Ask CORE

Microsoft Japan Windows Technology Support

DPM 2007 Service Pack 1 インストール時に残る一時ファイル

こんにちは。Windows テクノロジー サポートの石井です。


 


今回は、バックアップ製品である DPM 2007 Service Pack 1 インストール時に残る一時ファイルについてご説明します。


 


インストール処理終了後は削除可能


DPM 2007 SP1 SP1 の保護エージェントのインストール後に、DPM サーバーや保護対象に多数の一時ファイルが残ります。


 



SP1 インストール時、エージェント側に残る不要なファイル 


以下のファイルがそれにあたりますが、これらは削除いただいても差し支えありません


これらのファイルは、SP1 適用や保護エージェントのアップデート時に、最も空き容量の多いボリュームに残ります。


 


eula.1028.txt


eula.1031.txt


eula.1033.txt


eula.1036.txt


eula.1040.txt


eula.1041.txt


eula.1042.txt


eula.2052.txt


eula.3082.txt


globdata.ini


install.exe


install.ini


install.res.1028.dll


install.res.1031.dll


install.res.1033.dll


install.res.1036.dll


install.res.1040.dll


install.res.1041.dll


install.res.1042.dll


install.res.2052.dll


install.res.3082.dll


VC_RED.cab


VC_RED.MSI


vcredist.bmp


 


そもそも何のファイルか


上記ファイルは、当該一時ファイルを残す動作は SP1 SP1 の保護エージェントのインストール時に最初にインストールされる、


Vcredist.exe と呼ばれる Microsoft Visual C++ ランタイム ファイルなど、アプリケーションのアップデートに使用されるコンポーネントの一時ファイルです。


(この現象については、現在の最新のバージョンの Vcredist.exe では一時ファイルを残さないように変更されています。)


 


次回以降も、DPM 2007 についてよく寄せられるお問い合わせや、気になる動きの詳細などを


ご紹介していきたいと思いますので、ご期待下さい。