Office 365 License Details with PowerShell – With Domain, License (SKU id) or Product, and Service Status Filters

By: Anshuman Mansingh, Technology Specialist, Microsoft Corporation, https://www.linkedin.com/in/anshumanmansingh/   I have often come across this requirement where I am asked for a custom report that returns the following. A division of licenses based on domains Types of licenses assigned   Fortunately, we have Microsoft Excel that can do much of the filtering – if we…


Using Azure Automation with Multiple Subscriptions

Azure Automation is very useful for almost every Azure administrator, but it can be challenging to figure out how to run a process across multiple subscriptions. Below we’ll walk through the steps to run a PowerShell run book across multiple subscriptions with the assumption that the automation account already exists in one subscription. For information…


How to Perform an In-Place-Upgrade in Azure (Windows)

At this time there is no way to perform an in place upgrade of virtual machines running one version of Windows to another. For example, upgrading from Windows Server 2012R2 to Windows Server 2016 from inside the Guest OS is not supported. In order to upgrade the machine to a new version of Windows it…


Breaking down EMS Conditional Access: Part 3

This post is the third of a three-part series detailing Conditional Access from Microsoft Enterprise Mobility + Security. Today we are re-publishing the third installment with the white paper Protect your data at the front door with conditional access. Through this blog series, we’ve taken a closer look at conditional access with Enterprise Mobility +…


System Center 2012 R2 修正プログラム最新版 (Update Rollup 13) がリリースされました!!

こんにちは、日本マイクロソフト System Center Support Team の益戸です。 2017 年 5 月 24 日に System Center 2012 R2 向けに Update Rollup 13 (UR13) がリリースされましたのでお知らせいたします。   Update Rollup 13 for System Center 2012 R2 https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4020917/update-rollup-13-for-system-center-2012-r2 このリリースでは、以下の製品に対して修正プログラムが提供されています。本修正プログラムは、Microsoft Update 経由で修正プログラムをダウンロードしてインストールすることができます。また、オフラインの環境では、Microsoft Update Catalog を通じてダウンロードしたパッケージを手動で適用することもできます。詳細な適用手順や、修正内容については、それぞれのリンクをご参照ください。   ・Data Protection Manager (KB4021873) https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4021873 * 修正プログラム適用後に、Agent のアップグレードが必要です。ご利用のバージョンによっては、Agent アップグレード後は再起動が必要です。   ・Operations Manager (KB4016125) https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4016125 * 修正プログラム適用後に、レジストリの変更や、SQL…


System Center 2016 修正プログラム最新版 (Update Rollup 3) がリリースされました!!

こんにちは、日本マイクロソフト System Center Support Team の益戸です。 2017 年 5 月 24 日に System Center 2016 向けに Update Rollup 3 (UR3) がリリースされましたのでお知らせいたします。   Update Rollup 3 for System Center 2016 https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4020906/update-rollup-3-for-system-center-2016 このリリースでは、以下の製品に対して修正プログラムが提供されています。本修正プログラムは、Microsoft Update 経由で修正プログラムをダウンロードしてインストールすることができます。また、オフラインの環境では、Microsoft Update Catalog を通じてダウンロードしたパッケージを手動で適用することもできます。詳細な適用手順や、修正内容については、それぞれのリンクをご参照ください。 ・Operations Manager (KB4016126) https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4016126/ * 修正プログラム適用後に、レジストリの変更や、SQL の実行、管理パックのインポート等が必要です。 ・Service Manager (KB4019979) https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4019979 * 修正プログラム適用後に、一部ファイルの修正等が必要です。 ・Virtual Machine Manager (KB4014528) https://support.microsoft.com/ja-jp/help/4014528 *…


Windows 10 のマイクロソフト認定資格を取得してチャンスをものにしよう【5/26 更新】

  マイクロソフトの認定資格は、世界的に認識されている業界に支持されたスキルを習得している証を提供し、あなたの能力を実証、新しい技術を受け入れる意欲がある事を示してくれます。 マイクロソフト認定資格を取得して、チャンスをものにしよう。   現在、マイクロソフトロゴグッズ、資格ロゴグッズが貰えるスキルアップキャンペーンを実施中です   Windows10関連の認定資格には、MCSA: Windows 10とMCSE: Mobilityがあります。   MCSA: Windows 10 Windows 10 のエンタープライズ システムを構成、管理、およびサポートするための専門知識があることを証明します(IT 関連の経験が浅い方は、入門者レベルの MTA 認定資格の取得を目指しましょう)。 MCSA: Windows 10 認定資格を取得すると、コンピューター サポート スペシャリストとしての職務に適格であることが示されます。   必須試験科目: 70-698 Installing and Configuring Windows 10 70-697 Configuring Windows Devices   公式ハンズオントレーニング 23697-1B Windows 10 のインストールと構成 グローバルナレッジ、NECマネジメントパートナーにて実施中 エンタープライズ サービスによる Windows 10 の展開と管理 グローバルナレッジにて実施中   書籍 徹底攻略MCP問題集Windows…


Zeit zum Netzwerken: Einladung zum “Women Think Next”-Event am 30. Mai 2017 im #OfficemitWindows

Frauen sind in Führungspositionen nach wie vor unterrepräsentiert – je höher die Führungsebene, desto geringer der Frauenanteil. Und das obwohl Studien zeigen, dass weibliche Führungskräfte einen positiven Einfluss auf Unternehmenskultur und -erfolg haben. Diese Umstände sind seit Jahren bekannt. Müssen wir also wirklich noch immer darüber sprechen?