Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows Server 2012 リモート デスクトップ環境の構成について

2013/09/13 追記。 こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの横山です。 本日は、Windows Server 2012 リモート デスクトップ環境の構成に関するコマンドをご紹介いたします。 Windows Server 2012 リモート デスクトップ環境では、RDMS (Remote Desktop Management Service) を利用してリモート デスクトップ サービス関連の設定の変更を行います。 しかしながら、RDMS は "リモート デスクトップ サービスのインストール" を使用してリモート デスクトップ サービスのインストールを行わない限り、インストールされません。また、"リモート デスクトップ サービスのインストール" は、非ドメイン環境では実行できず、ドメイン環境でのみ実行可能であり、ドメイン環境であってもドメイン コントローラー単一では、"リモート デスクトップ サービスのインストール" が実行できません。 その為、ドメイン コントローラーや WORKGROUP 環境の Windows Server 2012 にリモート デスクトップ セッション ホストの各種設定を行うには、WMI コマンドの利用やレジストリの編集が必要です。 ※ ドメイン コントローラーへの "リモート デスクトップ サービスのインストール"… Read more

Hyper-V のクラスター構成における、仮想マシンの設定変更における注意事項

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの加藤です。   本日は、Hyper-V のクラスター構成の環境で、仮想マシンの設定変更における注意事項についてお伝えします。 通常、仮想マシンの設定変更は、Hyper-V マネージャーから実施しますが、クラスター環境では、フェールオーバー クラスター マネージャーから、設定を変更する必要があります。Hyper-V マネージャーから変更をした場合、変更後の情報がクラスターに伝わらず、Hyper-V の仮想マシンの保持する情報と、クラスターの仮想マシン構成リソースの情報に矛盾が発生し、以下のような事象が発生する場合があります。   ・事象 1. クイック マイグレーションやライブ マイグレーションが失敗する。 マイグレーション失敗時には、以下のようなエラーが記録されます。   ソース:VMSMPイベント ID:32イベント種類:エラーイベント内容スイッチ '<スイッチ名>' のポート '<ポート名>' へ NIC '<NICのID>' を接続できませんでした。状態 = C000003A" ソース:Microsoft-Windows-Hyper-V-High-Availabilityイベント ID:21502イベント種類:エラーイベント内容'<仮想マシン名>' は開始できませんでした。  '<仮想マシン名>' は復元できませんでした。(仮想マシン ID  <仮想マシン ID>)  '<仮想マシン名>' Microsoft Synthetic Ethernet Port (インスタンス ID {<インスタンス ID>}): 復元できませんでした。エラー: '指定されたパスが見つかりません。' (0x80070003)。(仮想マシン ID <仮想マシン ID>)  '<仮想マシン名':… Read more

Windows 8 または Windows Server 2012 へ .NET Framework 3.5 をインストールする方法

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの服部です。 Windows 8 または Windows Server 2012 環境で、.NET Framework 3.5 をインストールする際の注意事項などをお伝えしたいと思います。 以降、特に明記が無い限り「Windows 8」を適宜「Windows Server 2012」 に読み替えてください。 まず、Windows 8 環境で、.NET Framework 3.5 をインストールするには、大きく 2 つの方法があります。 1 つ目は、コントロール パネルで Windows の機能の有効化または無効化 を実行して .NET Framework 3.5 の有効化を実施する方法です。 この場合のインストールには、Windows Update サイトに接続可能なインターネット環境が必要です。 具体的な手順は以下のサイトをご参照ください。 Windows 8 への .NET Framework 3.5 のインストール http://msdn.microsoft.com/ja-jp/library/vstudio/hh506443.aspx 2 つ目は、Windows のインストール メディアを使用して .NET Framework 3.5 を有効にする方法です。… Read more

Windows Server Backup からのリストア後に使用されるドライバについて

Windows テクノロジー サポートの奥原です。 今回は、Windows Server 2008 や Windows Server 2008 R2 環境のリストアとドライバについて、ご説明したいと思います。 Windows PE や Windows RE (OS のセットアップメディアなど) からリストアを行う際に、ストレージデバイスや NIC のドライバを追加する場合があるかと思いますが、ドライバの追加に関して以下の注意点があります。 ・Windows PE / Windows RE で使用するドライバについて ・リストア後に使用されるドライバについて   Windows PE / Windows RE で使用するドライバについて —————————————————- Windows PE / Windows RE で、ドライバの追加を行っても該当デバイスが使用できない場合があります。 この現象は、ドライバの追加 (ドライバのインストール) 処理によって、ドライバのロードは行われますが、該当のデバイスが Windows PE / Windows RE に対応していないため、インストール処理が実行されないことによって発生していることがあります。 これは、Windows PE /… Read more

仮想ディスク サービス (VDS) について

こんにちは。日本マイクロソフトの松岡です。 今回は Windows OS に実装されている、仮想ディスク サービス (VDS) についてご紹介します。   仮想ディスク サービス (VDS) について =================================================== VDS はディスクの構成、管理を行うための、統一されたインターフェイスを提供するためのサービスです。 VDS は COM ベースの API を公開していますので、アプリケーションやスクリプトは COM インターフェイスを呼び出し、ディスクの作成やフォーマット、あるいはハードウェア RAID アダプターを管理することができます。 例えば、Diskpart コマンドや [ディスクの管理] MMC スナップインは、VDS API ベースのプログラムとなります。 これにより、ユーザーは、異なるベンダーのストレージ デバイスを、同一のユーザー インターフェイス経由で管理することができます。 VDS はソフトウェア プロバイダーとハードウェア プロバイダーという 2 種類のインターフェイスを公開しています。     ソフトウェア プロバイダーについて ————————————– ソフトウェア プロバイダーは、ボリューム、ディスク、ディスク パーティションなどへのインターフェイスを実装しています。 これらのインターフェイスは、例えば、ボリュームの作成、拡張、削除機能、または、ミラーの追加 / 解除、ボリュームのフォーマットやドライブ文字の割り当て機能などを提供します。 Windows Server… Read more