Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

MSFC と SCVMM の関係および新機能について

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの世古です。

 

日々のサポート業務の中で、お問い合わせを頂く内容についてご紹介します。

 

今日は Windows Server 2012 における MSFC(Microsoft Failover Clustering)と SCVMM(System Center Virtual Machine Manager) の関係および新機能についてご紹介します。今までクラスターの管理を MSFC で実施していた方には、是非 SCVMM も併せて活用し、日々の業務を円滑に進めていただければ幸いです。

 

System Center 2012 Virtual Machine Manager では、今までのSystem Center Virtual Machine Manager 2008 R2 、MSFC の機能では出来なかった、「クラスターからスタンドアロン コンピューターへのバーチャル マシンのライブマイグレーション」や「クラスターからクラスターへのバーチャル マシンのライブ マイグレーション」を実行する事ができます。そのため SCVMM を使用するにあたり以下のメリットがあります。

 

•柔軟性の向上

新機能によって複数のホストやクラスターにまたがるバーチャル マシンの移動が簡易化されます。 したがって、動的なデータセンターをより簡単に管理できます。

 

•容易なメンテナンス

ライブ マイグレーションによって、スタンドアロン ホストやクラスター ホストをメンテナンスや移行のためにオフラインにする必要が少なくなり、ダウンタイムを減らすことができます。 移行とメンテナンスを同時に実行できるので、ライブ マイグレーションに必要な時間によっては移行のタイムフレームを短縮できます。 さらに、Hyper-V モビリティの計画プロセスも簡易化されます。

 

•ハードウェア使用率の向上

インフラストラクチャ全体にわたるバーチャル マシンの配分を最適化できます。 可用性を中断せずにバーチャル マシンと記憶域を余剰能力のあるスタンドアロン サーバーやクラスターに移動できます。 バーチャル マシンを別のホストに移動して、必要のないホストの電源を切断することにより消費電力を節約できます。

 

•Windows Server 2012 の機能

System Center 2012 SP1 の VMM (Virtual Machine Manager) では、Windows Server 2012 リリースで新しく追加されたフェールオーバー クラスタリング機能を利用できます。 これにはバーチャル マシンを別のクラスター ノードに移行するための新しい API や、ダウンタイムなしでフェールオーバー クラスターとの間でバーチャル マシンを移行できるようにする接続/接続解除機能の改善が含まれます。

 

– バーチャル マシンのライブ マイグレーションのサポート

次の表は、バーチャル マシンのライブ マイグレーションのサポート マトリックスをまとめたものです。

 

ソース

移行先

 

移行先: スタンドアロン

移行先: クラスター ノード

移行元: スタンドアロン

サポートしています。

サポートしています。

移行元: クラスター ノード

サポートしています。

サポートしています。

移行元と移行先は同じクラスター内であっても異なるクラスターに存在していても構いません。

 

その他、バーチャル マシン記憶域の移行につきましては、以下の URL をご参考ください。

 

バーチャル マシンと記憶域の移行の概要:

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/jj628158.aspx

 

– 補足: SCVMM について

Virtual Machine Manager (VMM) は、仮想化されたデータ センター向けの管理ソリューションです。バーチャル マシンおよびサービスを作成してプライベート クラウドに展開することを目的として、仮想化ホスト、ネットワーク リソースと記憶域リソースを構成および管理する機能が備わっています。

 

以下参考情報となりますので併せてご参照ください。

 

<参考情報>

・Virtual Machine Manager:

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/gg610610.aspx

 

・VMM での Hyper-V ホスト クラスターの作成の概要

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/gg610576.aspx