Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows Server 2012 R2 (KB3000850 適用済) 英語環境への日本語言語パック追加について

こんにちは、Windows プラットフォーム サポートの頂です。 今回は、Windows Server 2012 R2 (KB3000850 適用済) のメディアでインストールを行った英語 OS 環境へ日本語言語パックをメディアなどから追加する手順をご紹介いたします。 Windows Server 2012 R2 (KB3000850 適用済) のメディアでインストールを行った環境に対して、日本語言語パックをメディアなどから追加した直後に、グループ ポリシー エディター (Gpedit.msc) を起動すると、以下のような複数の admx ファイルに関するエラーが表示されることを確認いたしております。 本ブログではエラーが表示されないように構築する手順をご紹介いたします。 – 詳細 上記のエラーは、システムに含まれます admx ファイルと言語パックによって追加された adml ファイルの不整合による事象となります。 このエラーは、adml のバージョンが admx よりも古く、admx ファイル内の定義が、adml ファイル内で見つけられなかったことを示しています。 admx、adml ファイルは、共に管理用テンプレートを構成するファイルですが、それぞれ以下の役割を持っています。 • admx ファイルには、グループ ポリシー管理コンソール (GPMC) またはローカル グループ ポリシー エディターに表示されるカテゴリの構造および管理テンプレートのポリシー設定が定義されています。 • adml ファイルは言語リソースファイルです。言語に依存する、GPMC またはローカル グループ… Read more

Windows Server 2012 R2 および Windows 8.1 以降のネットワーク レベル認証の動作について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの今入です。 今回は、Windows Server 2012 R2, Windows 8.1 以降における、リモート デスクトップ接続の挙動について、よくお問い合わせ頂くご質問と一緒にご説明します。 なお、本記事の内容については、IP アドレス指定でのリモート デスクトップ接続を想定しております。 ホスト名指定での接続は、動作が異なりますので、ご注意ください。 ご質問内容は以下の通りです。 以下の環境で、リモート デスクトップ接続時に、ユーザーのパスワード変更ができなくなりました。 原因と回避策について教えてください。 <環境> [接続元] OS: Windows Server 2012 R2[接続先] OS: Windows Server 2012 R2 [システムのプロパティ] にて、[ネットワーク レベル認証でリモート デスクトップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する (推奨) ] のチェックを外している。 (ネットワーク レベル認証が強制されていない) 接続に使用するユーザーは、[ユーザーは次回ログオン時にパスワード変更が必要] にチェックがついている。 接続先サーバーへは、IP アドレス指定で、接続を行っている。 1. 事象 ご質問内容の通り、[ネットワーク レベル認証でリモート デスクトップを実行しているコンピューターからのみ接続を許可する] のチェックボックスを外すのみでは、以下の表の “NO” と示された接続元・接続先 OS の組み合わせでは、リモート デスクトップ接続でのパスワード変更… Read more

クラスター調査に必要な情報収集について

こんにちは。 平素は弊社製品をご愛顧いただき誠にありがとうございます。  運用を頂いておりますお客様のクラスター環境は問題無く動作しておりますでしょうか。高可用性を謳うフェールオーバー クラスター製品ですが、長く運用を頂く中で外部的な要因も含め、クラスターが障害を検知したりフェールオーバーが発生する場合もあるかと存じます。 障害調査依頼として弊社にお問い合わせを頂く場合、お伺いした現象や障害に対して調査の為の情報取得をお願いすることがあります。この記事では初期調査を行なううえで最低限必要になる情報をご案内します( 実際の調査ではその過程においてあらためて現象の確認や追加情報のお願いをさせていただく場合があります。お手数をお掛けする事となりますが何卒、ご理解と共にご協力を頂けますようよろしくお願い申し上げます)。一般的にフェールオーバー クラスターの調査では部分的なエラー情報だけではなく構成や動作を確認する必要がありますので、以下 (a)~(f) の様な情報が必要になります。またフェールオーバー クラスターは複数の Windows サーバーが連携して動作しますので、情報採取はクラスターを構成する全てのノードが対象になります。実機からのログ情報採取とは別に、確認いただいた発生障害と状況についても是非、お教えください (障害対応の現場は修羅場同然でそれどころではないと思いますが、後から思い出せる範囲でも結構です。現場で実際に目で観て頂いた情報は何よりも重要であることが多くあります)。 情報保存を頂きたい情報 ◆ Windows OS の情報 (a) システム情報 (msinfo32.exe) : 全ノードで採取(b) イベント ログ情報 Evtx+CSV形式 (eventvwr.exe) : 全ノードで採取(c) ネットワーク情報 (ipconfig.exe) : 全ノードで採取 ◆ フェールオーバー クラスターの情報 (d) クラスター診断ログ (cluster.exe/Get-ClusterLog) : 全ノードで採取 … ※(e) クラスター リソースとグループの情報 (cluster.exe/Get-Cluster)  : 1台のノードで採取(f) クラスター ハイブ (reg.exe) : 1台のノードで採取 ※ クラスター診断ログはサイズ固定の循環ログですので、時間が経過することにより古いログから上書きされてしまいます。障害が発生した後は可能な限り速やかに保存と回収をお願いします。… Read more