Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

SCVMM 用 MPS Report について

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの田辺です。
連続となりますが SCVMM (Sytem Center Virtual Machine Manager) についてのご紹介です。


今回は SCVMM で発生している問題に対して、調査を行う上で非常に重宝する SCVMM 用の MPS Report をご紹介させていただきます。
私たちが SCVMM の問題について調査を開始する場合に、お問い合わせいただいている環境について、また実際に行っている操作からどういった処理が行われ、どのようなエラーが返されているかを確認する際に、SCVMM 用の MPS Report を採取いただく場合が多々あります。


MPS Report では、イベント ログや SCVMM サーバーの構成内容といった調査に必要な情報が一括で採取できますので、いろいろなログを個別に取る煩わしさが無く 非常に重宝します。


尚、MPS Report の場合には含まれるトレース データをデコードする事が出来ないために、サポートをご利用いただく必要がありますが、以前 大羽 から紹介させていただいた DebugView でトレース データを採取する場合には そのまま確認する事ができますので、トレース データを確認する必要がある場合には、以下の Blog の内容を参照して、情報採取をご検討いただければと思います。


SCVMM DebugView ログ トレースについて
http://blogs.technet.com/askcorejp/archive/2009/05/15/scvmm-debugview.aspx



SCVMM MPS Report の採取方法について
————————
採取手順 :
1. Administrator 権限を持つユーザでログオンします。
2. 以下のリンクから mpsrpt_scvmm.exe をダウンロードします。


System Center Virtual Machine Manager 2008 and 2008 R2 MPSRPT Tool
http://www.microsoft.com/downloads/details.aspx?FamilyID=4e3dc013-c299-4b80-9735-64a8b9fa60c7&displaylang=en


3. mpsrpt_scvmm.exe をダブル クリックすると、license agreement の画面が表示されますので [Yes] をクリックします。
4. <システム ルート>\MPSReports\VirtualMachineManager フォルダ内にファイルが自動解凍され、以下のメッセージとともに入力要求が表示されます。


Microsoft Platform Support Reporting Tool 01.00.2145.0000 – VirtualMachineManager –


LITE
2009/09/17 19:07 : Installing tools to
C:\Windows\MPSReports\VirtualMachineManager
.
19 個のファイルをコピーしました
1 個のファイルをコピーしました。
1 個のファイルをコピーしました。
Installation Complete.
続行するには何かキーを押してください . . .


5. 何かキーを押すことで、コマンド プロンプトの画面が一旦終了します。
6. 以下のフォルダに必要な情報が展開されております。


> C:\Windows\MPSReports\VirtualMachineManager\bin


7. 上記フォルダ内に作成されている startverbose.cmd コマンドを実行します。
8. トレース ログの採取が開始されておりますので、問題となっている現象を再現します。
9. 操作完了後 続けて mpsrpt.cmd を実行します。
10. <システム ルート>\MPSReports\VirtualMachineManager\Rpt\Cab フォルダ内に “<コンピュータ名>_MPSReports.CAB” ファイルが生成されます。
<コンピュータ名>_MPSReports.CAB 内に調査に必要な情報が含まれています。


補足 :
・ %systemroot%\MPSReports フォルダを削除することにより、本ツールを完全に削除できます。
・ MPS レポート ツールは終了までに平均 5 ~ 15 分程かかることがあります。
・ MPS レポート ツールの詳細については、<システム ルート>\MPSReports\VirtualMachineManager\Doc フォルダの下にインストールされます、README.txt ファイルをご参照くださいますようお願いいたします。



よろしくお願いします。