Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

Offline P2V で上手く動作しない場合の回避策について

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの田辺です。

 

続いて SCVMM (System Center Virtual Machine Manager) でお問い合わせをいただく Offline P2V についてのご紹介です。

 

Windows 2000 システムを SCVMM を使用して P2V 変換する場合、Online での P2V をサポートしておりませんので、Offline での P2V が行われます。

また、Windows Server 2003 及び Windows Server 2008 / R2 DC 等でも Offline P2V を推奨しているため、Offline P2V を実施する必要があります。

 

Offline での P2V の場合には、データを転送する際に Windows PE イメージで起動させるため、当該システムに搭載されているハードウェアのドライバを Windows PE イメージが保持していない場合には、ネットワーク アダプタの動作や RAID コントローラが正常に動作せず、正常に起動しない場合や転送速度が著しく低下するといった問題が発生する場合があります。

 

一般的にはドライバが対応していない場合がほとんどですが、ここでドライバと言っても移行元のソースサーバーでは正常に動作しているのに、何故 P2V になると遅くなってしまうのか?と疑問に思われる方も少なくないと思います。

 

実は Offline P2V の場合には、移行元サーバーにインストールされているドライバではなく、P2V 実施時にロードされる Windows PE にドライバを組み込む必要があるのです。

P2V の際に使用される WIM ファイルに対して、事前にドライバをインストールしておくことで、Offline P2V で上手く動作しない現象が回避可能な場合がありますので、Offline P2V で正常に起動しない場合や転送速度が上がらない等でお悩みの方がいらっしゃいましたら、以下の手順にて事前にドライバを追加して動作を確認してみてください。

 

尚、Offline P2V 時にロードされる Windows PE 2.0 のイメージにつきましては、Windows Vista のカーネルがベースとなっておりますため、ドライバは Vista に対応している必要があります。

 

 

– Windows PE イメージにドライバを追加する方法

 

今回 Boot Image に組み込みを行うため、Windows AIK を使用します。

Windows AIK についは、SCVMM インストール時に自動的にインストールされるため、[すべてのプログラム] にて追加されている事をご確認ください。

 

Windows PE にドライバを追加する方法といたしまして、次の 2 通りございます。

 

a. Windows PE 起動イメージにドライバを組み込む方法

b. Windows PE 起動後にドライバをロードする方法

 

方法 a. は、Windows PE 起動イメージ (RAM ドライブとして展開される X: ドライブ) にあらかじめドライバを組み込んでおく方法です。

これにより、既に組み込んであるドライバを使用するデバイスが認識された場合、ドライバのロードは自動的に行われ、Windows PE 起動後の特別な操作は必要ありません。

 

ただし、この方法は Windows PE 起動イメージ (boot.wim) の変更を伴う方法であるため、以下の点に注意する必要があります。

 

・ ドライバを追加する事によって起動イメージのサイズが大きくなるため、起動時に必要な RAM が大きくなり、起動にかかる時間が長くなる。

 

今回は SCVMM のジョブとして対象サーバーへの展開となりますため、b. の方法ではなく a. の方法についてご紹介させていただきます。

尚、以下手順を実行いただく前に事前に変更対象のファイルとなります boot.wim ファイルのバックアップを取得するようお願いいたします。

 

 

以下に具体的な手順をご紹介いたします。

 

Windows PE 起動イメージにドライバを組み込む方法

===================================================

1. プログラム メニューより、[Microsoft Windows AIK]-[Windows PE コマンド プロンプト] を管理者権限で起動します。

 

2. 以下 フォルダに保存されている Windows PE のファイルをコピーします (既にコピー済みのものがあればこの手順は省略できます)

 

boot.wim は以下フォルダ配下にあります。

>> C:\Program Files\Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008\VMMData

 

3. コピー先のルート ディレクトリに移動します。

 

> cd <コピー先ディレクトリ>

 

4. Windows PE WIM イメージをマウントします。

  以下のコマンドを実行することにより、<コピー先ディレクトリ>\mount 経由で boot.wim の中身へアクセスすることができます。

 

> imagex /mountrw boot.wim 1 mount

 

5. Windows PE 起動イメージにドライバを追加します。

 

> peimg /inf=<path.inf> <コピー先ディレクトリ>\mount\Windows

 

ここで、<path.inf> はインストールするドライバに対応する INF ファイルへの場所です。

複数のドライバを組み込む場合は、この手順をそれぞれの INF ファイルに対して繰り返します。

尚、Vista Base Windows PE となりますため、Vista 対応のドライバを組み込んでいただく必要があります。

 

6. WIM への変更を適用 (コミット) します。

 

> imagex /unmount /commit mount

 

// 参考情報

チュートリアル : カスタム Windows PE イメージを作成する

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc709665.aspx

 

また、以下の技術情報のパッチまたはドライバに関する問題 (P2V)”  の項目で紹介されておりますように、Driver Import / Patch Import ディレクトリにドライバやパッチを配置する方法がございます。

 

バーチャル マシン変換に関する問題のトラブルシューティング

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc764326.aspx

 

Windows 2000 P2V する場合には、Vista 用のドライバが用意出来ない場合が多々あります。

その場合には Windows Server 2003 用のドライバでも回避できる場合がありますので、もし Vista 用のドライバが入手できないような場合には、組み込んでみるのも良いかも知れません。

ただ、Windows Vista に対応しているハードウェアをご用意いただく事をお奨めいたします。