Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Sysprep 実行時にドメイン参加を自動化する方法

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの高橋です。

今回は Windows Vista 以降の OS (Windows Vista, Windows Server 2008, Windows 7, Windows Server 2008 R2) で Sysprep を実行した際にドメインへ自動参加させるための方法について紹介したいと思います。

Windows AIK をご利用の方であれば、応答ファイルの Microsoft-Windows-UnattendJoin コンポーネントを使用してドメインへの参加が自動化できることをご存知かも知れません。ただし、このコンポーネントは specialize パスで処理されるため、ミニ セットアップ中 (oobeSystem パス) に入力したコンピューター名ではなく、セットアップ中に一時的に割り当てられたコンピューター名でドメインへの参加が行われてしまいます。

注: Windows Server 2008 R2 では、ミニ セットアップ中にコンピューター名を入力するように構成することはできません。このため、Windows Server 2008 R2 については応答ファイルの Microsoft-Windows-UnattendJoin コンポーネントを使用してドメインへ参加させても、上述の問題は発生しません。ユーザー指定の任意のコンピューター名を設定するには、セットアップ完了後にコンピューター名を変更する必要があります。

従いまして、Microsoft-Windows-Shell-Setup コンポーネントの ComputerName プロパティで明示的にコンピューター名を指定するか、または '*' を指定して自動生成されたコンピューター名を使用する場合以外、応答ファイルによるドメインへの参加は期待通り動作しません。言い換えますと、ミニ セットアップ中に入力したコンピューター名が反映された形でドメイン参加を行う場合、応答ファイルの Microsoft-Windows-UnattendJoin コンポーネントを使用することはできません。

上記につきましては、以下のサポート技術情報に記載させていた だいている通り、想定された動作であり、 Microsoft-Windows-UnattendJoin コンポーネントの制限事項となります。

回避策としては、上記サポート技術情報に記載されている通り、Microsoft-Windows-Shell-Setup コンポーネントの FirstLogonCommands を構成し、コンピューターをドメインに参加させるスクリプトを実行させる、という方法が一つの方法となります。ただし、運用上 FirstLogonCommands が使用できない (セットアップ完了後、管理者権限を持ったアカウントでログオンを行う事が保証されない) 場合や、ユーザー側に処理を見せたくない場合もあると思います。そこで、ここでは SetupComplete.cmd を利用した方法を紹介したいと思います。

SetupComplete.cmd を利用したドメインへの自動参加

SetupComplete.cmd の利用方法そのものにつきましては、以前安達が公開させていただいた以下のポストをご参照下さい。

ドメインへの参加自体は、KB944353 同様 Win32_ComputerSystem WMI クラスの JoinDomainOrWorkgroup メソッドを利用しますが、ここではバッチ ファイルから直接呼び出すため、wmic.exe コマンドライン ユーティリティを使用します。 wmic.exe を使用して JoinDomainOrWorkgroup メソッドを呼び出すための書式は以下の通りです。

wmic.exe ComputerSystem WHERE Name!=null CALL JoinDomainOrWorkgroup Name="<ドメイン名>" Password="<パスワード>" Username="<ユーザー名>" AccountOU="<OU>" FJoinOptions=<オプション>

ここで、<ドメイン名> は参加させたいドメイン名、<ユーザー名> および <パスワード> はドメイン参加の際に使用する認証情報、 <OU> は所属させたい OU 名 (省略可能)、<オプション> はドメイン参加時のオプション (省略時は 1) です。 JoinDomainOrWorkgroup メソッドの詳細につきましては、JoinDomainOrWorkgroup Method of the Win32_ComputerSystem Class をご参照下さい。

以下は、TestDomain.local.com ドメインの TestOU OU へ参加させる場合のサンプルです。

wmic.exe ComputerSystem WHERE Name!=null CALL JoinDomainOrWorkgroup Name="TestDomain" Password="password" Username="TestDomain\Administrator" AccountOU="OU=TestOU;DC=TestDomain;DC=local;DC=com" FJoinOptions=3

※ AccountOU パラメータで OU を指定する場合、Distinguished Name の区切り文字に ',' (カンマ) ではなく ';' (セミコロン) を使用してください。カンマを使用すると wmic.exe がコマンド パラメータの区切り文字として認識してしまうため、コマンドが期待通り動作しません (2014/2/26 修正)。

なお、上記内容の SetupComplete.cmd ファイルをそのまま残すと、ドメイン参加に使用したアカウント情報が他のユーザーから参照できてしまいます。SetupComplete.cmd 実行完了時に同ファイルを削除するようにするには、 SetupComplete.cmd の最後に以下の一行を入れます。

del /F %0 2>nul

以上、Sysprep を使用して OS を展開する際の参考にしていただければ幸いです。