Ignite 2018 – Azure Data により AI をビジネスにとってリアルな存在に

執筆者: Rohan Kumar (Corporate Vice President, Azure Data) このポストは、2018 年 9 月 24 日に投稿された Ignite 2018 – Making AI real for your business with Azure Data の翻訳です。   本日、オーランドで開催中の Microsoft Ignite において、クラウド、データ、人工知能 (AI) の潮流が、今までにない変革をもたらし、あらゆる業界のイノベーションの基盤となっていることを紹介しました。強力な AI アプリケーションの推進要素はデータです。AI を最大限に活用するためには現代的なデータ基盤が必要です。AI を活用して新たな洞察の発見と新たなビジネス機会の創出を目指す企業にとってデータの可能性を最大化することが不可欠になっています。   本日、マイクロソフトは、ビジネスを変革するデータと AI のソリューション構築を実現するための数多くの素晴らしい発表を行いました。20 年以上にわたり、企業はリレーショナルデータのあらゆる局面を管理するために SQL Server を活用してきました。昨年の Ignite では、広く使われてきた SQL Server のエンジンを Linux でも稼働できるようにした SQL Server…


Windows Server 2008/2008 R2 および SQL Server 2008/2008 R2 の Azure への移行はお早めに【9/26更新】

(この記事は2018年8月27日にHybrid Cloud Best Practices blogに掲載された記事Act now! Migrate your customers running Windows Server and SQL Server 2008/2008 R2 to Azureの翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。) Windows Server 2008 R2 のサポート終了   Windows Server 2008/2008 R2 および SQL Server 2008/2008 R2 のサポート終了が迫っています。パートナー様にとっては、オンプレミス ワークロードを Azure に移行する絶好の機会です。 これを機に SQL Server および Windows Server を刷新し、最新の Azure サービスへ移行して、セキュリティやパフォーマンスの向上とイノベーションの推進を加速させましょう。 SQL Server 2008/2008 R2 のサポート期限: 2019 年 7 月…


How SLAM retrieves the computer’s Local Admin password

Simple: SLAM doesn’t retrieve the computer’s Local Admin password – LAPS does! SLAM is a Premier Operations Program offering (POP) for Securing Lateral Account Movement. It workshops credential theft mitigation (CTM) and counters lateral traversal with logon restrictions and firewall rules (among other protections)… but one key feature is deployment of LAPS, the Local Admin…


Maximize your business with Microsoft SMB Partner events

Our Microsoft partner SMB community has a number of events scheduled to help you make the most of your partnership and take your business to the next level. We have community calls, webcasts, and trainings planned throughout FY19. Below we have a quick guide to which events are geared especially for your area of expertise,…


How Client Assignment and Client Push Happen in SCCM

Hello All! Prathista here from the SCCM PFE world to give you some insights about the client assignment process and how client push is triggered when automatic client push is enabled. Many have faced the issue that automatic client push is not happening, despite you have all the boundaries and accounts in place. This is…


Office 365: Challenges with Distribution Groups for Migrated Mailboxes and a Script Based Solution ( Script Version 1.1 )

=========================================================================================== Group Migration Script v1.1 –> https://github.com/timmcmic/DLConversion/blob/master/src/DLConversion.ps1 =========================================================================================== In script version 1.1 we introduced a new feature to control how the group is provisioned in Office 365.  When a group is create on-premises the group type can be established as either distribution or security.  The group type can be dynamically changed through Active Directory Users…


SCOM Gray Agents in VMM – Report & Email

A customer had a number of agents hosted in VMM, and often a VM would hang after patching. It was “Running” according to VMM but not actually responsive. This script helped identity these Gray Agents. They also had VMs hosted in Azure, and those were identifiable by naming convention. It relies on the VMM and…


Script to delete decommissioned servers in SCOM

This is a modified version of Tim McFadden’s script. This script will take a text file containing the FQDNs of agents which need to be removed from SCOM. Note this process is for when a server has been decommissioned but was never removed from SCOM. If you are instead trying to remove the agent from…


Intune/EMS enrollements (ADFS scenario)

Many of customers are facing problems on Intune enrollment with Android devices; it can be: Missing a certificate : you need to ensure that the all the certificate chain is installed on the ADFS proxy/servers (check it here : https://www.ssllabs.com/ssltest) When enrolling in the company portal the authentication doesn’t work: Check the TLS version on the…


Azure Resource Manager (ARM) 仮想マシンの複製方法のご紹介 (Part.2)

こんにちは! Azure サポート チームの清水です。 Azure Resource Manager (ARM) 仮想マシンの複製方法について、引き続きご紹介します。 前回の Part.1 では、イメージリソースを用いて仮想マシンを複製する方法と、ディスクのコピーから仮想マシンを作成する方法を ご案内しました。 今回の記事では、 3.Azure Backup を使用する 4.Virtual Machine Scale Set を使用する の2つの方法について、ご紹介しようと思います。   それぞれの手法の概要については、Part.1 をご参照ください。 本情報の内容(添付文書、リンク先などを含む)は、作成日時点でのものであり、予告なく変更される場合があります。 3. Azure Backupを使用する Azure Backup の機能を用いて、実行中の仮想マシンのバックアップから、仮想マシンを複製してみます。 使用可能なディスクの種類は以下の通りです。 移行後 管理 ディスク 非管理 ディスク 移行前 管理 ディスク 〇 × 非管理 ディスク 〇(作成後に変換) 〇 Azure Backup を用いる場合、移行前のディスクの種類に関わらず、同一の手段にて仮想マシンの複製が可能です。 [注意事項] 接続データディスク数の上限が16となります。16以上のデータディスクが接続されている場合、バックアップをとることが できません。 バックアップ作成の際に、…