Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

ロールアップ パッケージ適用後の警告について

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの田辺です。   SCVMM (System Center Virtual Machine Manager) についてのご紹介です。   先日ご紹介いたしました、、SCVMM 2008 R2 の修正プログラム ロールアップ パッケージ(2010 年 2 月) 適用後の問題についてご紹介させていただきます。   Description of the System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 hotfix rollup package: February 9, 2010 http://support.microsoft.com/kb/978560/en-us   VMM R2 に前回ご紹介した修正プログラム ロールアップパッケージをインストールすると、「警告:状態アップデート可能」と表示される場合がございます。 これは、仮想化サーバーやSQLデータベース サーバー等にインストールされているエージェントとのバージョンの不整合が発生するためです。 その場合にはVMM サーバー上で以下の手順を実行します。   1. Virtual Machine Manager 管理コンソールを開きます… Read more

Sysprep 中に任意のコマンドを実行する方法について

本記事の最新版をフォーラムにて紹介しております。 記事の改訂が含まれる場合がございますので、フォーラムの情報を参照してください。 フォーラムへのリンク こんにちは。Windows テクノロジー サポートの安達です。 Sysprep 実施中に任意のコマンドを実行する方法についてご紹介したいと思います。 なお、本日ご紹介させていただきますコマンドの実行方法についてはWindows Vista 以降の OS に付属の Sysprep を対象とした内容となります。 Sysprep はシステム準備ツールと呼ばれ、主にマスタ用に構築した環境を複数の端末に展開する場合に SID 等のシステム固有のデータを初期化するために使用されるツールです。 Sysprep は様々な設定を初期化し、クリーンアップ処理を行います。 それらの設定は Sysprep 実行時に指定可能な応答ファイルを用いる事で設定可能な項目もありますが、応答ファイルで用意されていない設定や個別のカスタマイズを行いたい場合は、Sysprep 中に特定のタイミングでコマンドを実行し、設定する方法があります。 Sysprep 中に任意のコマンドを実行する一般的な方法としては、以下の 3 つがあります。 SetupComplete.cmd を利用する方法 応答ファイルの <RunSynchronousCommand> を利用する方法 応答ファイルの <FirstLogonCommands> を利用する方法 上記 3 つの方法は実行されるタイミングや設定方法がそれぞれ異なりますので、個別にご紹介していきます。 1. SetupComplete.cmd を利用する方法 SetupComplete.cmd を利用する事で Sysprep 完了後、ログオン直前のタイミングで任意のコマンドを実行させる事が可能です。なお、SetupComplete.cmd は SYSTEM 権限で実行されます。 – メリット 応答ファイルを別途用意する必要がなく手軽に利用する事が可能。 セットアップが完了しているため、システムが通常の状態にあり、ユーザーがログオンする前に処理を行う事ができる。 –… Read more

System Center Data Protection Manager 2010 リリースについて

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの服部です。 System Center Data Protection Manager (DPM) の最新バージョン “System Center Data Protection Manager 2010” の製品提供を 2010 年 6 月 1 日より開始しますのでお知らせいたします。 製品の概要は以下のリンクをご参照いただければと思いますが、いくつかの新しい機能が追加されておりますので本ブログでもご紹介したいと思います。   Data Protection Manager 2010 概要 http://www.microsoft.com/japan/systemcenter/dpm/products/2010-overview.mspx   主な新機能はこちらです。   1.Exchange Server ・Exchange Server 2010 バージョンまでサポート   2.SQL Server ・SQL Server 2008 R2 バージョンまでサポート ・新規追加された SQL データベースの自動保護 ・1 台の DPM サーバーで… Read more

SCVMM 境界ネットワーク ホストの追加とシングル サインオン接続について

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの安達です。 System Center Virtual Machine Manager (SCVMM) 2008 での境界ネットワーク上にある Hyper-V ホストの追加手順および追加した Hyper-V ホスト上にあるゲスト OS にシングル サインオンを行う方法について紹介したいと思います。 SCVMM 2008 では、以下の 3 種類の Hyper-V ホストの管理が可能となっております。 Active Directory ドメイン サービス (AD DS) のドメインにあるWindows Server ベースのホスト 境界ネットワークにある Windows Server ベースのホスト 運用環境内にある VMware ESX Server ホスト 今回は、上記 2. の境界ネットワーク上にある Hyper-V ホストをSCVMM 上に登録する方法についてご紹介します。 今回ご紹介する境界ネットワークのホストの追加を利用するとSCVMM サーバとは異なるセグメントかつワークグループ環境のHyper-V ホストについても SCVMM から管理する事が可能となります。 ただし、その場合は… Read more

NTFS ボリューム上で新規ファイルが作成できない現象について

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの新川です。 Windows Server 2003 上でシステム リソースは全く枯渇していないのに、STATUS_INSUFFICIENT_RESOURCES (0x c000009a) を示す以下などのエラーが発生してファイルの新規作成やコピーができないというお問い合わせをいただく事があります。   ・必要な記憶域をサーバーで確保できません ・リソースが不足しているため要求されたサービスを完了できません   上記エラーは $Secure の肥大化が原因である場合があります。今回は $Secure の肥大化によって発生する本事象について、NTFS の仕組みからじっくりとお話しします。 STATUS_INSUFFICIENT_RESOURCESエラーと NTFS の関係 Windows Vista より前の OS では、NTFS の特定領域 (ATTRIBUTE_LIST) をメモリのバッファ上に確保しようとした際に、バッファが確保できないと STATUS_INSUFFICIENT_RESOURCES エラーが返されます。これは、バッファが確保できない状況からリソース不足と考えて返しているのですが、実際にリソースが枯渇して十分なバッファを用意できない場合と、ATTRIBUTE_LIST の上限値 (256 KB) を超える処理が発生した場合に、先に行う ATTRIBUTE_LIST のバッファ確保の処理で、用意できる最大サイズのバッファでも足りないためにエラーが返される場合があります。   当然、これは十分なバッファを確保できない事が問題ではなく、ATTRIBUTE_LIST の上限値を超えた処理が行われた事が問題であり、Windows Vista 以降では、後者を区別できるよう別のエラー (STATUS_FILE_SYSTEM_LIMITATION) が返されるように動作が変更されています。以下の KB にもその内容や、処理のタイミングによっては他のエラーが返される可能性および、今回のお話にも大きく関連する ATTRIBUTE_LIST について書かれていますので、先にご案内させていただきます。   Article ID: 967351… Read more

DPM 2007 SP1 3 月のロールアップ修正パッケージ

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの服部です。   DPM 2007 SP1 の 3 月のロールアップ パッケージがリリースされましたので、お知らせいたします。 現在の環境にて、お困りの問題がある場合、”INTRODUCTION” 内の “This hotfix rollup resolves the following issues:” 以下をまずはご確認いただければと存じます。 これまでのロールアップパッケージと同様に今回も保護エージェントへのアップデート適用においてシステム再起動は不要となりますが、DPM サーバーの再起動が必須となっております。   技術情報のウェブサイトは以下です。 Description of the latest hotfix rollup package for System Center Data Protection Manager 2007: March 29, 2010http://support.microsoft.com/kb/979970/en-us     ダウンロードリンクは以下です。 System Center Data Protection Manager 2007 QFE Rolluphttp://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=775e1a23-825f-450a-9d71-6b8c951ea748&displaylang=en   注意事項:… Read more

Windows Server 2008 イベント ログに対するセキュリティ アクセス許可の変更について

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの服部です。 Windows Server 2008 でイベント ログを管理するためのセキュリティ アクセス許可の変更に関するお問い合わせを複数いただきましたので以下にご紹介したいと思います。 Windows Server 2003 では、以下の公開技術情報にもありますとおり“CustomSD” レジストリ値を編集する事により、イベント ログに対するセキュリティ アクセス許可をカスタマイズできます。 – ご参考Windows Server 2003 のイベント ログのセキュリティをローカルまたはグループ ポリシーで設定する方法 http://support.microsoft.com/kb/323076/ 結論としましては、Windows Server 2008 においても上記技術情報 323076 に記載されている、Windows Server 2003 と同様の手順でイベント ログのセキュリティ アクセス許可を変更することが可能です。 ただし、Windows Server 2008 では、既定で CustomSD レジストリ値は存在しませんので技術情報 323076 の方法をご利用の場合は、新たに CustomSD レジストリ値を作成する必要があります。 また、Windows Server 2008 では、OS 標準でイベント ログに関するコマンドユーティリティとして wevtutil コマンドが付属しており、wevtutil コマンドからもイベント ログに関するアクセス許可の変更が可能となっています。… Read more

2010 年 2 月末頃から、ターミナル ライセンス サーバーにて ID 17 の証明書破損のイベントが記録される。

※ NEW! 2010/6/21 追記:  本現象についての修正プログラムがリリースされました。 Windows Server 2003 SP2、Windows Server 2008、または Windows Server 2008 R2 では TS ライセンス サーバーまたは RD ライセンス サーバーのシステム ログにイベント ID 17 が記録される http://support.microsoft.com/kb/983385/ja 注意事項は以下となります。 1.        適用にあたっては、ライセンス サーバーの再起動が必要です。このため、再起動の間は新規クライアントからはターミナル サーバーへの接続が行えない状況となります。(既に接続済みのクライアントへの切断などはございません。) 従いまして、ユーザー様のアクセスが無い時間帯等に適用をスケジュールいただきますようお願いします。   2.        当該修正プログラム適用によって、自動的に証明書の期限を更新する動作となるわけではありません。ライセンスサーバーが証明書の異常を検知した場合、ライセンス サーバーの画面上でエラー: c0010020 のポップアップ メッセージが出てしまい、管理操作ができない状況が発生することがありますが、当該修正プログラムにより、本ブログにもご紹介しておりましたレジストリを自動で編集して回避し、操作可能な状態に修復します。   しかしながら、証明書自体は期限が切れているままですので、引き続き手動にて再アクティブ化行う必要があります。(自動接続での再アクティブ化であれば、再アクティブ化はものの数秒で完了します。)   Ø  KB 983385 より抜粋: この修正プログラムをインストールした後、イベント ID 46 を持つ警告イベントがイベント ログに記録されます。このイベントでは、管理者が TS ライセンスサーバーまたは RD ライセンス… Read more

KMS ライセンス認証 – プロダクト キー グループについて

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの安達です。 KMS ライセンス認証で使用されるボリューム ライセンス用プロダクト キーのプロダクト キー グループの考え方等についてご紹介したいと思います。 なお、本日ご紹介させていただきます内容については、特に明記が無い限りプラットフォーム (x86, x64, IA64) に依存しない内容としてご紹介しております。 また、KMS ライセンス認証そのものについての説明は、以下のブログで紹介させて頂いておりますのでよろしければ合わせてご確認ください。 ボリューム アクティベーション 2.0 – KMS ライセンス認証について コンテンツ プロダクト キー グループと KMS クライアントの関係 プロダクト キー グループと KMS ホストの関係 プロダクト キー グループの対応表 まとめ プロダクト キー グループと KMS クライアントの関係 KMS ライセンス認証は、KMS ホストと呼ばれる端末が KMS クライアントに対してライセンス認証を提供する構成となります。 KMS ライセンス認証用のボリューム ライセンス プロダクト キーはKMS ホストとして構成する端末にインストールするためのプロダクト キーとなりますが、プロダクト キーごとにライセンス認証可能な… Read more

Windows 7 における、既定のユーザー プロファイルのカスタマイズについて

こんにちは。Windows プラットフォーム サポートの丸山です。 本日は Windows 7 における、既定のユーザー プロファイルのカスタマイズについてお話しします。 Windows で既定のユーザープロファイルをカスタマイズする場合には、よく知られている方法として、以下の 2 つの方法がありました。 (1) カスタマイズしたプロファイルを、既定のユーザー プロファイルへコピーする (非サポート) (2) Sysprep を実行し、カスタマイズしたプロファイルを既定のユーザー プロファイルへコピーする (推奨) さまざまな理由により、現在では (2) の方法のみ、弊社でサポート可能な手順として推奨しています。 それぞれの手順がどういったものであるか、見てみましょう。 (1) カスタマイズしたプロファイルを、既定のユーザー プロファイルへコピーする (非サポート) 従来の Windows では、Administrator ユーザー アカウントのプロファイルにカスタマイズを行い、既定のユーザー プロファイルに上書きコピーすることで、既定のユーザー プロファイルのカスタマイズを行うことができました。 ただし、本来この方法は既定のユーザー プロファイルをカスタマイズすることを目的として提供されているものではなく、ローカル プロファイルを移動プロファイルとしてプロファイル サーバーへアップロードを行うために提供されているものです。 また、いくつかのプロファイル コピー ツールが公開されており、これらのツールを使用して、カスタマイズを行ったユーザー プロファイルを、既定のユーザー プロファイルに上書きすることで、カスタマイズを行うこともできました。 ※この手順は、弊社でも多くの技術情報を公開していましたが、現時点ではすべて公開を停止しています。 この手順は、古くから存在している方法で、Windows の実装が単純であった Windows NT 4 では期待通り動作していました。 しかしながら、Windows 2000 以降、Windows… Read more