Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

ボリュームの空き領域が減少したため対策を取る方法について

2018.09.25 追記

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの小池です。

長く運用しているサーバーでは 「ボリュームの空き領域が減少したため、空き領域を増やしたい」 というお問い合わせをいただくことがあります。
空き領域を増やすためには、一般的には以下の 2 つの方法があります。

方法 (1) ボリューム サイズを拡張する
方法 (2) ボリューム内の不要ファイルを削除して、空き領域を作り出す

今回は 方法 (1) について、Windows Server 2008 以降の OS を対象としてボリュームを拡張する方法をご案内いたします。
なお、方法 (2) については、ディスク クリーンアップ ツールを用いて不要ファイルを削除する方法が安全で有効です。こちらは別途公開情報がございますので、こちらをご確認ください。

– 公開情報
“ディスク クリーンアップ ツールについて”
https://blogs.technet.microsoft.com/askcorejp/2018/02/08/diskcleanup/

■ ボリューム拡張が可能な場合とそうでない場合について

.
拡張が可能なボリュームは、ディスク上に未割り当ての領域が連続 (隣接) している必要があります。

図1.


 

例えば上の図1. の場合では、ボリューム E: に連続する未割り当て領域があるため拡張が可能です。
しかしながら、ボリューム C: はディスク上に未割り当ての領域があるものの、連続していないため拡張することができません。
.

図2.
.

 

上の図2. の場合では、ボリューム E: や F: を拡張しようとした場合でも、当然ながら空き領域がないため拡張することができません。

■ ボリュームの拡張手順 例

.
図1. のようにボリュームが拡張可能である場合、以下の手順で拡張を行うことが一般的です。

// ボリュームの拡張手順

1. “ディスクの管理” 画面を起動します。
2. 拡張したいボリュームを右クリックし、[ボリュームの拡張] をクリックします。
3. ボリュームの拡張ウィザードが起動します。ウィザードに沿って拡張を行います。
4. [完了] をクリックするとボリュームが拡張されます。

– 公開情報
“Extend a Volume”
https://docs.microsoft.com/en-us/previous-versions/windows/it-pro/windows-server-2008-R2-and-2008/cc771939(v=ws.11)

では図2. の状況でボリューム E: を拡張したい場合はどうすればよいでしょうか。
この場合は、ボリューム F: を削除して未割り当て領域を強引に作成しなければ、ボリューム E: を拡張することができません。
図2. を例に、以下に手順をご説明いたします。

// 未割り当て領域の作成とボリュームの拡張手順

1. “ディスクの管理” 画面を起動します。
2. ボリューム E: とは別のディスク上に十分な空きがあるボリューム Z: があります。
….まずはボリューム F: の必要なデータを Z: に移動します。
3. ボリューム F: を右クリックし、メニューから [ボリュームの削除] をクリックします。
….全てのデータが削除されるメッセージが表示されます。問題なければ [はい] をクリックして先に進みます。
4. ボリュームの削除が完了すると、以下のようにボリューム E: の連続する領域に未割り当て領域が表示されます。

5. ボリューム E: を右クリックし、[ボリュームの拡張] をクリックします。
6. ボリュームの拡張ウィザードが起動します。ウィザードに沿って拡張を行います。
7. [完了] をクリックするとボリュームが拡張されます。

以上でボリュームの拡張の対応は完了です。

■ よくあるお問い合わせ “ディスクの管理上のボリュームサイズとエクスプローラー上でのボリュームサイズが一致しない” について

.
通常、ボリュームの拡張を行うと、パーティションの拡張、および、ファイル システムの拡張が同時に行われますが、まれにファイル システムの拡張に失敗し、パーティション サイズとファイル システムが別の値になることがあります。この場合、ディスクの管理の画面上はサイズが拡張されているのに対して、エクスプローラーから参照するとボリュームの容量が増えていない状況となり、使用可能な領域は増えておりません。
このような場合には、ファイル システムをパーティションのサイズまで手動で拡張する必要があります。ファイル システムの拡張は diskpart ユーティリティから実施します。

// ファイル システムの拡張方法

1. 管理者権限でコマンド プロンプトを起動します。
2. diskpart を起動します。
3. ボリュームをリストします。

…..DISKPART> list volume

4. ボリュームを選択します。
(X には 3. で確認したボリューム番号を指定します。)

…..DISKPART> select volume X

5. ファイル システムを拡張します。

…..DISKPART> extend filesystem

6. diskpart を終了します。

…..DISKPART> exit

補足) システムへの影響について
ボリューム拡張作業、およびファイル システム拡張作業は、システムの再起動、サービスの再起動を伴いません。負荷も少ないため、システムへの影響はほとんどなく、実績の多い作業です。

– 公開情報
“Extend”
http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc770938(WS.10).aspx

■ ボリュームの最大サイズについて

.
ボリュームの拡張にも限界があります。
はじめにそのボリュームを作成した際に、”アロケーション ユニット サイズ” を選択しているかと思います。このサイズによって、拡張できる最大のボリューム サイズが決定されます。

つまり、アロケーション ユニット サイズが 4 KB のボリュームの場合は、ボリュームは拡張できても 16 TB が最大ということになります。現在のアロケーション ユニット サイズは、以下のコマンドを実行することで確認が可能です。

> fsutil fsinfo ntfsinfo <ドライブ レター>

コマンド実行の例)
——————————————————————
C:\Users\Administrator>fsutil fsinfo ntfsinfo E:
<<中略>>
クラスターあたりのバイト数 : 4096
——————————————————————
※ “クラスター当たりのバイト数” の項目がアロケーション ユニットサイズです。この例では 4 KB です。

補足) アロケーション ユニット サイズに関する注意点
一度決定したアロケーション ユニット サイズは、後から変更することはできません。変更したい場合は、ボリュームをフォーマットして再作成いただくことになります。
将来的に 100 TB などの大容量のボリュームの運用を行う予定がある場合は、ボリュームの作成時に最適なアロケーション ユニット サイズをあらかじめご選択ください。
逆に、16 TB よりも大きいサイズへ拡張する予定のないボリュームについては、ディスク領域の有効利用のため、アロケーション ユニット サイズは “既定値” もしくは “4 KB” をご選択いただくことを推奨します。

■ 参考) ボリュームの縮小について

.
ボリュームは拡張が可能な一方で、縮小も可能です。

// ボリュームの縮小手順

1. “ディスクの管理” 画面を起動します。
2. 縮小したいボリュームを右クリックし、[ボリュームの縮小] をクリックします。
3. ボリュームの縮小画面が起動します。縮小可能なサイズが計算・表示されます。
4. [縮小] をクリックするとボリュームが縮小されます。

– 公開情報
“Shrink a basic volume”
https://docs.microsoft.com/en-us/windows-server/storage/disk-management/shrink-a-basic-volume

今回はボリュームの拡張についてご紹介させていただきましたが、いかがでしたでしょうか。
本ブログが少しでも皆様のお役に立てますと幸いです。