Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

クラスターの共有ボリュームの物理ディスクの交換について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。

本日は、クラスターの共有ボリューム (CSV) の物理ディスクを交換した際に、クラスター側で実施する作業についてご紹介します。

 

Windows Server 2008 以降のクラスターでは、ディスク リソースの物理ディスクを交換した際には、フェールオーバー クラスター マネージャーを使用して [修復] を実施しクラスター側でも新しいディスクへ交換を実施する必要がございます。

詳細につきましては下記の技術情報をご覧ください。

 

参考

Windows Server 2008 フェールオーバー クラスターにおけるディスク障害の対処方法

http://technet.microsoft.com/ja-jp/ee942177.aspx

 

しかしながら、クラスターの共有ボリューム (CSV) として使用されているディスク リソースは、そのままでは [修復] のメニューが表示されず、修復を実施することができません。

そのため、修復時には当該ディスク リソースをクラスターの共有ボリューム (CSV) から削除していただき、通常のディスク リソースに変更したあと [修復] を実施する必要がございます。

下記に手順をご案内します。
※ ディスク内のデータのバックアップと復元については、別途実施していただく必要がございます。

 

手順

Windows Server 2008 R2

——————————

a) フェールオーバー クラスター マネージャー を起動します。

b) 左ペインのツリーを展開し [クラスターの共有ボリューム] で当該ディスク リソースを右クリックし、[クラスターの共有ボリュームから削除] をクリックし実行します。

c) [確認] ウィンドウで [はい] をクリックして削除を実行します。

d) クラスターの共有ボリューム (CSV) から削除されたディスクリソースは、[記憶域] [使用可能な記憶域] 移動します。

e) [使用可能な記憶域] に移動したディスク リソースを右クリックし、[その他のアクション] – [修復] をクリックします。

修復を実行するには、当該リソースのステータスが [失敗] もしくは [オフライン] となっている必要があります。

f) クラスターに組み込まれていない、利用可能なディスク (交換した新しいディスク) 一覧が表示されるため、適切なディスクを選び [OK] をクリックします。

g) 正しく更新された事を示すポップアップが上がりますので、 [OK] をクリックします。

h) ディスク リソースをオンラインにします。

i) フェールオーバー クラスター マネージャー [クラスターの共有ボリューム] を右クリックし [記憶域の追加] をクリックします。

j) 先ほど修復したディスク リソースを選び [OK] をクリックします。

——————————

 

 

Windows Server 2012Windows Server 2012 R2

——————————

a) フェールオーバー クラスター マネージャー を起動します。

b) 左ペインのツリーを展開し [記憶域] – [ディスク] から当該ディスク リソースを右クリックし、[クラスターの共有ボリュームから削除] をクリックし実行します。

c) 確認のウィンドウで [はい] をクリックして削除を実行します。

d) クラスターの共有ボリューム (CSV) から削除されたディスクリソースの [適用先] [使用可能記憶域] に変わります。

e) 当該ディスク リソースを右クリックし、[その他のアクション] – [修復] をクリックします。

修復を実行するには、当該リソースのステータスが [失敗] もしくは [オフライン] となっている必要があります。

f) クラスターに組み込まれていない、利用可能なディスク (交換した新しいディスク) 一覧が表示されるため、適切なディスクを選び [OK] をクリックします。

g) 正しく更新された事を示すポップアップが上がりますので、 [OK] をクリックします。

h) ディスク リソースをオンラインにします。

i) 当該ディスク リソースを右クリックし、[クラスターの共有ボリュームへの追加] をクリックし実行します。

——————————

 

 

なお CSV ボリュームのパス名 (Volume1Volume2) は、当該ディスク リソースのレジストリに保存されているため、当該ディスク リソースを CSV に再追加した際には、同じパス名で登録されます。復旧後、念のため同じパスに追加されていることをご確認ください。

ディスク リソースを修復しても本レジストリ値は消えません。

ディスク リソース自体を削除してしまうと、レジストリ値も消えますのでご注意ください。