de:code ありがとうございました。

こんばんは、Teamsサポートの吉野です。 de:code にお越しいただきました皆様、ありがとうございました。 事前登録の段階で既に定員の倍以上の方に申し込んでいただき、当日も立ち見でも入りきれずに入場規制になってしまい、入れなかった方もいたそうで大変申し訳ございません。 後日サイトにアップロードされるかと思いますのでそちらをご確認いただければと思います。 また、アンケートに回答いただけますと幸いです、まだ間に合うと思います。 さて、今回からいくつかに分けてセッションのフォローをさせていただければと思います。まずは 「テンプレートで新規作成したプロジェクトをそのまま Azureにアップロードして Teams1:1 チャットをするボット」 を、もう少し詳しく解説しようと思います。 1.まずは Office 365 のテナントを作成します。 2.Azureのアカウントを作成します。 3.Visual Studio 2017 Community をインストールします。 4.Bot Frame Template (Teams版)をダウンロードします。 5.テンプレートを以下のフォルダにコピーします。 %userprofile%DocumentsVisual Studio 2017TemplatesProjectTemplatesVisual C# ここまで実施すると、実際にセッションでお見せした手順が実行できるようになります。 6. Visual Studio 2017 を起動します。 7.[ファイル]-[新規作成]-[プロジェクト]を選択します。 8.Visual C#のテンプレートに [Teams Bot Application]が追加されているはずなので、こちらを選びプロジェクト名を入力して作成します。   9.そのままビルドします。 10.そのまま「発行」をします。 ※以降の手順で認証情報を要求された場合、登録したAzureのアカウントを入力ください。 11.新規作成をクリックします。[発行]をクリックします。 12.このような画面になるはずですので 右上・・・自分のAzureアカウントが表示されているか確認。異なる場合はクリックして「アカウントの追加」 アプリ名・・・重複しないアプリ名を入力 サブスクリプション・・・無料試用版、などが表示されいるはずです。 リソースグループ・・・既存のものを使うか、新規で何か作成します。 ホスティングプラン・・・こちらも既存のものか新規のものを作成選択。 これで作成をクリックするとAzureにボットプログラムがアップロードされ利用可能になります。 ですが、これだけではTeamsでは利用できず「チャンネル登録」というものが必要になります。…


2018年3月以降の月例更新プログラムの適用後、Windows 7 の 32 ビット (x86) 端末で再起動を繰り返す場合の対応

こんにちは。 Windows Platform 担当です。 2018 年 3 月またはそれ以降の月例更新プログラム(セキュリティのみまたは月例ロールアップ)を適用後、一部のお客様より Windows 7 の 32 ビット (x86)  端末で再起動を繰り返す事象についてお問い合わせをいただいております。 本記事では、事象の対応策についてご案内します。   事象: 2018 年 3 月またはそれ以降の月例更新プログラム(セキュリティのみ または月例ロールアップ)を適用後、Windows 7 の 32 ビット (x86) 端末が起動しなくなるか、繰り返し再起動が実行されます。 再起動が発生するシナリオはユーザーの環境に依存しますが、以下のようなタイミングで発生することが報告されています。 – 起動中 – ログオン直後 – ネットワークケーブルが接続されたとき – 特定のアプリケーションの起動時   弊社では、KB4088878 (2018 年 3 月の月例更新プログラム) の既知の問題として以下の情報を公開しています。 2018 年 3 月 14 日 – KB4088878 (セキュリティのみの更新プログラム) このセキュリティ更新プログラムを適用した後、32…


MS クラウド ニュースまとめ – M シリーズ VM の SAP HANA 認定および Write Accelerator の一般提供 他 (2018 年 5 月 21 日)

執筆者: Cloud Platform Team このポストは、2018 年 5 月 21 日に投稿された Cloud Platform Release Announcements for May 21, 2018 の翻訳です。   Azure DevOps ツールの統合 – Azure Resource Manager で Terraform OSS をサポート 2018 年 5 月 7 日 ~ 9 日に開催された Microsoft Build 2018 で発表 新しい Azure リソース プロバイダーである Microsoft.TerraformOSS のプライベート プレビューを開始しました。このリソース プロバイダーは、Terraform プロバイダーを使用するリソースを、ネイティブな Azure リソースと同様に…


インターネットの安全を守るのはだれの務めか 【5/24 更新】

(この記事は2018年2月7日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Who’s responsible for the internet? の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   インターネットの安全を守るのは私たち全員 13 年目を迎える Safer Internet Day の取り組みは、今や 130 か国以上に広がり、大勢の方々に認知されるようになりました。しかし、ネットいじめやデジタル詐欺は増え続ける一方です。ネット上で特に攻撃を受けやすい立場にある人々を守るためには、まだまだやれることがたくさんあります。オンライン コミュニティの一員である私たちは、インターネットの安全を守るうえで大きな役割を担っています。この記事では、それぞれの立場における役割をご説明したいと思います。   ユーザー: 防御の最前線 たとえば、叔母さんから「生まれたばかりの赤ちゃんの写真を見せてほしい」と頼まれたとします。このとき、写真をオンラインで共有すれば、叔母さんやソーシャル ネットワークでつながっている人たちに喜ばれますが、場合によっては、なりすまし犯までも喜ばせることになりかねません。オンラインで情報を共有すればするほど、詐欺やなりすましの被害を受けるリスクが増えます。最近行われた調査によると、オンライン上で自分を守るために時間を割いていると回答した人は 31% にすぎませんでした。マイクロソフトでは、こうした危険性の高まりを受けて、インターネット ユーザーの個人情報保護にお役立ていただけるさまざまなリソース (英語) をまとめて提供しています。   自分にとって一番大切なものを守りましょう (名誉、人間関係、プライバシー、金銭) Digital Civility Challenge (英語) を遵守して、利用する全員にとって安全なインターネット環境を作りましょう 個人情報を過剰に共有しがちではありませんか。質問 (英語) に答えて、ご自身のソーシャル メディアの利用傾向を判定してみましょう   プロフェッショナル: 安全な環境の構築 企業の責任者には顧客情報を保護する義務があります。中堅中小企業 (SMB) であれ大企業であれ、最優先すべきはセキュリティです。マイクロソフトの推定では、SMB の 20% がサイバー攻撃を受けた経験があり、年間 5,000 億ドルの支出を余儀なくされています。マイクロソフトとマイクロソフトの大規模なパートナー ネットワークの支援を利用すれば、従業員にパスワードの強化を促したり、アクセス管理と情報保護の体制を整えたりするなど、広範なセキュリティ対策を講じることができます。詳細な情報やガイドブックのダウンロードについては、マイクロソフトのセキュリティ対策リソースのページ…


Finding the UserID from a PowerShell Remoting session

A colleague presented a challenge to me the other day which I thought was “do able” but I’d never thought about it before. “A set of user Credentials are in use in an Implicit Remoting Session, the authentication has been performed interactively by a web site…. We won’t know who the user is but the…


Malware sucht nach Facebook-Zugangsdaten

Der Sicherheitsanbieter Radware beschreibt in seinem Blog eine neu entdeckte Malware namens Stresspaint, die es auf die Facebook-Accounts ihrer Opfer abgesehen hat. Ihren Namen erhielt die Software von einem scheinbar harmlosen Windows-Malprogramm namens Relieve Stress Paint, das nach jedem Mausklick die Farbe und Länge von zuvor gezeichneten Linien ändert, und eine verborgene Schadsoftware mitbringt. Damit…


TeamViewer als Werkzeug für Kriminelle

Im September 2017 entdeckte der Security-Anbieter Avast, dass das populäre Tool CCleaner mit einem Backdoor-Virus verseucht war. CCleaner wurde von der Firma Piriform entwickelt, die im Juli 2017 von Avast übernommen worden war. Seither liefen bei Avast Untersuchungen, wie sich die Angreifer Zugriff auf die Software verschaffen konnten. In einem Blog-Beitrag klärt Ondrej Vlcek, der…


O365 Tidbits – SharePoint Swoop an Adventure in SPO/Flow/PowerApps

Hello All, Last week the product group released a series of videos, that I think could be very helpful to get your end-users thinking about what they want to do with SPO/Flow/PowerApps and all the other wonderful features in the cloud.  So lets binge watch the video web series then discuss it and the different…


Azure ネットワークに関する 2018 年 5 月の発表

執筆者: Yousef Khalidi (CVP, Azure Networking) このポストは、2018 年 5 月 9 日に投稿された Azure Networking May 2018 announcements の翻訳です。   今週シアトルで、マイクロソフトの開発者向けイベント Microsoft Build 2018 が開催されています。このイベントには毎年、テクノロジの進化に強い関心を持ち、クラウド アプリの新たな開発手法の習得に熱心な数千人ものソフトウェア プロフェッショナルやプログラマーの皆様が集結されています。ちょうどよいタイミングですので、この記事では、最近発表したネットワーク関連に新しいサービスや機能強化についてお伝えしたいと思います。 ミッション クリティカルなワークロードを Azure に移行する動きは、企業の規模を問わず増えています。そうした中、新たなビジネス チャンスとして考えられるのが、監視によるセキュリティ保護や管理、そして、信頼性やパフォーマンスといった重要分野における Azure 全体のネットワーク エクスペリエンスをよりシンプルにすることです。マイクロソフトは、Azure のネットワーク機能の強化に継続的に取り組んでいます。その一環として、DDoS 対策や Azure サービスへの VNet アクセス、ゾーン対応 Application Gateway、世界規模の CDN サービス、さらに超高速ロード バランサーといった新規サービスの提供を開始しました。これに加えて、お客様がより多くのことを達成できるよう支援する新たなサービスやテクノロジの開発を行い、さらに、負荷の高いワークロードの実行や管理を支援することも重要な取り組みとして行っています。 Azure DDoS Protection 先月、Azure DDoS Protection Standard サービスの一般提供 (英語) が発表されました。この機能は、仮想ネットワーク…


Azure AD B2B におけるユーザーの新しい招待方法

こんにちは、Azure ID チームの高田です。 今回は、新しくなった Azure AD B2B (ゲスト招待機能) についてお知らせします。   マイクロソフトでは、以下の資料のとおり、5 月 11 日から Azure AD B2B の新しい更新を展開しています。これにより、ゲストユーザーの招待においてこれまでと比べてユーザーから見た画面が変更されたり、管理者により行うべきことも変更されていたりします。本記事ではその概要についておまとめしました。 Exciting improvements to the B2B collaboration experience https://cloudblogs.microsoft.com/enterprisemobility/2018/05/14/exciting-improvements-to-the-b2b-collaboration-experience/ Azure Active Directory B2B collaboration invitation redemption https://docs.microsoft.com/ja-jp/azure/active-directory/b2b/redemption-experience   新しい Azure AD B2B の変更概要 新しい Azure AD B2B では、多くのシナリオにおいてユーザー自身が招待メールをクリックしなくてもよいように改善されています。従来は管理者がユーザーを招待すると、招待されたユーザーにメールが届き、ユーザーはメール内にある「はじめに」のリンクをクリックして招待を完了するというのが一般的な招待の流れでした。 しかしながら、招待メールのクリック自体が煩雑であること、また環境によっては招待メールがセキュリティによりブロックされるなどし届かないことで、招待がスムーズに行われないという問題がありました。 新しい Azure AD B2B でもメールによる招待は可能ですが、招待されたユーザーはメールにある「はじめに」のクリックせずとも、招待されたテナント上のリソース (URL) に直接アクセスしサインインすれば、招待を完了することが可能となります。招待されたテナント上のリソース (URL) に実際にアクセスしサインインすると、ユーザーには以下の画面が表示されます。…