Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows Server 2008 以降のフェールオーバー クラスターにおけるクラスター グループの設定変更について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。

今回はクラスター グループに関する注意事項についてご紹介します。

1. クラスター グループとは

クラスター グループはクラスター コア リソースと呼ばれるクラスターの構成を管理するための重要なリソースを含むグループです。
クラスター コア リソースとは、クラスター名を表すクラスター名オブジェクト (CNO) 、クラスター情報へのアクセスするための IP アドレス、クォーラム構成用のディスク監視の 3 つのリソースを指します。

クラスター グループはクラスター自身の管理をする特別なグループのため、通常のクラスター化されたアプリケーションのグループとは役割が異なります。
そのため、Windows Server 2003 以前では、ほかのクラスター化されたアプリケーションと同じツリーの配下に配置され GUI から容易に変更が可能でしたが、Windows Server 2008 以降は、GUI のクラスターの概要のペインに移動され、操作が制限されるようになりました。
※ Windows Server 2008 / 2008 R2 では GUI からのクラスター グループの移動やリソースの追加、設定変更ができなくなりましたが、Windows Server 2012 以降では移動のみ GUI から実施可能になりました。

クラスター コア リソースを含むクラスター グループのデフォルトのグループ名は Windows Server 2008 R2 までは "Cluster Group" で Windows Server 2012 以降は "クラスター グループ" です。
以下ご紹介のコマンド (コマンドレット) でクラスター グループを構成するリソースのリストを表示できますので、クラスター コア リソースのグループ名を確認してください。

 □ Windows Server 2008 R2 以前の OS
  クラスターを構成するノードでコマンドプロンプトで以下コマンドを実行
       > cluster group
  
 □ Windows Server 2012 以降の OS
  クラスターを構成するノードでPowerShell で以下のコマンドレットを実行
       > Get-ClusterGroup

2. クラスター グループの設定変更について

このクラスター グループに他のアプリケーションを追加したり、クラスター グループやクラスター コア リソースの設定値 (依存関係や優先所有者など) を既定の設定から変更することは推奨されておりません。

クラスター グループについては、以下のような文書が公開されております。

  文書番号: 168948
  [タイトル] クラスタ グループについての情報
  https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/168948

  — 抜粋 —
  Cluster Group は、クラスタ管理のみに関連し、コア リソースと見なされるリソースのみを含みます。他のリソースをグループに追加すると、そのクラスタの管理能力が低下することがあります。
  ————

上記の技術情報 (KB) は対象が Windows Server 2003 とありますが、Windows Server 2008 以降においてもクラスター グループに他のアプリケーションを追加したり、クラスター グループやクラスター コア リソースの設定値を既定の設定から変更することは非推奨となります。
以下、クラスター グループに対しての設定変更で起き得る問題について紹介させていただきます。

1. クラスター グループに新たにリソースを追加した際には、新たに追加したリソースの影響によって予期せぬフェールオーバーが発生したり、フェールオーバーが失敗したりする等、想定されていない挙動を示すことがあり、クラスター自身の管理能力が低下する可能性がございます。

2. クラスター グループの設定値を既定値から変更した場合につきましても、想定されない挙動を示す場合がございます。過去、いただきましたお問い合わせでは、クラスター グループに対して優先所有者が設定されていたため、優先所有者が設定されたクラスター ノードが起動してくるまでクラスター サービスが開始できない、という事象が発生していたケースもございました。

3. また、クラスター コア リソースのひとつであるクォーラム構成で使用するディスク監視 (Witness Disk) につきましては、ディスク監視以外の用途で使用してディスク容量がひっ迫した場合にクラスターの管理情報が失われ、クラスターが正しく機能しなくなる可能性があります。

上述のように、クラスターの予期せぬ挙動が発生し、場合によっては業務継続に影響が出る可能性がございますので、クラスター グループおよびクラスター グループに含まれるクラスター コア リソースの設定変更及び推奨設定以外の設定につきましては実施しないことを推奨しております。

<参考情報>
 [タイトル] クラスタ グループについての情報
 https://support.microsoft.com/ja-jp/kb/168948
 [タイトル] Windows Server 2012 フェールオーバー クラスターでクォーラムを構成および管理する
https://technet.microsoft.com/ja-jp/library/JJ612870.aspx#BKMK_witness