Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Microsoft iSCSI Software Target を使ってみよう

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの吉井です。
 

今日は、以下の Microsoft iSCSI Software Target を使用して簡単な SAN 環境を構築する手順をご紹介しようと思います。

Microsoft iSCSI Software Target を利用すると、専用のストレージ ハードウェアを使わずに iSCSI 環境のテストやクラスターの共有ストレージ環境を構築したりできます。また、仮想環境での利用も可能で、仮想環境で何か検証をしてみたい場合などにも使えて便利です。
無償のツールですので、是非皆さんも使ってみてください。

Microsoft iSCSI Software Target 3.3
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=45105d7f-8c6c-4666-a305-c8189062a0d0

  

今回作る環境について

今回は以下のような 2 台のマシンを使った環境を構築します。

ホスト名

IP アドレス

用途

OS

Target

192.168.0.1

iSCSI ターゲット (接続先)

Windows Server 2008 R2

WS08R2

192.168.0.2

iSCSI イニシエーター (接続元)

Windows Server 2008 R2

以下、具体的な手順をご紹介します。

 

1. Microsoft iSCSI Software Target をインストールする (ターゲット側の作業です)

下記のサイトから Microsoft iSCSI Software Target をダウンロードします。

Microsoft iSCSI Software Target 3.3
http://www.microsoft.com/downloads/ja-jp/details.aspx?FamilyID=45105d7f-8c6c-4666-a305-c8189062a0d0
 
ダウンロードした iSCSITargetQFE4.exe を実行すると、展開ウィザードが起動し、ファイルが C:\iSCSTarget に展開されます。(展開先は指定可能です。)
C:\iSCSTarget\x64 フォルダに iSCSItarget_public.msi がありますので、これをダブルクリックします。インストール ウィザードが起動しますので、インストールを行います。なお、x86 の OS にインストールする場合はフォルダが異なりますので、ご注意ください。
インストール ウィザード自体は特に難しくなく、すべてデフォルト値でも問題ありません。
インストール ウィザードが正常に完了すると、[スタート] – [管理ツール] – [Microsoft iSCSI Software Target] から設定画面を起動することができるようになります。

 

2. iSCSI イニシエーターの IQN (iSCSI Qualified Name) を確認する (イニシエーター側の作業です)

iSCSI では、ターゲットやイニシエーターを識別する情報として IQN (iSCSI Qualified Name) という情報があります。
ターゲットの構成時に、イニシエーターの IQN が必要ですので、イニシエーターの IQN を調べてみましょう。(※ ターゲット側ではなく、イニシエーター側での確認です。)

IQN は iSCSI イニシエーターの画面で確認できます。

 [スタート] – [管理ツール] – [iSCSI イニシエーター] を起動し、[構成] タブを確認します。

 

IQN の確認結果

ホスト名

IQN

WS08R2

iqn.1991-05.com.microsoft:ws08r2

 

補足 1:
イニシエーターの初回起動時には以下のようなポップアップが出力されますので、[はい] を押してください。サービスの起動種類が自動的に変更されます。

 


補足 2:
iSCSI イニシエーターは Windows Vista/Windows Server 2008 以降の OS では OS 標準で搭載されています。
それ以前の OS 用は弊社ダウンロード センターから入手できます。

Microsoft iSCSI Software Initiator Version 2.08
http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?displaylang=en&id=18986


補足 3:
iSCSItarget_public.msi と同一のフォルダに iSCSItargetClient_public.msi というファイルもありますが、これは VSS、VDS のハードウェア プロバイダーなどが含まれます。
これらの機能を使わない場合にはインストールは必須ではありません。(本稿の内容でもインストールの必要はありません。)

 

3. ターゲットを作成する (ターゲット側の作業です)

Microsoft iSCSI Software Target は複数のターゲットを持つことができます。今回サンプルとして、SampleTarget という名称のターゲットを作成します。

[スタート] – [管理ツール] – [Microsoft iSCSI Software Target] を起動し、[iSCSI ターゲット] を右クリックして、[iSCSI ターゲットの作成] を選択します。

 

ウィザードが起動しますので、ターゲット名を入力します。

 

このターゲットに接続を許可するイニシエーターの IQN 名を指定します。手順 2 で調べた値を入力してください。なお、画面に記載されているとおり、IQN 以外にも IP アドレスなどで指定することも可能です。 また、手入力以外に、リストから選択することも可能です。(※ 以下の「参考」もご参照ください。)

 

完了すると以下の画面になります

 

参考 : IQN を手入力しない方法
Microsoft iSCSI Software Target では、最近接続のあったイニシエーターの IQN を記憶しています。上記 IQN 指定の際に [参照] を押すとそのリストから選択することもできます。
そのため、イニシエーター側で以下の手順 5 を先に実施しておくと、以下の画面のようにリストから選択することができます。(ただし、その時点ではターゲット側はまだ未構成ですので、イニシエーターからのログオンは失敗します。あくまで IQN を記憶させるだけの目的になります。)

 

 

4. 仮想ハードディスクを作成、構成する (ターゲット側の作業です)

ターゲットが持つ仮想ハードディスクを作成します。ここで作成したディスクをイニシエーター側で使用することになります。

手順 3 で作成したターゲット名を右クリックし、仮想ディスクの作成ウィザードを起動します。

 

仮想ハードディスクのファイルのパスを入力します。

 

サイズを指定します。今回は 10GB (= 10,240 MB) を指定しています。

 

 

ウィザードを完了すると、以下のようにターゲット配下のディスクが作成されます。

 

5. iSCSI イニシエーターからログオンする  (イニシエーター側の作業です)

最後に、イニシエーター側からターゲットにログオンを行います。ログオンに成功すると、イニシエーター側でディスクが利用できるようになります。

iSCSI イニシエーターを起動し、”ターゲット” タブのクイック接続欄に、ターゲットの IP アドレス (または DNS 名) を入力します。

 

“クイック接続” を押すと以下のように接続が完了します。

 

参考 : “クイック接続” とは
クイック接続とは、「ターゲットの探索」、「接続 (ログオン)」、「ログオン時の “お気に入りのターゲット” への登録」 という一連の作業を自動で行う作業です。
探索を手動で行うには、イニシエーターの [探索] タブで [ポータルの探索] を押し、ターゲットのアドレスを入力します。探索の結果見つかったターゲットにログオンするには、[ターゲット] タブで、[検出されたターゲット] 欄からターゲットを選択し、[接続] を押すことで実施できます。また、お気に入りのターゲットへ登録するには、[接続] 時に “この接続をお気に入りのターゲットの一覧に追加する” をチェックすることで行えます。
なお、”お気に入りのターゲット” とは OS の再起動時に自動で接続を行うターゲットのことを意味します。つまり、再起動後にも自動的にディスクが使える状態になります。

 

上記でログオンは完了です。

[スタート] – [管理ツール] – [コンピューターの管理] を起動し、[ディスクの管理] を確認すると、新しいディスクが追加されていることが確認できます。
後は、このディスクに対して、初期化、オンライン、ボリュームの作成、フォーマットを行い、自由にご利用ください。

 

 ***

 

以上、Microsoft iSCSI Software Target の使い方をご紹介しました。

 

他にもさまざまな使い方がありますので、是非以下のユーザーズ ガイドもご参照ください。

iSCSI Initiator Users Guide for Windows 7 and Windows Server 2008 R2
http://www.microsoft.com/download/en/details.aspx?displaylang=en&id=6408