Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Azure Backup に失敗する (0x1D4C2)

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの世古です。

今回は Azure Backup を構成し、初めてバックアップを取得する際に、バックアップの取得に失敗する事例についてご紹介いたします。

1.バックアップに失敗した際には、GUI 上に以下の様なイベントが記録されます。

2.次にイベント ビューアーより "CloudBackup" のイベントを確認します。

ログの名前:         CloudBackup
ソース:           CloudBackup
日付:            2016/02/27 1:00:05
イベント ID:       11

3.中央ペイン下部より "詳細" タブをクリックして、EventData の内容を確認します。

– EventData StopInfo
StopInfo <?xml version="1.0"?> <CBJob><JobId>060f2660-e41a-413c-a955-b6ed089a2895</JobId>
<JobType>Backup</JobType><JobStatus><JobState>Aborted</JobState><StartFileTime>13100976
0052990143</StartFileTime><EndFileTime>131009760053180108</EndFileTime><FailedFileLog>
</FailedFileLog><ErrorInfo><ErrorCode>120002</ErrorCode><DetailedErrorCode>-2147024773
</DetailedErrorCode><ErrorParamList/></ErrorInfo><DatasourceStatus><CBDatasourceStatus>
<JobState>Aborted</JobState><LastCompletedJobState>Initializing</LastCompletedJobState>
<ErrorInfo><ErrorCode>120002</ErrorCode><DetailedErrorCode>-2147024773</DetailedErrorCode>
<ErrorParamList/></ErrorInfo><Datasource><DataSourceId>2026778163991805067</DataSourceId>
<DataSourceName>C:\</DataSourceName></Datasource><ByteProgress><Total>0</Total><Changed>
0</Changed><Progress>0</Progress><Failed>0</Failed></ByteProgress><FileProgress><CurrentFile>
</CurrentFile><Total>0</Total><Changed>0</Changed><Progress>0</Progress><Failed>0</Failed>
</FileProgress></CBDatasourceStatus><CBDatasourceStatus><JobState>Aborted</JobState>
  :
  :
  :
</CBJob>

4.以下のレジストリ キーを確認します。

HLKM\Software\Microsoft \Windows Azure Backup\Config
  キー: ScratchLocation

HLKM\Software\Microsoft \Windows Azure Backup\Config\CloudBackupProvider
  キー: ScratchLocation

問題が発生する環境においては、レジストリ キーの値のパスに余分な "\" が付与されております。

例:  F:\MARSAgent\Scratch\\Scratch
 

5.上記確認の結果、本問題に該当している場合には、不要な "\" を削除して変更します。本作業は手順 4 で確認したレジストリ キー両方ともの値を変更します。

例:  F:\MARSAgent\Scratch\Scratch

6.レジストリ キーの設定を反映させる為に Azure Backup エージェントのサービスを再起動します。管理者権限で起動したコマンド プロンプトより以下のコマンドを実行します。

  net stop obengine
  net start obengine

7.再度バックアップを実行し、バックアップが正常に終了するか確認します。

[参考情報]
上記状況をログ等の情報から確認するには、CBEngine ログより詳細動作を確認します。

ログの既定パス: C:\Program Files\Microsoft Azure Recovery Services Agent\Temp
上記パスはエージェントのインストール フォルダによって変更されます。

現象が発生した時間帯付近のログを展開し、以下の様なログが記録されているか確認します。尚、ログ内のタイム スタンプは GMT (標準時) で記録される為、日本標準時で確認するには +9 時間となります。

– CBEngine ログ
3380 6D6C 02/26 16:00:05.388 18 dsmfsenumerator.cpp(150) [000000001A36E370] 060F2660-E41A-413C-A955-B6ED089A2895 WARNING Failed: Hr: = [0x8007007b] : FindFirstFile failed For Dir:\\?\F:\MARSAgent\Scratch\\Scratch\*
3380 6D6C 02/26 16:00:05.388 18 fsutils.cpp(2409)  060F2660-E41A-413C-A955-B6ED089A2895 WARNING Failed: Hr: = [0x8007007b] : FindFirstFile failed for Path [\\?\F:\MARSAgent\Scratch\\Scratch\], FileSpec [*]