Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

oscdimg.exe を使用して 4.5 GB 超の ISO ファイルを作成する場合の注意点

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの高橋です。

今回は oscdimg.exe を使用して 4.5 GB 超の ISO ファイルを作成する際の注意点についてお伝えしたいと思います。

Windows AIK に付属する oscdimg.exe を使用して、ISO ファイルを作成することができます。作成される ISO ファイルは既定で CDFS が使用されますが、規格上 CDFS は 4.5 GB までのメディア サイズしか想定されていません。このため、oscdimg.exe を使用して 4.5 GB 超の ISO ファイルを作成した場合、一見正常に作成されたように見えますが、実際にメディアに書き込むと、一部のファイルが破損した状態になります。

このため、oscdimg.exe を使用して 4.5 GB 超の ISO ファイルを作成する場合には、明示的に UDF ファイル システムを使用するように指定する必要があります。具体的には、-u1 または -u2、および必要に応じて-udfverxxx オプションを指定します。各オプションの意味は以下の通りです (詳細は oscdimg -help UDF コマンドを実行してオンライン ヘルプをご参照下さい)。

  • -u1: UDF ファイル システムと ISO 9660 に準拠したファイル システム両方を持つイメージを作成します。
  • -u2: UDF ファイル システムのみを持つイメージを作成します。
  • -udfver102: UDF 1.02 を使用します。Windows 98 以降で読み込むことができます。
  • -udfver150: UDF 1.50 を使用します。これが既定値となります。Windows 2000 以降で読み込むことができます。
  • -udfver200: UDF 2.00 を使用します。Windows XP 以降で読み込むことができます。

また、起動可能な 4.5 GB 超の ISO ファイルを作成する場合 (-b オプションを指定する場合)、起動に必要なブート ファイル群がイメージの先頭に配置されるよう、明示的に指定する必要があります。具体的には、ブート ファイル群を記述したテキスト ファイルを -yo オプションで指定します。

上記を満たすコマンド実行例は以下の通りです。

oscdimg -udfver102 -u2 -betfsboot.com -yobootorder.txt <ISO 化するフォルダ> <ISO ファイルの出力先>

bootorder.txt は、boot フォルダ配下のファイルおよび sources\boot.wim ファイルへのパスを 1 行 1 ファイルとして記載します。以下は日本語環境の場合の例です。

boot\bcd
boot\boot.sdi
boot\bootfix.bin
boot\etfsboot.com
boot\fonts\chs_boot.ttf
boot\fonts\cht_boot.ttf
boot\fonts\jpn_boot.ttf
boot\fonts\kor_boot.ttf
boot\fonts\wgl4_boot.ttf
sources\boot.wim

以上、4.5 GB を超えるサイズの ISO ファイルを作成される際にご留意いただければ幸いです。