データを活かして効果的なアカウント ベースド マーケティングに乗り出す【1/21 更新】

(この記事は2016 年 12 月 7 日にMicrosoft Partner Network blog に掲載された記事 Create better Account Based Marketing campaigns using Data の翻訳です。最新情報についてはリンク元のページをご参照ください。)   マーケティング プロセスの指針となるデータを見つけるには、たゆまぬ努力が欠かせません。しかもそのデータを解釈するとなれば、もっと大変です。デジタル ソリューション プロバイダーの Millward Brown 社が今年実施した調査によると、お客様のデータを効果的に活用している自信があると回答したマーケティング担当者は全体のわずか 14% (英語) でした。アカウント ベースド マーケティング (ABM) を進め、お客様とつながる方法を見いだそうと取り組んでいるときには、気を付けていないと矛盾だらけのデータの海で遭難してしまいます。しかし、科学的手法に基づいてデータを分析すれば、そうした災難から身を守ることができます。今回はそのプロセスについてご紹介します。   ステップ 1. 考察する まずは考察を行い、マーケティング上のジレンマを見極めます。ABM を行う際は、業界やその他の類似点に基づいてお客様を分類することをお勧めします。似たようなニーズや課題を抱えているお客様どうしをグループ化すれば、お客様の顧客、競合他社、インフルエンサー、意思決定者、業界、市場、カスタマー ジャーニーを的確に把握することができます。その結果、柔軟性と機動性を保てるので、絶えず進化する今日のビジネス世界に取り残されることはなくなります。   ステップ 2. 目的を明確にし、必要事項を確認する 多くの企業が目的を明確にせずに、お客様データの分析に着手しようとしますが、これは大きな間違いです。どのようなことを知りたいのか考えなければ、具体的な答えを見いだすことはできません。焦点を絞り込むことで、有意義な結論が導かれます。ステップ 1 ではお客様をカテゴリに分類し、そのカテゴリ全体について考察しましたが、今度は各カテゴリのお客様について確認するべき事項をまとめましょう。このとき、お客様をそれぞれ単体の案件として捉えないように注意してください。そうすれば、カテゴリ内に共通するニーズや課題だけでなく、購買サイクルや意思決定の類似点も正確に把握することができます。 分析に入る前に確認しておくべき事項には、たとえば以下のようなものが挙げられます。 • お客様が過去に自社 Web サイトにアクセスしたことがあるか • お客様は Web…


A closer look at VM Quick Create

Author: Andy Atkinson In the last Insiders build, we introduced Quick Create to quickly create virtual machines with less configuration (see blog). We’re trying a few things to make it easier to set up a virtual machine, such as combining installation options to a single field for all supported file types, and adding a control…


Changes to PowerPivot Gallery and Snapshots in SharePoint 2016

The PowerPivot Gallery has had some functionality and supportability changes between SharePoint 2013/2010 and SharePoint 2016. This is due to the fact that Excel Services functionality has moved to Office Online Server. While the basic premise of the gallery remains the same and some of the same rules apply, there are some changes that you…


ITcast déménage

ITcast déménage ! Avec la nouvelle année, le podcast fait peau neuve avec un nouveau site, itcast.io, plus actuel et plus efficace, et incluant cette fois les articles associés aux épisodes. Tout l’historique a été transféré, l’ancien site restera en ligne le temps qu’il faudra mais ne sera plus maintenu. Si vous utilisez une appli…


Office Online Server 2016 패치(CU) 적용 방법

이번 블로그에서는 Office Online Server 2016 를 최신 CU 로 업그레이드 하는 방법을 설명 합니다. SharePoint Server 와 다르게 OOS 는 패치를 위해 제품을 제거 후 다시 설치를 해야 합니다. 이를 위한 과정을 설명 합니다.   [요약 과정] OOS 현재 설정 확인 OOS 팜 제거 OOS Uninstall 재부팅 OOS Install OOS 팜 재구성   [상세…


Exchange 2013 や 2016 へ移行後に認証ダイアログが表示される

今回は、Exchange 2013 もしくは Exchange 2016 で、Outlook に認証ダイアログが表示される事例をご案内いたします。 Exchange 2007 や Exchange 2010 から Exchange 2013や Exchange 2016 へ移行されるお客様はご参考いただければ幸いです。 – よくあるシナリオ Outlook で接続する際に、ドメインにログインしているクライアントで NTLM 認証を使用しているにもかかわらず、起動時に毎回認証ダイアログが表示されます。 認証ダイアログに正しい認証情報を入力すれば、正常に使用できます。 Exchange 2007 や Exchange 2010 で同じメールボックスに Outlook で接続していた時には認証ダイアログは表示されませんでした。 – 原因 Outlook が Exchange サーバーへ接続する場合に RPC/HTTP (HTTP 接続) を使用していて、クライアントに LmCompatibilityLevel レジストリが 1 以下に設定されている場合、クライアントは自動的に NTLM の資格情報を送信しないため、認証ダイアログが表示されます。 Outlook が HTTP 接続を使用しているか、以下の手順で確認できます。 1. 画面右下の…


Data Catalog

はじめに ビジネスにおいてデータの重要性は従来より認識されていましたが、機械学習、深層学習、ビッグデータ活用といったデータを中心とした技術が成長している今日ではさらに重要度が増しています。しかし、データ資産を企業全体に対して把握することは困難であったため、必要なデータがどこにあるか分からない、もしくはそもそも存在しているかどうかが分からない、といったことが多かったかと思います。 Azure Data Catalogは構造化・非構造化、オンプレミス・クラウド問わずデータソースを一元管理できるため、必要なデータの有無や場所をすばやく把握することができ、データ資産からの価値創出に役立てることができます。 Azure Data Catalogでできること Azure Data Catalogでは、以下の機能を活用してデータ資産の管理及びデータ資産からの価値創出をサポートします。 データソースの登録 メタデータをデータソースから抽出して、Azure Data Catalogに登録します。メタデータに加えて、データのサンプルを抽出して登録することも可能です。 SQL Data Warehouseからの抽出例: データソースの登録は、登録ツール、API、手動にて行うことができます。サポートされているデータソースと登録方法については、以下のリンクを参照してください。 Azure Data Catalog でサポートされるデータ ソース データソースの検出 検索とフィルタ機能により、Azure Data Catalogに登録されているデータソースを検出することができます。 検索では、通常のキーワード検索に加えて検索構文による検索も可能です。例えば、「name」プロパティに「CRMOL」というワード、「tags」プロパティに「Crossover」というワードが含まれているデータソースを検索する場合は、 name:CRMOL AND tags:Crossover という検索構文を使用できます。 検索構文による検索例: データソースの注釈付け データソースを分かりやすくするために、データソースから抽出されたメタデータを補完する説明用のメタデータ(説明やタグ)を追加することができます。 データソースの文書化 データの用途や業務シナリオといった、よりユーザーに役立つ情報を管理する方法として、ドキュメント作成のためのリッチテキストエディタを提供しています。このエディタでは他のドキュメントへのリンクも追加できるため、ニーズに応じた粒度でのドキュメント作成が可能です。 データの参照 Azure Data Catalogはデータソースへのサンプルデータを保持してるため、データソースにアクセスせずにサンプルデータを参照することができます。クライアントツールを用いて、データ資産への接続及びデータの参照も行うことができます。サポートされているクライアントツールは以下になります。 Excel (Excel 2010以降) Power Query (Excel 2016、Power Query for Excel アドインがインストールされている Excel 2010…


특정 Client PC에서 AD-RMS Templates이 나타나지 않는 현상에 대한 조치 방법

안녕하세요, 이번 블로깅에서는 AD-RMS Templates 생성 후 특정 사용자들의 PC에서 Templates이 나타나지 않는 현상에 대하여 어떻게 해결을 할 수 있는지 알아 보도록 하겠습니다.   [주의 사항] 본 블로그에 게시된 정보의 내용 (첨부 문서, 링크 등)은 작성일 현재 기준이며 예고없이 변경 될 수 있습니다. 또한, 참고용으로만 제공됨으로 Microsoft에 책임이 없음을 알려 드립니다. 반드시 적용 전 충분한…


Recover soft-deleted mailboxes in an Exchange Hybrid scenario

I have encountered a lot of situations where IT Administrators have difficulties in recovering a mailbox that was deleted from Office 365 active mailboxes, while having an Exchange Hybrid environment, so I’m creating this article to help Administrators perform a correct recovery and to avoid the situations like creating duplicate users with blank mailboxes. Scenario1: Recover…

2

OneNote 2016 五大密技不藏私分享!

不論你是各行各業裡的上班族或是學生,OneNote 2016 都是我們日常生活的最佳幫手! 你知道 OneNote 2016 的強大功能嗎?今天小編不藏私,要跟粉絲們分享 OneNote 2016 五大密技!