Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

コンピュータ名に "-SCVMM-" が含まれるサーバーに SCVMM をインストールすると、エラー 257 にてインストールが出来ない

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの田辺です。   前回に続き SCVMM (System Center Virtual Machine Manager) で、いただく質問についてご紹介させていただきます。 タイトルのままとなりますが、SCVMM をインストールするサーバーのコンピュータ名に大文字で “-SCVMM-” (“” は除く) が含まれている場合に、インストールがエラー 257 で失敗します。 例えば TEST-SCVMM-1 のような場合が該当します。   – 回避方法について この現象は、内部的な処理の中で “-SCVMM-” という文字列を使用しているために、コンピュータ名で “-SCVMM-” が含まれている場合にエラーとなります。 そのため 回避策といたしましては、大文字で “-SCVMM-” が含まれるコンピュータ名を設定しないように運用回避いただくほかございません。 ご不便をおかけしますが、SCVMM をインストールされるサーバーのコンピュータ名には、“-SCVMM-” を含めずに構築いただきますようお願いいたします。   この問題につきましては、SCVMM 2008 及び SCVMM 2008 R2 共に発生します。 また、この問題について現在技術情報 (KB) での公開をさせていただきましたので、併せてご参照くださいますようお願いいたします。   Installation of System Center Virtual… Read more

DPM が Windows Server 2008 上で稼働している場合に適用いただきたい修正プログラムについて

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの石井です。   本日は、DPM サーバーが Windows Server 2008 OS 上で動作している場合に適用いただきたい修正プログラムをご案内いたします。   Dynamic disks are marked as “Invalid” on a computer that is running Windows Server 2008 or Windows Vista when you bring the disks online, take the disks offline, or restart the computer if Data Protection Manager is installed 英語版 : http://support.microsoft.com/kb/962975/en-us 日本語機械翻訳版 :… Read more

SCVMM 2008 R2 の修正プログラム ロールアップパッケージ (2010 年 2 月)

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの田辺です。 連続となりますが、SCVMM (System Center Virtual Machine Manager) についてのご紹介です。   ご紹介が遅くなりましたが、SCVMM 2008 R2 の修正プログラム ロールアップパッケージが 2010 年 2 月にリリースされております。 こちらの修正プログラムにつきましては、Microsoft Update から適用可能となりますので、現在の環境にてお困りの問題がある場合、技術情報に記載されている Issue の項と合致しているかご確認いただき、適用いただく事をお奨めいたします。   技術情報のウェブ サイトは以下となります。   Description of the System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 hotfix rollup package: February 9, 2010 http://support.microsoft.com/kb/978560/en-us   尚、この修正プログラムを適用いただく際に、VMM の管理コンソールが起動しているような場合には、再起動が必要になります。 また、この修正プログラムは以前に紹介させていただきました 2009 年 11 月の Rollup… Read more

ホスト クラスタの過剰コミット状態について

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの田辺です。 今回は SCVMM 2008 R2 (System Center Virtual Machine Manager 2008 R2) で、頻繁にいただく質問についてご紹介させていただきます。   SCVMM 2008 R2 を使用してライブ マイグレーション構成を構築しているホスト クラスタを管理している際に、管理コンソール上のホスト クラスタ名のところに 「!」 が表示される場合があります。 通常は、どちらかのノードがメンテナンス モードになっていたり、通信が遮断されているなどで管理ができなくなっているような場合に表示されますが、そうでない場合には、それはクラスタが “過剰コミット” の状態となっている可能性が考えられます。   “過剰コミット“ と “ノード障害” の数に関しては、以下のサイトでも紹介させていただいておりますので、併せてご参照下さい。 高可用性の計画 http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc764243.aspx             SCVMM 2008 R2 では、必要に応じて、各ホスト クラスタにクラスタ予約を構成して、ホスト クラスタで展開したすべてのバーチャル マシンをサポートしながら、クラスタが維持できるノード障害の数を指定することができます。予約数の変更や状態の確認は、クラスタ ホストのプロパティで行います。          … Read more

DPM 2007 で使用しているテープ装置の交換について

こんにちは。 Windows テクノロジー サポートの服部です。   今回は DPM 2007 を使用して、テープへの保護設定を実施いただいている皆様へ、 テープ装置の交換についてお話したいと思います。   テープ装置の交換について DPM 2007 でテープ装置を使用している環境において、テープ装置を交換した場合や新しく追加した場合 DPM 2007 ではどのような作業が必要になるのか以下にご紹介します。   -テープ装置の交換 DPM 2007 ですでに保護グループが作成されておりテープへの保護が実施されている環境を想定しています。 まずは、テープ装置について確認するため DPM の管理コンソールから “ライブラリ” タブを開きます。 表示されているテープ装置を使用して現状は保護を実施しています。       テープ装置をもう一台準備してテープ装置を交換した場合(ここでは以前のテープ装置は物理的に外しております)、 DPM では操作ペインから“再スキャン”を実行することで新規に接続したテープ装置を読み込みます。 画面に新規に接続したテープ装置が表示されない場合は上記作業とあわせて“更新”を実行してください。 “ライブラリ”タブでは以前のテープ装置がオフライン表示となり、新規に接続したテープ装置が表示されます。 テープ装置内に挿入されたテープ情報を認識させるため”インベントリ”を実行してテープ情報を更新します。 以上がテープ装置の交換時に必要な基本作業です。       –保護設定の変更 保護設定の変更は、保護グループの変更ウィザードから行います。 新規に接続したテープ装置を変更ウィザード中の“ライブラリとテープの詳細の選択”で指定し、ウィザードを完了させます。 上記の設定変更により、保護グループで使用するテープ装置が変更され、継続してテープへの保護が可能となります。       -リストア時の注意点 以前に取得したバックアップが保存されたテープを予め新規に接続したテープ装置に入れ替えておきますと 詳細インベントリを実行することでテープに保存されたバックアップ情報を DPM が認識します。 これにより以前のテープ装置で実施したバックアップからも回復することが可能となります。… Read more

パフォーマンス カウンタをシステム起動時から自動的に開始する方法について (Windows Server 2008 / Windows Server 2008 R2)

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの横山です。   Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 で作成したパフォーマンス カウンタをシステム起動時から自動的に開始する方法を紹介します。   Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 のパフォーマンス モニタでは、Windows 2000 Server および Windows Server 2003 のパフォーマンス モニタの時と同じ手順で、パフォーマンス カウンタをシステム起動時に自動的に開始させる事は出来ません。   Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 においてシステム起動時に自動的にカウンタを開始するためには以下の 3 つを組み合わせて使用する必要があります。 a. logman.exe b. バッチ ファイル c. タスク スケジューラ  … Read more

ボリューム アクティベーション 2.0 – MAK ライセンス認証について

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの安達です。 Windows Vista および Windows Server 2008 から新しく導入されましたボリューム アクティベーション 2.0 のMAK ライセンス認証および VAMT ツールについてご紹介したいと思います。 同じくボリューム アクティベーション 2.0 の KMS ライセンス認証については、以下のブログで紹介させて頂いておりますのでよろしければ合わせてご確認ください。 ボリューム アクティベーション 2.0 – KMS ライセンス認証について コンテンツ MAK ライセンス認証について VAMT (Volume Activation Management Tool) について VAMT 1.1 による MAK プロダクト キーのライセンス認証可能な回数の確認 VAMT 1.2 および VAMT 2.0 Beta についての補足 まとめ MAK ライセンス認証について MAK (マルチプル… Read more

Process Monitor についての Tips

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの吉井です。 今日は弊社より提供している以下の Process Monitor ツールに関して、いくつかの Tips をご紹介しようと思います。    Process Monitor  http://technet.microsoft.com/ja-jp/sysinternals/bb896645.aspx   Process Monitor はファイル システム、レジストリ、プロセス、スレッド、およびネットワークの活動をリアルタイムで表示、記録する監視ツールです。 ファイル、レジストリに対するアクセスエラー発生箇所の特定や、書き換えを行ったプロセスの特定などが行える便利なツールでして、私たちも日常のトラブル シュートでよく利用しています。 非常に強力かつ汎用的なツールで、普通に使うだけでも重宝するのですが、以下により活用いただくために便利機能をいくつかご紹介させていただこうと思います。     Tip 1. システム起動時に情報を取る方法 システム起動時などで、Process Monitor の対面操作が間に合わない場合にも [Enable Boot Logging] オプションを利用することでシステム起動時のアクティビティを記録することができます。 起動の初期段階で発生する問題等の調査の場合にご利用ください。   – 使用手順 1. Procmon.exe を実行し、[Option] から [Enable Boot Logging] をクリックします。 2. [Process Monitor is configured to log activity during the… Read more