Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

ロールアップ パッケージ適用後の警告について

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの田辺です。

 

SCVMM (System Center Virtual Machine Manager) についてのご紹介です。

 

先日ご紹介いたしました、、SCVMM 2008 R2 の修正プログラム ロールアップ パッケージ(2010 2 ) 適用後の問題についてご紹介させていただきます。

 

Description of the System Center Virtual Machine Manager 2008 R2 hotfix rollup package: February 9, 2010

http://support.microsoft.com/kb/978560/en-us

 

VMM R2 に前回ご紹介した修正プログラム ロールアップパッケージをインストールすると、「警告:状態アップデート可能」と表示される場合がございます。

これは、仮想化サーバーやSQLデータベース サーバー等にインストールされているエージェントとのバージョンの不整合が発生するためです。

その場合にはVMM サーバー上で以下の手順を実行します。

 

1. Virtual Machine Manager 管理コンソールを開きます

2. “管理をクリックし、管理されたコンピュータをクリック

3. 対象のホストを選択して、アクション ペインでエージェントの更新をクリック

4. 認証情報を入力して OK をクリック

 

以上で更新を行えますので、バージョンが最新の状態となります。

 

尚、ロールアップ パッケージにつきましては、最新のものが近日公開予定です。

同様の問題が発生した場合には、上記回避策をお試しください。

 

// 参考情報

 

「管理されたコンピュータ上のエージェントの管理」

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc974226.aspx

 

「管理されたコンピュータ上のVMMエージェントを更新する方法」

http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/cc917969.aspx

 

ロールアップ パッケージや、修正プログラム等の情報がありましたら、随時ご紹介させていただきたいと思います。

よろしくお願いいたします。