Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

フェールオーバー クラスターのクラスター ログについて

# 2012/12/7  Windows Server 2008 R2 環境の KB2525380 の情報を追記しました。

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの戸田です。

今回は Windows Server 2008 以降の WSFC のクラスター ログについて補足します。

以下の記事のとおり Windows Server 2008 以降の WSFC では、Windows Server 2003 MSCS とはクラスター ログ記録の仕組みが変わっています。

WSFC: クラスタ ログはどこ?
http://blogs.technet.com/b/askcorejp/archive/2009/04/20/windows-server-2008-failover-clustering.aspx

Windows Server 2003 MSCS までは各ノード上のクラスター サービスが %SystemRoot%\Cluster\Cluster.log (規定値) へ直接テキスト ファイルで出力していましたが、Windows Server 2008 以降のクラスター ログの記録は Event Tracing for Windows (ETW) を使用するようになり、全てのクラスター 関連 ログは “Microsoft-Windows-FailoverClustering” という名前のプロバイダを介して行われています。

 Microsoft Cluster Server のクラスタ ログ機能を有効にする方法
 http://support.microsoft.com/kb/168801/ja

 [MSDN] Event Tracing
 http://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb968803(VS.85).aspx

ここで出力されるログ ファイルは etl 形式のバイナリ ログ ファイルとなり、%SystemRoot%\System32\winevt\logs 以下に 3 世代分が保存されています。 以下の説明では .etl ファイルと記述します。 (以下は Windows Server 2008 R2 の表示例です。拡張子は .001 などの数字になっています)。

この .etl ファイルは循環ログと定義されており、ログ記録量があらかじめ設定された上限を超えると、過去のログを上書きして記録を継続します。そのため、クラスター上で問題が発生した場合は可能な限り、速やかにクラスター ログを保存いただくことで問題解決に有効な情報を残すことができる可能性が高くなる点は MSCS と同様です。また 3 つの .etl ファイルは OS の再起動のタイミングで世代が切り替わり、4 回の OS の再起動が行われると一巡して再利用されます。

 

クラスター ログ サイズを大きく設定するには

クラスター ログのサイズは既定値で 100 MB ですが、これは ETW によって生成される .etl ファイル のサイズですので、Cluster.exe log /g コマンドにてダンプされたテキスト ファイル (Cluster.log) はこれとは異なるファイル サイズとなります。また、保存可能な記録量 (何日分のログか保存されているか) は、クラスターの動作状況 (障害発生時には記録量が多くなります) や構成によって異なる (ノード数やリソース数が多いほど、記録されるログの量は多くなる傾向にあります) 為、実際の環境でご確認を頂く必要があります。現在、ご利用を頂いているクラスター環境で Cluster.log を出力頂き、普段どれくらいの記録が保存されているかについてご確認されることをおすすめいたします (Cluster.log の記録はGMT 時刻で出力されています。 +9 時間することで JST 時刻に読み替えることが出来ます)。

クラスター ログのサイズ変更はコマンド プロンプトから管理者権限で以下のコマンドを実行することで、ログ サイズを拡張することができます。

cluster /prop ClusterLogSize=<設定サイズ(MB)>

例:300 MB にする場合
cluster /prop ClusterLogSize=300

このコマンドは 1 台のノードで実行することにより、クラスター全体に反映されます。また、現在の値は「cluster /prop」のコマンドで ClusterLogSize の値を確認出来ます。

 

クラスター ログの記録が抜ける?

Cluster.exe log /g コマンドでテキスト形式にダンプされた Cluster.log はこれら 3 世代の .etl ファイルをマージして出力したものとなります。このとき .etl ファイル内で循環によって上書きされてしまったログ記録は既に存在しないため、出力された (3世代分の) Cluster.log には空白の期間がある様に見えます。

具体例としては、以下のようなイメージになります。
ここでは説明をシンプルにするために、1 月から 12 月までの間に OS 再起動を 3 回 ( 1 月、3 月末、7 月末) 行った場合の例として、各 .etl ファイルの世代が切り替わる状況と長期間のログが保存される .etl ファイルでは循環が行われた状況を考えます。

  •  1 世代目の .etl ファイル : 1 月~ 3 月まで使用されています。
    • この間、ログの循環は発生しなかったものとします。
    • 1 月 ~ 3 月 までの記録が残されています。
  •  2 世代目の .etl ファイル : 4 月~ 7 月まで使用されています。
    • この間、ログが循環し 4 月分のログは上書きされて消えてしまいました。
    • 5 月 ~ 7 月 までの記録が残されています。
  •  3 世代目の .etl ファイル : 8 月~ 12 月まで使用されています。
    • この間、ログが循環し 8 月分のログは上書きされて消えてしまいました。
    •  9 月 ~ 12 月 までの記録が残されています。

これらの .etl データをマージして、テキスト形式のクラスター ログをダンプすると、 1 月~ 3 月、 5 月~ 7 月、 9 月~ 12 月の記録が残され、4 月、8 月の記録のない Cluster.log が出力されることになります。

クラスター ログに関する不具合について

クラスター ログはデバッグ ログとしての色合いが強く、その記録に対する解説や解析方法について公開情報は殆ど無いため、通常あまりログを目にされることはないかもしれませんが、クラスター ログ内の日本語文字列が表示されない問題が報告されています。Windows Server 2008 SP1、SP2 環境では 977432 で、Windows Server 2008 R2 環境では SP1 適用によって改善されます。

Double-byte character set (DBCS) characters are not written to the cluster log on a computer that is running a localized version of Windows Server 2008
http://support.microsoft.com/kb/977432/en-us

また、ログ時刻がずれて記録される問題が報告されています。

The time stamps in the Cluster log are less accurate compared to the system time that is used for events on a failover cluster node that is running a non-English version of Windows Server 2008
http://support.microsoft.com/kb/975665/en-us

Windows Server 2008 と Windows Server 2008 R2 環境ではクラスター ログの出力時にメモリ不足のエラーが出力されることがあります。これは ETW ログをテキストに変換する際に使用する作業用バッファを必要以上に確保しようとするため、メモリ不足が発生しログの生成が失敗する問題となります。
クラスター ログ サイズの拡張を行っており、大量のメモリを確保するミドルウェアが動作する環境で発生しやすいとの報告があります。

Windows Server 2008 環境の問題
You receive the “out of memory” error message when you try to export to circular files in Windows Server 2008 or in Windows Vista 
http://support.microsoft.com/kb/2257986/en-us

Windows Server 2008 R2 環境の問題
“Out of memory” error when you export to circular files in Windows 7 or in Windows Server 2008 R2
http://support.microsoft.com/kb/2525380/en-us

状況や必要に応じて上記修正についての適用をご検討いただければと思います。