users\taseko.000> Get-AzureRmResource | Where-Object { $_.ResourceName -eq "EAST-US-TEST1" }
 
Name              : EAST-US-TEST1
ResourceId        : /subscriptions/0d8ad84b-f76a-40f7-a159-1095089*****/resourceGroups/RecoveryServices-*****ZBYRTB6YDWNPCPY5Z5PJH3GAKHOGSLYZXAELCN74LBJRL5Q-East-US/providers/microsoft.backup/BackupVault/EAST-US-TEST1
ResourceName      : EAST-US-TEST1
ResourceType      : microsoft.backup/BackupVault
ResourceGroupName : RecoveryServices-*****ZBYRTB6YDWNPCPY5Z5PJH3GAKHOGSLYZXAELCN74LBJRL5Q-East-US
Location          : eastus
SubscriptionId    : 0d8ad84b-f76a-40f7-a159-1095089*****
 
 
3.Add-AlertRule コマンドを実施し、アラートを追加します。
 
実行コマンド:
Add-AlertRule -EventName Backup -EventSource Administrative -Level Error -Location <String> -Name <String> -OperationName Microsoft.Backup/backupVault/Backup -Operator GreaterThanOrEqual -ResourceGroup <String> -ResourceId <String> -ResourceProvider Microsoft.Backup -RuleType Event -Status <String> -SubStatus <String> -Threshold <Double> [-CustomEmails <String[]> ] [-Description <String> ] [-DisableRule] [-EmailAddress <String> ] [-SendToServiceOwners] [-WindowSize <TimeSpan> ] [ <CommonParameters>]
 
– 実行例
———————————————————-
PS C:\Users\taseko.000> Add-AlertRule -EventName Backup -EventSource Administrative -Level Error -Location eastus -Name TestCase -OperationName Microsoft.Backup/backupVault/Backup -Operator GreaterThanOrEqual -ResourceGroup RecoveryServices-*****ZBYRTB6YDWNPCPY5Z5PJH3GAKHOGSLYZXAELCN74LBJRL5Q-East-US -ResourceId /subscriptions/0d8ad84b-f76a-40f7-a159-1095089*****/resourceGroups/RecoveryServices-*****ZBYRTB6YDWNPCPY5Z5PJH3GAKHOGSLYZXAELCN74LBJRL5Q-East-US/ -ResourceProvider Microsoft.Backup -RuleType Event -Status Failed -SubStatus Failed -Threshold 1 -EmailAddress ms@microsoft.com  -SendToServiceOwners
 
RequestId                            StatusCode
———                            ———-
12b8bf6b-bc29-4212-999d-9778f01*****    Created
 
 
– コマンドのオプションについて
~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
– EventName
バックアップ失敗のアラートを作成するには "Backup" を指定ください。
IaaS VM バックアップに関するアラートの場合、サポートされる値は、以下の値です。
Register、Unregister、ConfigureProtection、Backup、Restore、StopProtection、DeleteBackupData、CreateProtectionPolicy、DeleteProtectionPolicy、UpdateProtectionPolicy
 
-EventSource
ルールによってモニタリングするイベント ソース名となります。Azure Backup のソースは ”Administrative” となります。
 
– Level
サポートされる値は、Informational、Error です。操作が失敗した場合のアラートには Error を使用し、ジョブが成功した場合のアラートには Informational を使用します。
 
– Location
対象のバックアップ コンテナの場所を指定します。手順 2 の実行結果から "Location" をご確認ください。
 
– Name
アラート ルールの名前を指定します。
 
– OperationName
バックアップのアラートを作成するには "Microsoft.Backup/backupVault/Backup" の形式で指定します。
 
-Operator
指定したルールの条件を実行する際の比較演算子を指定できます。バックアップが失敗した際にアラートを通知するには、GreaterThanOrEqual をご指定ください。以下 4 つの値があります。
(GreaterThan | GreaterThanOrEqual | LessThan | LessThanOrEqual)
 
– ResourceGroup
操作がトリガーされるリソースの ResourceGroup です。手順 2 の実行結果から "ResourceGroupName" をご確認ください。
 
– ResourceId
手順 2 の実行結果から "ResourceId" をご確認ください。
 
– ResourceProvider
リソース プロバイダーの値を指定します。”Microsoft.Backup” は Azure Backup に使用されるリソース プロバイダーとなります。
 
– RuleType
イベント ベースのバックアップ アラートであるため、Event を指定します。
 
– Status
サポートされる値は、Started、Succeeded、および Failed です。失敗時のアラートを設定するには "Failed" を指定ください。Status に Succeeded を指定する場合、Level には Informational を指定してください。
 
– SubStatus
バックアップ操作の Status と同じです。
 
-Threshold
アラートが通知されるまでのしきい値です。
 
– Description
アラート ルールの説明を指定します。
 
– CustomEmails
アラート通知を送信するカスタム電子メール アドレスを指定します。
 
– SendToServiceOwners
このオプションを指定すると、サブスクリプションの管理者と共同管理者全員にアラート通知を送信します。
 
-WindowSize  “時間:分:秒 (00:05:00)” (最短は 5 分です)
オプションを追加する事で、アラートの確認頻度を指定出来ます。運用に合わせて設定の変更をご検討ください。 
 

– アラートの確認手順
——————————————————————–
1.以下のコマンドを実行して、アラート対象のバックアップ コンテナのリソース グループ名を確認します。
 
実行コマンド: Get-AzureRmResource | Where-Object { $_.ResourceName -eq "バックアップ コンテナ名" } 
 
– 実行例
———————————————————-
PS C:\Users\taseko.000> Get-AzureRmResource | Where-Object { $_.ResourceName -eq "EAST-US-TEST1" }
 
Name              : EAST-US-TEST1
ResourceId        : /subscriptions/0d8ad84b-f76a-40f7-a159-1095089*****/resourceGroups/RecoveryServices-*****ZBYRTB6YDWNPCPY5Z5PJH3GAKHOGSLYZXAELCN74LBJRL5Q-East-US/providers/microsoft.backup/BackupVault/EAST-US-TEST1
ResourceName      : EAST-US-TEST1
ResourceType      : microsoft.backup/BackupVault
ResourceGroupName : RecoveryServices-*****ZBYRTB6YDWNPCPY5Z5PJH3GAKHOGSLYZXAELCN74LBJRL5Q-East-US
Location          : eastus
SubscriptionId    : 0d8ad84b-f76a-40f7-a159-1095089*****
 
 
2.以下のコマンドで対象のリソース グループ名に関連付けられているアラートを
   確認出来ます。
 
実行コマンド: Get-AlertRule -ResourceGroup <リソース グループ名>
 
– 実行例
———————————————————-
PS C:\Users\taseko.000> Get-AlertRule -ResourceGroup RecoveryServices–*****ZBYRTB6YDWNPCPY5Z5PJH3GAKHOGSLYZXAELCN74LBJRL5Q-East-US
 
Properties : Microsoft.Azure.Management.Insights.Models.Rule
Tags       : {[$type, Microsoft.WindowsAzure.Management.Common.Storage.CasePreservedDictionary, Microsoft.WindowsAzure.Management.Common.Storage], [hidden-link:/subscriptions/0d8ad84b-f76a-40f7-a159-1095089*****/resourceGroups/RecoveryServices-*****TB6YDWNPCPY5Z5PJH3GAKHOGSLYZXAELCN74LBJRL5Q-East-US/, Resource]}
Id         : /subscriptions/0d8ad84b-f76a-40f7-a159-1095089*****/resourceGroups/RecoveryServices-*****ZBYRTB6YDWNPCPY5Z5PJH3GAKHOGSLYZXAELCN74LBJRL5Q-East-US/providers/microsoft.insights/alertrules/TestCase
Location   : eastus
Name       : TestCase
 
 
詳細な内容を確認するには “-DetailedOutput” オプションを指定して実行してください。
 
実行コマンド: Get-AlertRule -ResourceGroup <リソース グループ名> -DetailedOutput
 
 
– アラートの削除手順
——————————————————————–
以下のコマンドを実行して、対象のアラートを削除します。
 
実行コマンド: Remove-AlertRule -Name <アラート名> -ResourceGroup <リソース グループ名>
 
– 実行例
———————————————————-
PS C:\Users\taseko.000> Remove-AlertRule -Name TestCase -ResourceGroup RecoveryServices-*****ZBYRTB6YDWNPCPY5Z5PJH3GAKHOGSLYZXAELCN74LBJRL5Q-East-US
 
RequestId                            StatusCode
———                            ———-
*****abe-6c0d-44a7-98ea-93f5fb152690         OK