Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

StartComponentCleanup タスクによる、不要な更新プログラムの削除について

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの頂です。

今回は、StartComponentCleanup タスクによる不要な更新プログラムの削除ついてご紹介したいと思います。

WinSxS フォルダーのクリーンアップについて
—————————————————–
これまでの Windows では、更新プログラムのインストールを行うと、そのたびに WinSxS フォルダーに古い更新プログラムが残存することとなり、ディスクのリソースを圧迫していました。
それを改善するべく、Windows 8 、Windows Server 2012 以降、新しい更新プログラムによって置き換えられたモジュールで、かつ現在利用されていないファイルやドライバーについて自動的に削除する機能を用意いたしました。
その機能については、メンテナンス関連のタスクである、StartComponentCleanup タスクによって実行されます。

WinSxS フォルダーのクリーンアップ
https://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/Dn251565.aspx

WinSxS フォルダーのクリーンアップが実行されたことによる事象について
—————————————————–
システムで利用するディスク領域を削減することができる便利な機能ですが、同機能によって過去の適用済み更新プログラムが一覧から削除されるため、更新プログラムを管理頂く上で、以下のようなお問い合わせを頂くことがございます。

・ 突然更新プログラムの一覧から古い更新プログラムがなくなった。
・ 同一構成のサーバーなのに、表示される更新プログラムの一覧に差異がある。

StartComponentCleanup タスクが実行されたか確認する方法について
—————————————————–
StartComponentCleanup タスクによって、古い更新プログラムが削除されたことを確認するには、セットアップ イベント ログに以下の記載が無いかご確認ください。

 

StartComponentCleanup タスクに関する良く頂くご質問
—————————————————–
Q. 適用された更新プログラムの数が減ったことでセキュリティなどに影響はあるのか?

A. 影響はございません。

    ・ より新しい更新プログラムによって、置き換えられたことで、不要な更新プログラムと判断された後に削除されますので、セキュリティへの影響はございません。
    ・ ディスク上から更新プログラムが削除されますので、ディスクの空き領域が増えます。

Q. 不要な更新プログラムが削除された後は何か対処する必要はあるのか?

A. 対処は特にありません。
  
     ・ 削除された更新プログラムを再度適用しようとすると、より新しい更新プログラムが適用されており、適用不要なため以下のエラーが表示されます。