Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

WSFC: クラスタ環境でのウィルス スキャンの除外設定について

  こんにちは、Windows テクノロジーサポートの高山です。   Windows Server 2008 のフェールオーバー クラスタ(WSFC) 環境において、 ウイルス対策ソフトウェアのスキャンの対象から除外すべきフォルダーについて ご案内いたします。   クラスタ環境においては、リソースの状態や、グループの構成などクラスタの 構成情報に変更があった場合は、速やかにクラスタ内のノードに対して、 情報の同期が行われます。   しかしながら、情報の同期が行われる際に、ウイルス対策ソフトウェアにより クラスタの構成情報を保持しているフォルダー内でスキャンが行われていると、 更新されるべきクラスタ関連のファイルがロックされ、クラスタサービスによる ファイルへの適切なアクセスが妨害される場合があります。   このような状況が発生した場合、ノード間の情報の同期が正常に行われないため、 異常が検知され、フェールオーバーが発生したり、クラスタサービスの起動に 失敗するなどの現象が発生いたします。   そのため、ご利用されているクラスタ環境のクォーラム構成のタイプに応じて、 クラスタの構成情報が保持されている以下のフォルダーに関しましては、 ウィルス スキャンの対象から除外されることを推奨いたします。     ・ノードおよびディスクマジョリティの環境の場合 ======================================== – 各ノードの C:\Windows\Cluster フォルダー – 監視ディスクの Cluster フォルダー     ・ノードおよびファイル共有マジョリティの環境の場合 ======================================== – 各ノードの C:\Windows\Cluster フォルダー – 監視用ファイル共有の共有フォルダー     ・ノードマジョリティの環境の場合… Read more

WSFC: ファイル シェア スコーピングについて

  こんにちは、Windows テクノロジー サポートの高山です。   Windows Server 2008 フェールオーバー クラスタ (WSFC) ではデザインが 大幅に変更されていますが、今回はその中でもよくお問い合わせをいただく、 ファイル シェア スコーピングの導入についてご説明します。   – ファイルシェア スコーピングの機能について   従来のクラスタ サービス(MSCS) においては、仮想サーバー名や、サーバー名を ブラウズした場合、ローカルおよびクラスタ化されているすべてのファイル共有が 区別なく表示され、アクセスできました。それに対して、WSFC ではファイル シェア スコーピングの導入により、ネットワーク名を基にクラスタのファイル共有を リクエストしているのか、ローカルのファイル共有をリクエストしているのかを 判断して、表示、アクセス制御が行われます。     ネットワーク名によるアクセス   クラスタの仮想サーバー名でアクセスした場合であれば、その仮想サーバーの グループに所属しているクラスタファイル共有が返されますし、ローカルの サーバー名であれば、そのローカルのファイル共有のみが返されます。   <<注意>> ファイル共有を直接指定してアクセスする場合は、以下のように正しい ネットワーク名を指定する必要があります。   – OK \\<クラスタ仮想サーバー名>\<クラスタファイル共有> \\<ローカルサーバー名>\<ローカルファイル共有>   – NG \\<クラスタ仮想サーバー名>\<ローカルファイル共有> \\<ローカルサーバー名>\<クラスタファイル共有>      IP… Read more

Dynamic Cache Service について

2013/10/02 追記 こんにちは。Windows テクノロジーサポートの新川です。 以前、下記のブログ ポストにてDynamic Cache Service というツールをご案内させていただきました。   リソース不足について–番外編1 (64bit 環境での注意点) http://blogs.technet.com/b/askcorejp/archive/2009/12/29/1-64bit.aspx     ツールには、Readme やソースコードがついているものの、機能が複雑で、最低限利用するためにはどの設定が必要か分からないというお話をいただく事が多いため、Dynamic Cache Service を使用するための手順をご案内します。   – 利用方法   1. まずは以下の URL より DynCache.zip をダウンロードし展開します。      Microsoft Windows Dynamic Cache Service    http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=e24ade0a-5efe-43c8-b9c3-5d0ecb2f39af&displaylang=en   2. retail フォルダにあるアーキテクチャのディレクトリ (i386/amd64/ia64) から、適用環境とマッチする DynCache.exe をC:\WINDOWS\System32 にコピーします。   3. DynCache.exe をサービスとして登録するために管理者権限で起動したコマンドプロンプトから下記のコマンドを実行します。   sc… Read more

ミニ セットアップで新規ユーザーの作成をスキップする方法

本記事の最新版をフォーラムにて紹介しております。 記事の改訂が含まれる場合がございますので、フォーラムの情報を参照してください。 フォーラムへのリンク こんばんは。Windows テクノロジー サポートの吉井です。 今日は、Windows 7 の展開の際、Sysprep を実施したイメージのミニ セットアップにて、新規ユーザーの作成をスキップする方法についてご紹介します。 0. 概要 Sysprep されたイメージを初めて起動すると、ミニ セットアップと呼ばれる OS の新規インストール時と似た初期設定画面が表示されます。ここでは言語、時刻の設定や、新規ユーザーの作成、ネットワークの設定などを行います。 既定では、このミニ セットアップにて新規ユーザーを作成する必要がありますが、”応答ファイル” と呼ばれる設定ファイルを使用することで、ミニ セットアップにおけるユーザー作成をスキップすることができます。 (※ ただし、ユーザーが一人もいない状況になってしまうと誰もログオンできなくなりますので、そういった状況にならないよう注意してください。) “応答ファイル” はこれまでも数回このブログで紹介していますが、弊社のダウンロード センターにある Windows 自動インストール キット (AIK) 内に含まれる Windows システム イメージ マネージャー (SIM) を用いて作成することができます。 以下に、新規ユーザー作成をスキップする方法について、Windows AIK の入手とインストールから、応答ファイルの作成、及び、Sysprep の実行まで一通り説明します。 1. Windows AIK を準備します。 Windows AIK は以下のサイトよりダウンロード可能です。  Windows 7 用の Windows 自動インストール キット… Read more

リモート デスクトップ サービスのデプロイメント ガイド

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの大羽です。   Windows Server 2008 のターミナル サービスおよび Windows Server 2008 R2 リモートデスクトップ サービスのデプロイメント ガイドがリリース されましたのでお知らせします。   以下のサイトより、ドキュメントをダウンロードしてご覧ください。   Remote Desktop Services Deployment Guide http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=1d95a910-72a5-44ec-96db-6853f6f9dc5b   Terminal Services Deployment Guide http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?displaylang=en&FamilyID=13177173-c99c-4054-97ea-7ec7dd43ea6e   本ガイドは、システム管理者およびシステムエンジニアの方々へ向けた ターミナルサービスおよびリモート デスクトップ サービスの展開ガイドになります。   リモートデスクトップの役割サービスと機能、VDI  (仮想デスクトップ インフラストラクチャ)  環境の 展開について纏めています。   特に VDI に関しては、これまで機能評価ガイド以外に情報が公開されていなかったため、 重宝するかと思います。   Windows Server 2008 R2 機能評価ガイド http://download.microsoft.com/download/D/D/1/DD187274-7AF3-45FA-BA2D-C7033F097C66/R2RTM_EvalGuide_VDI.pdf… Read more

フェールオーバーのしきい値 (Windows Server 2008 編)

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの永野です。 今回は、Windows Server 2008 のクラスタについてです。グループがノード間を何回フェールオーバーできるかご存知ですか?まずは、以下の KB をご覧ください。 Failover/Failback Policies on Microsoft Cluster Serverhttp://support.microsoft.com/kb/197047/en-ushttp://support.microsoft.com/kb/197047/ja (日本語機械翻訳) 上記 KB のここに注目してください。—The failover threshold is the number of times the group can fail over within the number of hours specified by the failover period.フェールオーバーしきい値は、フェールオーバー期間で指定された時間数内のグループがフェールオーバーできる回数です。— フェールオーバーできる回数は、グループのプロパティの FailoverThreshold に格納されています。Cluster.exe で確認してみましょう。実行方法は、以下です。 > Cluster.exe group "グループ名" /prop 手元の環境で、実際に実行してみました。 C:\>Cluster.exe group "msfcgenapp" /prop… Read more

ダンプ ファイルの採取設定のポイント

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの磯垣です。 今日はダンプ ファイル採取の注意点についてお話したいと思います。 近頃、Windows 2000 / Windows Server 2003 32 bit のお問い合わせが少なくなり Windows Server 2008 のお問い合わせや、Windows Server 2003 であっても 64 bit のお問い合わせが多くなってきました。Windows Server 2003 でも 64 bit の場合や、Windows Server 2008 の場合にはダンプ ファイル採取設定のポイントが異なりますので、注意点をまとめてみました。  (Windows Server 2008 SP1 の場合) 下記の技術情報を確認しましたか? 必要な修正プログラムは適用されていますか? Dedicated Dump File を利用している場合 (サポート技術情報 950858, 957517) Dynamic Hardware Partitioning を使っている場合 (サポート技術情報 960658) システムパーティションがミラーボリュームの場合… Read more

RemoteApp の動作について

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの大羽です。   Windows Server 2008 および Windows Server 2008 R2 に導入されている RemoteApp は すでにお馴染みのことと思いますが、この RemoteApp の内部動作は意外と知られていません。 ※別途設定が必要になりますが、実は Windows XP、Windows Vista、Windows 7 なども   RemoteApp サーバーとして構築可能です。このあたりはまたいずれご紹介します。   今回は RemoteApp の内部動作に少しだけ触れてみたいと思います。 トラブル発生時など、詳細な調査を行う際に役立てていただければ幸いです。   RemoteApp は、リモート デスクトップ サービス コンポーネントの一つになりますので、 基本部分の動作はリモートデスクトップと同じです。 従いまして、ユーザー認証単位でセッションが管理され、アプリケーションの実体はサーバー側で 動作して、画像情報がクライアント側に送られます。 そのため、さもクライアント上で動作しているようにアプリケーションが動作するということになりますが、 このあたりの動作は基本的にリモートデスクトップと一緒です。   ただし、大きく異なっている点があります。それは「シェル」です。 Windows のシェルと言えば、勿論エクスプローラ (explorer.exe)ですが、RemoteApp では エクスプローラが使われていません。 代わりに「RDPShell」というシェルが動作しています。   RemoteApp などのアプリケーションは、デスクトップ操作として比較して必要な処理は 限られているため、エクスプローラシェルのフル機能は必要ありません。 リソース面でもアプリケーション毎にエクスプローラを起動するのでは効率が良くありません。… Read more

なにかと便利な Err.exe

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの永野です。   今回は、私たちサポート担当が良く使うコマンド Err.exe をご紹介します。 まずは、以下のサイトからダウンロードしてください。   Microsoft Exchange Server Error Code Look-up http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?familyid=be596899-7bb8-4208-b7fc-09e02a13696c&displaylang=en   ダウンロードできたら、実行して解凍してください。 解凍してできたフォルダ内の Err.exe を C:\Windows\System32 などコマンド プロンプトのパスが通っているフォルダに移動してください。 ここまでが準備になります。   では実際に使ってみましょう。 まずは、どういうときに使うのかということですが、イベント ログやクラスタ ログなどのログにエラーが記録されているときです。 例えば、ログを見ていて以下のようなログを発見したとします。   05/28/2010  xx:xx:xx AM  情報  ServerA  1001  Save Dump  N/A  N/A  このコンピュータはバグチェック後、再起動されました。バグチェック:  0x0000008e (0xc0000005, 0x00000000 , 0x00000000, 0x00000000)  ダンプが保存されました: C:\MEMORY.DMP   イベントに意味ありげな 16 進数が出たら、とりあえず… Read more

Offline P2V で上手く動作しない場合の回避策について

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの田辺です。   続いて SCVMM (System Center Virtual Machine Manager) でお問い合わせをいただく Offline P2V についてのご紹介です。   Windows 2000 システムを SCVMM を使用して P2V 変換する場合、Online での P2V をサポートしておりませんので、Offline での P2V が行われます。 また、Windows Server 2003 及び Windows Server 2008 / R2 のDC 等でも Offline P2V を推奨しているため、Offline P2V を実施する必要があります。   Offline での P2V の場合には、データを転送する際に Windows PE イメージで起動させるため、当該システムに搭載されているハードウェアのドライバを Windows PE… Read more