Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows Server 2008 R2 の NFS サーバー上で公開している所有者情報やグループ情報を変更する方法

こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの江田です。

 

今回は、 Windows Server 2008 R2 を NFS サーバーとして使用している環境において、公開されているフォルダやファイルの所有者情報やグループ情報を NFS サーバーである Windows  側から変更する方法について紹介したいと思います。

 

通常、 Windows 側から所有者情報を変更するには、該当のファイルもしくはフォルダのプロパティより、[セキュリティ] -[詳細設定]-[所有者] より変更することが可能です。また、プライマリ グループについては、 NFS クライアントの UNIX (Linux) 側より、 chown コマンドや chgrp コマンドなどで変更することになります。 しかしながら、nfsfile.exe コマンドを使用することで、  Windows 側からプライマリ グループの確認や変更をおこなうことができます!

nfsfile.exe はNFS サーバーを構築すると自動で使用が可能になります。また、 所有者情報も確認や変更をすることができます。

 

なお、変更するユーザーやグループは、 UID / GID にマッピングしていなくても変更自体は実施できますが、 NFS クライアント側で識別できないユーザーやグループとなりますのでマッピングされている Windows ユーザーをご指定ください。

実際に変更してみましょう。

 1) NFS 公開しているディレクトリに移動し現在のファイルの設定を確認します。

    c:\>cd c:\nfs-share

    c:\nfs-share>nfsfile *
     ‘*’ の処理を開始します…

     W -rwxrwxrwx <0777>  W2K8R2SP1-1\Administrator  W2K8R2SP1-1\None  c:\nfs-share\1

     W -rw-r–r– <0644>  W2K8R2SP1-1\Administrator  W2K8R2SP1-1\None  c:\nfs-share\2

     W -rw-r–r– <0644>  W2K8R2SP1-1\Administrator  W2K8R2SP1-1\None  c:\nfs-share\3

     3 個のファイルが正常に処理されました。0 個のファイルを処理できませんでした

 

 2) ファイル 1 の所有者をユーザー test に変更してみましょう。

    c:\nfs-share>nfsfile /r wu=test /cw 1
    ‘1’ の処理を開始します…

    1 個のファイルが正常に処理されました。0 個のファイルを処理できませんでした

 

 3) 変更を確認します。

   c:\nfs-share>nfsfile *
   ‘*’ の処理を開始します…

   W -rwxrwxrwx <0777>  W2K8R2SP1-1\test  W2K8R2SP1-1\None  c:\nfs-share\1
   W -rw-r–r– <0644>  W2K8R2SP1-1\Administrator  W2K8R2SP1-1\None  c:\nfs-share\2
   W -rw-r–r– <0644>  W2K8R2SP1-1\Administrator  W2K8R2SP1-1\None  c:\nfs-share\3

   3 個のファイルが正常に処理されました。0 個のファイルを処理できませんでした

 

 4) 次にファイル 1 のプライマリ グループを administrators に変更してみましょう。

   c:\nfs-share>nfsfile /r wg=administrators /cw 1
   ‘1’ の処理を開始します…

   1 個のファイルが正常に処理されました。0 個のファイルを処理できませんでした

 

 5) 変更を確認します。

 

   c:\nfs-share>nfsfile *
   ‘*’ の処理を開始します…

   W -rwxrwxrwx <0777>  W2K8R2SP1-1\test  BUILTIN\Administrators  c:\nfs-share\1
   W -rw-r–r– <0644>  W2K8R2SP1-1\Administrator  W2K8R2SP1-1\None  c:\nfs-share\2
   W -rw-r–r– <0644>  W2K8R2SP1-1\Administrator  W2K8R2SP1-1\None  c:\nfs-share\3

   3 個のファイルが正常に処理されました。0 個のファイルを処理できませんでした

 

いかがでしたでしょうか。

今後、 NFS サーバー側での設定や確認が必要な場合にご使用していただければ幸いです。

 

– nfsfile コマンドの詳細については以下を参照ください。

NFS Account Mapping in Windows Server 2008 R2
http://www.microsoft.com/en-us/download/details.aspx?id=14205

 

– 特定の操作を行うことにより、 nfsfile.exe がクラッシュすることがございますので、あらかじめ以下を適用することを推奨します。

The command prompt crashes in Windows Server 2008 R2 or in Windows Storage Server 2008 R2 when Nfsfile.exe tries to set the GID of a folder
http://support.microsoft.com/kb/2626968