Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows Server 2012 R2 または Windows 8.1 の環境で KMS ホストを構築する際に電話認証ができない

こんにちは!Windows プラットフォーム サポートの河野 (コウノ) です。

Windows Server 2012 R2 または Windows 8.1 の環境で KMS ホストを構築した場合、

 

電話でライセンス認証を行う際、以下の事象が報告されております。

 

 

slui.exe 4 コマンドで電話によるライセンス認証のウィザード画面を表示させようとしても、

 

[電話による Windows のライセンス認証はできません] とのメッセージが表示され、

 

電話によるライセンス認証のウィザード画面は表示されません。

 

 

この場合、以下のコマンドによる電話認証の手順をお試しください。

 

————————————————

1. コマンド プロンプトを管理者権限で開きます。

 

2. 以下のコマンドを実行し、OS のインストール ID を確認します。

   cscript %WinDir%\system32\slmgr.vbs /dlv

 

※ この後の手順でインストール ID を使用します。

   メモ帳などのテキスト エディターにコピーし、

   以下のように 6 桁毎に区切っておいていただくことをお勧めいたします。

 

(例)

xxxxxx-xxxxxx-xxxxxx-xxxxxx-xxxxxx-xxxxxx-xxxxxx-xxxxxx-xxxxxx

 

3. マイクロソフトのライセンス認証窓口 (0120-801-734) に電話をかけていただき、

   電話の音声ガイダンスに従って、手順 2 で確認したインストール ID を

   電話機で入力します。

 

4. 電話の音声ガイダンスに従って操作し、OS 認証用の確認 ID を書き留めます。

 

※ この後の手順で確認 ID (48 桁) を使用します。

   いったん、メモ帳などのテキスト エディターに入力しておいていただく

   ことをお勧めいたします。6 桁毎の区切り文字は不要です。

 

(例)

xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

 

5. 以下のコマンドを実行し、指定した確認 ID を使用して

    ライセンス認証を行います。

 

   cscript %WinDir%\system32\slmgr.vbs /atp <確認 ID>

 

※ <確認 ID> には、手順 4 で取得した確認 ID を入力します。

 

(例)

cscript %WinDir%\system32\slmgr.vbs /atp xxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxxx

 

上記コマンドが正しく実行されると、確認 ID が正常に登録された旨の

メッセージが表示されます。

 

6. 以下のコマンドを実行し、KMS ホスト キーが正しくインストールされ、

   ライセンス認証されているかどうかを確認します。

 

   "ライセンスの状態" が "ライセンスされています" と表示されていれば

   問題ございません。

 

  cscript %WinDir%\system32\slmgr.vbs /dlv

 

————————————————