マイクロソフト報奨金プログラムの拡張 – Windows 用の Office Insider ビルドに関する報奨金プログラム

私たちは、Office 製品が設計上セキュアであるように開発し、そのセキュリティ機能を拡張するために継続的な投資を行っています。Office のセキュリティ水準を高く保つ方針のもと、Windows 用の Office Insider ビルドに関する報奨金プログラムを開始します。


SharePoint Server 2016 での Outlook 2016 のクラウド添付機能のテストにご協力ください

(この記事は 2017 年 3 月 24 日に Exchange Team Blog に投稿された記事 Help us test Cloud Attachments in Outlook 2016 with SharePoint Server 2016 の翻訳です。最新情報については、翻訳元の記事をご参照ください。)   こんにちは。Outlook for Windows チーム エンジニアの Steven Lepofsky です。このたび Insider の皆様に向けて、Outlook 2016 で SharePoint Server 2016 を利用したクラウド添付機能をリリースしました。この機能についてのフィードバックを収集するために、テストへのご協力をお願いいたします。 まず「クラウド添付」の概要についてご説明します。 最新のクラウド添付エクスペリエンス Outlook 2016 のリリースにより、Outlook に新たな方法でファイルを添付できるようになりました。ここで改めて、Outlook でファイルを共有し共同作業を行う新しい方法をいくつかご紹介します。 まず、最近使用したドキュメントとファイルのギャラリーが追加されました。このリストには、OneDrive、OneDrive for Business、Office 365 やローカル マシンでホストされている SharePoint…


Device and Deployment コンピテンシー保有パートナー様はお早めに Windows and Device コンピテンシー取得を! 【3/30 更新】

Device and Deploymentコンピテンシーの後継として提供をしているWindows and Deviceコンピテンシーについて改めてご案内いたします。従来は Device and Deploymentコンピテンシーが取り扱いの際の要件であったデスクトップ導入計画サービス (DDPS) や各種 Windows  関連のご支援策を受け取るための要件にもなっていますので、Device and Deployment コンピテンシーをお持ちで Windows and Device コンピテンシーを未取得のパートナー様はぜひ取得してください。 取得の際に知っておくと便利な情報などは以下のビデオをご覧ください。  


Новое в Office 365 в марте — соавторство в Excel и многое другое

Office 365 – это наиболее универсальный набор инструментов для совместной работы как индивидуальных сотрудников, так и команд и всей организации. Обновления в марте – соавторство в Excel, выход общедоступной версии Microsoft Teams и другие, еще больше увеличат возможности совместной работы. Также обращаем внимание, что планом обновлений для SharePoint и OneDrive мы поделимся на Виртуальном саммите…


Performance tuning for ACR (Azure Container Registry)

My customer wants to optimize the ACR (Azure Container Registry) docker pull performance. I’ve done some performance experiment for ACR. Experiment I upload a big docker image(1.98G) then pull it and track the time. I live in Japan. I used to use West US region for ACR. However, now we can use Japan East region….


4Afrika@4: Celebrating four years of Microsoft 4Afrika

Four years ago, if Anthony Kuria from the Red Cross in Nanyuki, Kenya, wanted to send an email, he had to walk hours to the nearest WiFi hotspot. Now, he has fast and affordable internet in his office. Four years ago, young entrepreneur Kaakpema Yelpaala started working on a solution to improve the quality of…


Azure Automation new Microsoft Flow Service

Did you know we just added Azure Automation as new service for Microsoft Flow? Azure Automation provides tools to manage your cloud and on-premises infrastructure seamlessly. You can now trigger an Azure Automation Runbook with the following Actions: Create Job Get Job output Get status of job Let’s have a first look at creating a…


日付選択 (カレンダー) コントロールの表示にインターネット領域のセキュリティ設定が使用される

こんにちは! SharePoint サポートの大竹です。 今回は、イントラネット領域や、信頼済みサイトに登録しているページの日付選択 (カレンダー) コントロールの表示に、インターネット領域のセキュリティ設定が使用される事象について解説いたします。 その結果、インターネット領域のセキュリティ設定が高いと、日付選択用のカレンダーが表示されない事象が発生します。 本事象の原因と、回避方法についてご案内します。   =========================== 日付選択コントロールとは? =========================== 日付選択コントロールとは、以下のような、特定の日付を選択したり、入力したりするフォームのことです。   日付選択用のカレンダーが表示されない事象について ^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^ SharePoint サイトがイントラネット ゾーンや信頼済みサイトに登録されている場合でも、インターネット ゾーンのセキュリティ設定を強固に設定されていると、動的に描画された日付選択コントロールが正しく動作しません。 特に、リスト アイテムの新規作成画面 NewForm.aspx や、編集画面 EditForm.aspx において日付列の編集をする際、この事象が発生することを確認しております。 (キーボードによる、テキストボックスへの入力は可能ですが、カレンダーが表示されないため、日付を選択することができません。) 本動作は SharePoint サイトに限定したものではありませんが、HTML コンテンツに動的に要素を挿入するページにアクセスした場合、Internet Explorer の動作制限により上記事象が発生します。 Internet Explorer は通常、ページを表示した際に作成されたオブジェクトすべてを同様のセキュリティ ゾーンとして処理を行います。 しかしながら、ページ表示後、動的に挿入された要素に対しては、セキュリティの観点から “独立したオブジェクト” として作成されます。 この独立したマークアップ オブジェクトは、URL などのロケーション情報を持たないため、”about:blank” の URL として扱われます。 “about:blank” は既定で “インターネット” ゾーンとして動作するため、挿入された要素はすべて “インターネット” ゾーンのセキュリティ設定の影響を受けます。   ==================== 回避方法について ====================…


How to Set up Azure AD Certificate-Based Authentication for Office Apps on Mobile Devices (IOS and Android) PART 4

Part 4 – Deploy a certificate to Mobile Devices and test it out This is the last part of this blog series and is focussed on getting some user certificates to your devices and testing that certificate authentication works for the office apps. To get to this point you should have Published a CRL, Setup Azure AD…


How to Set up Azure AD Certificate-Based Authentication for Office Apps on Mobile Devices (iOS and Android) – PART 3

Part 3 – Set up ADFS Active Directory Federation Services is a key requirement in making this solution work. You’ll need to configure some claims (serial Number and Issuer) so that they are issued to users and eventually presented to Azure AD. You also need to make the “Sign in using an X.509 certificate” option…