Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Windows Server 2012,Windows Server 2012 R2 及び Windows Server 2016 の Windows Server Backup において、 mmc.exe がクラッシュする

こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの江田です。
今回は、Windows Server 2012,Windows Server 2012 R2 及び Windows Server 2016 の標準バックアップ機能である Windows Server バックアップで発生するエラーについて、対応方法をご紹介します。

Windows Server バックアップ (以下 WSB) の GUI 画面から、完了 (警告あり) となっているバックアップの詳細を表示しようとすると、以下のエラーが発生することがあります。

 

 

本問題は、WSB の GUI 画面で警告の詳細を表示しようとした際に、内部関数にて情報を表示するための処理の過程で null になることへの考慮が漏れていたことが原因となります。

弊社にて確認ができている事例としては、以下の様な情報を表示させようとした際に発生していることが確認できております。

 

——
X:\ のバックアップで列挙中にエラーが発生しました: エラー [0x80070003] 指定されたパスが見つかりません。
:
アプリケーションのバックアップ
ライター Id: {66841CD4-6DED-4F4B-8F17-FD23F8DDC3DE}
コンポーネント: 2DA9CB7E-9A65-4327-85AD-A1CD05B2CFB3
キャプション     : Backup Using Child Partition Snapshot\XXX-XXXXX
論理パス:
エラー           : 8078010D
エラー メッセージ   : ファイルを列挙できませんでした。

エラーの詳細  : 80070003
詳細なエラー メッセージ : (null)
——

本現象が発生した場合、C:\Windows\Logs\WindowsServerBackup\ 配下の Backup_Error-dd-mm-yyyy_hh–mm–ss.log という形式で保存されているログをメモ帳等で直接開くことで、警告の詳細を確認することができます。
お手数となりますが、必要に応じて、上記の方法にてご確認をお願いいたします。